ダリル・F・ザナック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダリル・F・ザナック
Darryl Francis Zanuck
Darryl Francis Zanuck
紳士協定』がアカデミー賞を受賞した際に挨拶するザナック
生年月日 1902年9月5日
没年月日 1979年12月22日(満77歳没)
出生地 ネブラスカ州
死没地 パームスプリングス (カリフォルニア州)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 168 cm
職業 映画プロデューサー脚本家
ジャンル 映画
活動期間 1922年 - 1973年
配偶者 ヴァージニア・フォックス(1924年 - 1956年)

ダリル・フランシス・ザナックDarryl Francis Zanuck, 1902年9月5日 - 1979年12月22日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサー脚本家。息子のリチャード・D・ザナックもプロデューサーとなった。

略歴[編集]

ネブラスカ州で生まれ、ロサンゼルスで育つ。14歳の時に年齢を偽ってアメリカ陸軍に入隊し、州兵としてフランスで従軍。帰国後、様々な仕事に就きながら作家となるべく売り込みを続け、1922年に初めての脚本を売ることが出来た。その後マック・セネットの元で働き、さらに1924年から1929年までワーナー・ブラザーズで多くの脚本を執筆した。1929年以降はマネジメントに移行し、1933年にワーナーを去ってウィリアム・ゴーツらと共に映画制作会社20世紀ピクチャーズ(Twentieth Century Pictures)を設立。20世紀ピクチャーズは1935年にフォックス映画を買収し20世紀フォックスとなり、ザナックは副代表として数多くの作品に携わった。

制作した『わが谷は緑なりき』『紳士協定』『イヴの総て』の3本がアカデミー作品賞を受賞。ザナック自身も、1937年にアービング・G・タルバーグ賞の第1回受賞者となった後、1944年と1950年にも同賞を受賞した。

1950年代には一線から退き、ヨーロッパのインデペンデント映画などに関わるようになったが、後に復帰して『史上最大の作戦』などを手がけた。

手がけた作品[編集]

受賞歴[編集]

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1954年 セシル・B・デミル賞

外部リンク[編集]