教授と美女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
教授と美女
Ball of Fire
監督 ハワード・ホークス
脚本 チャールズ・ブラケット英語版
ビリー・ワイルダー
原作 ビリー・ワイルダー
トーマス・モンロー
製作 サミュエル・ゴールドウィン
出演者 ゲイリー・クーパー
バーバラ・スタンウィック
オスカー・ホモルカ
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 グレッグ・トーランド
編集 ダニエル・マンデル
製作会社 サミュエル・ゴールドウィン・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 RKOラジオピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年12月2日[1]
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示
Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 『教授と美女』のムービー・クリップ+予告編
映画専門チャンネル「ターナー・クラシック・ムービーズ」が公式サイトにアップロードしている動画6本を続けて閲覧可能)

教授と美女』(Ball of Fire)は、ハワード・ホークス監督による1941年のアメリカ合衆国のスクリューボール・コメディ映画である。ゲイリー・クーパーバーバラ・スタンウィック主演し、百科事典を編纂する教授たちと俗世間の情報を伝えるために招かれたストリッパーの関係が描かれる。1948年にホークス自身の手によってヒット・パレード英語版としてリメイクされた。

ストーリー[編集]

教授(主に学士)の集まりはすべての人間の知識を集めた百科事典を編纂するために、ニューヨークの住宅にここ数年ばかり一緒に暮らしている。その中で最年少のバートラム・ポッツは現代アメリカ合衆国で流行している俗語を学習しようとする言語学者である。教授たちは番をするミス・ブラッグという名の小奇麗な家政婦と一緒に比較的外界から隔絶して流行には無縁で、のんびりしたペースで作業を行うことが習慣付いている。彼らのせっかちな財政的支援者であるミス・トッテンが突然、彼らに仕事をすぐに終えらせるように要求し出した。

独自に研究を行うために町に出掛けたポッツは生意気なナイトクラブストリップティーズ、シュガーパス・オーシェイが用いる俗語の語彙に興味を持つ。ギャングのボス英語版である愛人のジョー・ライラックに関する情報を聞き出したい警察に追われている彼女は彼の研究に協力することに消極的である。オーシェイはポッツの反対を押し切り、一時的な潜伏先として教授たちが生活と仕事をしている館に逃げ込んだ。

教授たちはオーシェイの色仕掛けに夢中になり、すぐに好意を抱くようになる。オーシェイは7人の教授にコンガの踊り英語版を教え、ポッツには「ヤムヤム」(キス)の語の持つ意味を実演して見せた。これに対してポッツは「もう一回ヤムヤムをお願いします」と懇願する。結婚を決意してプロポーズをするポッツにオーシェイも次第に惹かれるようになる。彼女はこのプロポーズを受け入れるが、直後にライラックの手下とともに館を去ってしまう。

教授たちはオーシェイを救うためにライラックとその2人の手下に対する逆襲を実行する。オーシェイは自分はポッツにはふさわしくないと決意するが、ポッツは彼女の考えを変えさせるために強力な「ヤムヤム」の応用で説得する。

キャスト[編集]

評価[編集]

アメリカン・フィルム・インスティチュートによるランキングでは、アメリカ喜劇映画ベスト100で92位に選ばれた[2]。また、アメリカ映画スターベスト100ゲイリー・クーパーバーバラ・スタンウィックはそれぞれ男優部門と女優部門でともに11位に選ばれている[3]

映画賞ノミネート[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞[4] 主演女優賞 バーバラ・スタンウィック ノミネート
原案賞 ビリー・ワイルダー、トーマス・モンロー
ドラマ音楽賞 アルフレッド・ニューマン
録音賞 トーマス・T・モールトン

参考文献[編集]

  1. ^ Ball of Fire (1941) - Release dates” (英語). IMDb.com. 2014年7月13日閲覧。
  2. ^ AFI's 100 Funniest American Movies Of All Time” (英語). AFI.com. 2014年10月9日閲覧。
  3. ^ AFI's 50 GREATEST AMERICAN SCREEN LEGENDS” (英語). AFI.com. 2014年10月9日閲覧。
  4. ^ The 14th Academy Awards (1942) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]