サミュエル・ゴールドウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サミュエル・ゴールドウィン
Samuel Goldwyn
Samuel Goldwyn
1914年
本名 Schmuel Gelbfisz
別名 Samuel Goldfish
生年月日 1879年8月17日
没年月日 1974年1月31日(満94歳没)
出生地 ポーランドの旗 ポーランド ワルシャワ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 映画プロデューサー

サミュエル・ゴールドウィンSamuel Goldwyn, 本名: シュムエル・ゲルブフィッシュ、Schmuel Gelbfisz、1879年8月17日 - 1974年1月31日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサー

プロフィール[編集]

ポーランドワルシャワポーランドユダヤ人の貧しい家庭に生まれる。親戚を頼ってイギリスに渡り、そこで名前を「Samuel Goldfish」に変える。1898年にアメリカに移住し、セールスの仕事に就き成功を収める。

1917年からプロデューサーとして活躍した。「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)」の前身、「ゴールドウィン・ピクチャーズ」の創始者となり、姓を正式に「ゴールドウィン」に改めるが、MGM発足前に同社を放擲されており、MGMとは直接の関係はない。その後、「サミュエル・ゴールドウィン・プロダクションズ」を設立し、第二次世界大戦前後の映画の黄金期において多くの映画の製作指揮を手がけた。1974年にカリフォルニア州ロサンゼルスで没した。

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1947年 アービング・G・タルバーグ賞
1958年 ジーン・ハーショルト友愛賞
ノミネート
1939年 アービング・G・タルバーグ賞

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1973年 セシル・B・デミル賞

プライベート[編集]

結婚歴は2回。2番目の夫人とは彼の死まで連れ添った。

手がけた作品[編集]

作品の版権[編集]

ユナイテッド・アーティスツRKOに配給した作品の大部分は版権を引き取った後、息子が設立した会社に版権を移した。その会社が1997年にMGMに買収されたことから、現在、大部分の作品の版権をMGMが保有する。

家族[編集]

息子にプロデューサーのサミュエル・ゴールドウィン・ジュニア。その息子(サミュエルからは孫)にプロデューサーのジョン・ゴールドウィン、俳優・映画監督のトニー・ゴールドウィン

伝記[編集]

  • A.スコット・バーグ『虹を掴んだ男 サミュエル・ゴールドウィン』吉田利子訳 文芸春秋 1990

外部リンク[編集]