インスタグラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インスタグラム
Instagram
開発元 Burbn, Inc.
初版 2010年10月6日(3年前) (2010-10-06
最新版

Android
6.0.2 - 2014年06月18日(40日前) (2014-06-18

iOS
6.0.1 - 2014年06月4日(54日前) (2014-06-04[±]
対応OS iOS 3.1.2以降
Android 2.2以降
サイズ 12.6MB
対応言語 イギリスの旗 英語
中華民国の旗 中国語
フランスの旗 フランス語
ドイツの旗 ドイツ語
イタリアの旗 イタリア語
日本の旗 日本語
韓国の旗 韓国語
ポルトガルの旗 ポルトガル語
スペインの旗 スペイン語
種別 iOS用写真
ライセンス フリーウェア
公式サイト instagram.com
テンプレートを表示

インスタグラム英語: Instagram)は、無料の画像共有英語版アプリケーションソフトウェアである。デジタル画像を撮影し、画像編集(フィルター)をし、同サービスあるいは、FacebookTwitterfoursquareTumblrFlickrポスタラス英語版といった他のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で共有する[1]iPhone, iPod touch, iPadのうちiOS 3.1.2以降のシステムを搭載したデバイスに適応する。また2012年4月にはAndroid 2.2以降とカメラを搭載したデバイスに対応した。

コダックインスタマチックポラロイドインスタントカメラの両方に敬意を払い、インスタグラムの画像はすべて正方形である。それに比して、iOS搭載のカメラアプリで撮影した画像のアスペクト比は3:2である。

略歴・概要[編集]

ケヴィン・シストロムとマイク・クリーガーが、ベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツ英語版の2社から財政的支援を受けて、インスタグラムのグループは始動した。Burbn という名の当初のプロジェクトには数々の機能があったが、クリーガーが参加したあとでチームが選択したのは、モバイルにフォーカスしたものであった。そこで残ったものがインスタグラムであった[2]

2010年(平成22年)10月6日、アップルApp Storeに登場した[3]インスタグラムは、同年12月までに100万人の登録ユーザを獲得[4]。登録ユーザ数は翌2011年(平成23年)6月までに500万人を突破し[5]、同年9月までには、1,000万人に達した[6]

2010年10月、インスタグラムの発表された直後に、コミュニティ・マネジャーとしてジョシュ・ライデルが加わった。同年11月には技術者としてシェイン・スウェニーが、翌2011年8月にはコミュニティ・エヴァンジェリストとしてジェシカ・ゾールマンがそれぞれ加わった[7][8][9]

2011年1月、ハッシュタグが導入され、写真探しが容易になった[10]。同年9月、ヴァージョン2.0がApp Storeに登場した。このアップデイトでは、ライヴ・フィルター、インスタント・ティルト・シフト、4つの新フィルター、高解像度画像、オプションのボーダー、ワン・クリック・ローテーションが加わり、アイコンが新しくなった[11]

2011年7月、インスタグラムは、同サービスに1億点の画像がアップロードされたことを発表、同年8月には総数1億5千万点に達した[12][13]

財政[編集]

2010年3月5日、シストロムはベースライン・ヴェンチャーズとアンドリーセン・ホロウィッツの2社からの元手資本としての財政支援、50万ドルの資金調達を終えた。当時シストロムはHTML5チェックインアプリであった Burbn に取り組んでいたときであった[14]

2011年2月2日、シリーズAラウンド英語版において、供給を受ける資金を700万ドルに引き上げたと発表した。参加した投資家は、ベンチャーキャピタルジャック・ドーシー(ツイッター共同創業者)、クリス・サッカ英語版(ロウワーケース・キャピタルを通じての投資)、アダム・ディアンジェロ英語版クオーラ共同創業者)らである[15]

2012年4月、FacebookがInstagramを10億ドルで買収することが発表された。買収後も独立して運営され、TwitterなどFacebookと競合するサービスとの連携もこれまで通り継続するとしている[16]

受賞歴[編集]

  • 2011年1月 - ブログサイトテッククランチ』の2010年「ベスト・モバイル・アプリ」に短期間で駆け上った[17]
  • 同年5月 - 月刊誌『ファスト・カンパニー英語版』誌上の「2011年もっともクリエイティヴなビジネス・パーソン100」において、最高経営責任者ケヴィン・シストロムが第66位に挙げられた[18]
  • 同年6月 - 月刊誌『インク』誌上の「30歳未満の30人」に、共同創業者ケヴィン・シストロムおよびマイク・クリーガーが挙げられた[19]
  • 同年9月 - 週刊誌『SFウイークリー英語版』誌上の「SFウイークリー・ウェブ大賞」で、「最優秀地方発アプリ賞」を獲得した[20]
  • 同年9月 - 月刊誌『7×7英語版』9月号、表紙をシストロムおよびクリーガーが飾り、「2011年ザ・ホット20」号として彼らの特集を組んだ[21]

フィルター[編集]

15種類当時のフィルター(インスタグラム初期)。
16種類当時のフィルター(インスタグラム2.0)。

2011年9月の「インスタグラム2.0」アップデイト時に導入されたフィルターを含めた全16種類である。

更新前のリストは全15種類「X-Pro II」、「ロモファイ」、「アーリーバード」、「アポロ」、「ポップロケット」、「インクウェル」、「ゴッサム」、「1977」、「ナッシュヴィル」、「ロード・ケルヴィン」、「リリー」、「スートロ」、「トースター」、「ウォーデン」、「ヘフェ」であったが、「アポロ」、「ポップロケット」、「ゴッサム」、「リリー」が廃止されたか名称を変えた。廃止された「ゴッサム」は、継続した「インクウェル」と同じく白黒写真風効果であったが、くっきりしたトーンのものであった。

2012年2月10日の「インスタグラム2.1」アップデイト時に「ロモファイ」が「ローファイ」に名称変更し、「シエラ」が追加され、フィルターは17種類になった。同年3月1日の「インスタグラム2.2」アップデイト時に縁取りの有無を選択できるようになった。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Frommer, Dan (2010年11月1日). “Here's How To Use Instagram”. Business Insider. 2011年5月20日閲覧。
  2. ^ Systrom, Kevin (2010年10月7日). “What is the history of Instagram”. Quora. Sept 2, 2011閲覧。
  3. ^ Welcome to Instagram”. Instagram (2010年10月6日). 2011年10月4日閲覧。
  4. ^ The Instagram Community - One Million and Counting”. Instagram (2010年12月21日). 2011年10月4日閲覧。
  5. ^ Siegler, MG (2011年6月13日). “At 5 Million Users, It's Hard Not To View Instagram Through A Rose-Colored Filter”. 2011年10月4日閲覧。
  6. ^ The Instagram Community - Ten Million and Counting”. Instagram (Sept 26, 2011). 2011年10月4日閲覧。
  7. ^ Siegler, MG (2010年11月17日). “Instakarma: Instagram Expands Team And Moves Into Twitter's Original Office”. TechCrunch. Sept 2, 2011閲覧。
  8. ^ Beltrone, Gabriel (2011年7月29日). “Instagram Surprises With Fifth Employee Small-staffed photo startup hires an early adopter to evangelize”. AdWeek. Sept 2, 2011閲覧。
  9. ^ Welcome to the Instagram Team, Oli Ryan”. Instagram Blog (2011年8月31日). Sept 2, 2011閲覧。
  10. ^ Introducing Hashtags on Instagram” (2011年1月27日). 2011年10月4日閲覧。
  11. ^ Introducing Instagram v2.0”. Instagram (Sept 20, 2011). 2011年10月4日閲覧。
  12. ^ Testing, Testing…”. Instagram (2011年7月16日). 2011年10月4日閲覧。
  13. ^ 150,000,000 Photos”. Instagram (2011年8月3日). 2011年10月4日閲覧。
  14. ^ Siegler, MG (2010年3月5日). “Burbn's Funding Goes Down Smooth. Baseline, Andreessen Back Stealthy Location Startup.”. TechCrunch. 2011年10月4日閲覧。
  15. ^ Siegler, MG (2011年2月2日). “Instagram Filters Through Suitors To Capture $7 Million In Funding Led By Benchmark”. TechCrunch. 2011年10月4日閲覧。
  16. ^ “Facebook、Instagramを買収 10億ドルで”. ITmedia News. (2012年4月10日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1204/10/news019.html 2012年5月8日閲覧。 
  17. ^ Congratulations Crunchies Winners!”. TechCrunch: The Crunchies Awards (2011年1月25日). 2011年10月4日閲覧。
  18. ^ The 100 Most Creative People in Business in 2011”. FastCompany (2011年5月). 2011年10月4日閲覧。
  19. ^ Lagorio, Christine (2011年6月27日). “Kevin Systrom and Mike Krieger, Founders of Instagram”. INC. 2011年10月4日閲覧。
  20. ^ Swearingen, Jake (Sept 2, 2011). “SF Weekly Web Awards 2011: We Have Some Winners!”. 2011年10月4日閲覧。
  21. ^ The Hot 20 2011”. 7x7 Magazine (Sept 23, 2011). 2011年10月4日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]