デヴィッド・O・セルズニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・O・セルズニック
David O. Selznick
David O. Selznick
生年月日 1902年5月10日
没年月日 1965年6月22日(満63歳没)
出生地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Irene Mayer Selznick (1930–1948)
ジェニファー・ジョーンズ (1949-1965)

デヴィッド・O・セルズニックDavid O. Selznick, 1902年5月10日 - 1965年6月22日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の映画プロデューサー脚本家

略歴[編集]

父親のルイス・J・セルズニックはサイレント映画の監督であった。コロンビア大学で学び、1923年に父親の会社が破産するまでそこで映画製作に携わる。1926年にメトロ・ゴールドウィン・メイヤーに入るが2年後にパラマウント映画に移る。その3年後、今度はRKOに移り、『キング・コング』などを制作。1935年に独立し、セルズニック・インターナショナル・ピクチャーズを設立した。1949年に女優のジェニファー・ジョーンズと再婚。

作品は驚くほどの傑作ぞろいだが、これは偶然ではない。彼が作品にうるさく口出しして、実質的に監督との二人三脚で作成した共同制作の作品になっているからだ。ヒッチコックは『レベッカ』について「あれ(アカデミー賞作品賞)はセルズニックに与えられた賞だ」と述べたほどである。

ただしうるさく口出しする方針が嫌われて、監督からも俳優からも疎んじられるようになり、契約を拒まれ、ろくに制作もできなくなるハメになった。最後には多額の負債を抱えて破産寸前にまでなり、精神科医にかかった事もあった。

輝かしい光と陰の二重性に満ちた人生を送った彼は、映画世界の天才だと言える。当時の彼は誰からも嫌われたのかもしれないが、彼の残した作品は燦然と輝いて今日まで残っている。もし彼がいなければ、これらの作品はまったく生まれなかったのだ。

また、妻であるジェニファー・ジョーンズとの関係は良好だった。ジョーンズは彼と結婚している間の1955年、『慕情』で主役を務めたが、共演者であるウィリアム・ホールデンのことを嫌い「夫が見たらどう思うか」と言っていたという。

なお、下記の作品はいずれも絵画的な美しさが際立っている。一方、それぞれの映画の監督は誰もが、セルズニックと共同で作った映画以外では、あまり絵画的な美しさを発揮していない。このことから、セルズニックの能力は、映画の絵画的な美しさにおいて強く発揮されたと言える(それを裏付ける逸話もいくつか残っている)。

彼のプロデュース作品の短いテーマ曲を映画音楽の巨匠、アルフレッド・ニューマンが担当し満足させる曲を提供した。オープニングではそのテーマ曲に乗せて社屋が映し出される。

1939年度のアービング・G・タルバーグ賞を受賞した。

主なプロデュース作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]