午後の死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
午後の死
Gthumb.svg
画像募集中
基本情報
ベース シャンパン
副材料 ペルノー
度数 30度[1]
薄黄緑色
詳細情報
作成技法 ビルド
グラス シャンパン・グラス
備考 アルコール度数はペルノーを45ml注いで適量のシャンパンでグラスを満たすレシピで作った場合のもの
テンプレートを表示

午後の死(ごごのし)は、シャンパン・ベースのカクテルの名。

由来[編集]

ヘミングウェイ考案。自身の短編の名を取って名づけたとされる。英語名そのままの「デス・イン・ジ・アフタヌーン」(Death in the Afternoon)とも、或いは「ヘミングウェイ・カクテル」とも呼ばれる。

標準的なレシピ[編集]

  • シャンパン(ヘミングウェイの指定によるとマムズのもの) - 3/5
  • ペルノー - 2/5

元々は、黒色火薬シャンパンで割ったものだったが、余りにも一般的でなかったため、後にアブサンを使用したものへと代わった。20世紀初頭、ヨーロッパの一部の国でアブサンが禁止になり、ペルノーで代用されるようになった。現在は、アブサンが禁止されていた国でも解禁されており、アブサンを使用するレシピが復活している。

  • シャンパン(ヘミングウェイの指定によるとマムズのもの) - 3/5
  • アブサン - 2/5

なお、ペルノーを使うレシピでもシャンパンとペルノーを 3:2 の割合でグラスに注ぐのではなく、ペルノーを45ml注いで適量のシャンパンでグラスを満たすレシピもある[1]

  • ペルノー - 45ml
  • シャンパン(ヘミングウェイの指定によるとマムズのもの) - 適量

作り方[編集]

シャンパン・グラスにペルノーを注ぎ,マムズを静かに加える。

備考[編集]

  • シャンパン・ベースのカクテルの中では極めて度数が高い。ペルノーを45ml注いで適量のシャンパンでグラスを満たすレシピで作った場合、アルコール度数は30度に達する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 成美堂出版編集部 編 『TPO別カクテルブック315』p.180 成美堂出版 2008年7月1日発行 ISBN 978-4-415-40071-6