キリマンジャロの雪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サファリで狩猟するヘミングウェイ
1934年

キリマンジャロの雪』(キリマンジャロのゆき、The Snows of Kilimanjaro)は、1936年アーネスト・ヘミングウェイが発表した短編小説である。1952年に映画化された。

あらすじ[編集]

アフリカキリマンジャロ山は、別名「神の家(ンガジェガ)」ともよばれている。その頂近くに、不毛の頂上を目指し登り、力尽きて死んだの亡骸があるという。豹が何を求めて頂上を目指したのか、知る者はない。

アフリカで狩猟をしていた小説家ハリー・ストリートは、脚の壊疽で瀕死の状態にあった。救援を呼んだが間に合いそうもない。死を悟ったハリーは、看護する妻ヘレンの制止を振り切り自棄酒を始めた。ハリーは酔い、ヨーロッパ大陸の各所で過ごした日々を回想する。そして、多くの体験をしておきながら、著作家としてほとんど何も書き残していなかったことを後悔し、慰めるヘレンに八つ当たりをした。ハリーは眠りにつき、その夢の中で救援の飛行機に乗って光あふれる大空へと飛びたった。そして、飛行機はキリマンジャロを、「神の家」をめざす。

一方、ヘレンが目覚めたとき、そこには闇と、「ハリーだった」ただの物体と、あざ笑うようなハイエナの泣き声が残るのみだった。

映画[編集]

キリマンジャロの雪
The Snows of Kilimanjaro
ハリー役のグレゴリー・ペックとヘレン役のスーザン・ヘイワード
監督 ヘンリー・キング
脚本 ケイシー・ロビンソン
原作 アーネスト・ヘミングウェイ
製作 ダリル・F・ザナック
出演者 グレゴリー・ペック
スーザン・ヘイワード
エヴァ・ガードナー
音楽 バーナード・ハーマン
撮影 レオン・シャムロイ
編集 バーバラ・マクリーン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年8月18日
日本の旗 1953年1月22日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語(一部仏語および西語
テンプレートを表示

『キリマンジャロの雪』は1952年に映画化された。アメリカ合衆国の法律上、この映画にかかる著作権は消失し、パブリックドメインとなっている。

あらすじ[編集]

キリマンジャロ山のふもとで狩猟をしていた小説家ハリー・ストリートは、脚の壊疽で瀕死の状態にあった。ハリーは自身の人生を振り返り、4人の女性とのロマンスを思い出す。

最初の恋人コニーとの辛い別れを忘れようと、ハリーはヨーロッパに旅立つ。そして、パリモンパルナスでシンシアと出会い、この恋をきっかけに小説家としての第一歩を踏み出した。ハリーはシンシアとアフリカに狩猟に出かけるが、そこでシンシアを流産させてしまう。ほどなくシンシアはハリーの元を去った。しばらくして、ハリーはリヴィエラで伯爵夫人リズと出会い、情熱的な恋に落ちるも長続きはしなかった。スペイン内戦義勇兵に志願したハリーは、そこで看護婦をしていたシンシアと再会した。二人は再び愛し合うも、シンシアはハリーが見守るなか命を落とす。ハリーはシンシアの面影を持つヘレンと結婚し、ようやく安らぎを得た。

徐々にハリーは衰弱していく。ヘレンは夫を救おうと手術を試みる。そのときようやく救援機が到着した。

登場人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]