血と砂 (1941年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
血と砂
Blood and Sand
監督 ルーベン・マムーリアン
脚本 ジョー・スワーリング
原作 ビセンテ・ブラスコ・イバニェス
製作 ダリル・F・ザナック
出演者 タイロン・パワー
リンダ・ダーネル
リタ・ヘイワース
音楽 アルフレッド・ニューマン
ビセンテ・ゴメス
撮影 アーネスト・ブラマー
レイ・レナハン
編集 ロバート・ビスコフ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1941年5月22日
日本の旗 1952年1月17日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

血と砂』(Blood and Sand)は、1941年アメリカ映画恋愛映画。

作品概要[編集]

ビセンテ・ブラスコ・イバニェス原作の同名小説を原作とする。この小説は1922年ハリウッドで"Blood and Sand"(日本語題名はそのまま『血と砂』)としてルドルフ・ヴァレンティノ主演で最初に映画化された。2度目の映画化となる今回は、大プロデューサーとして知られたダリル・F・ザナックがプロデュース、ルーベン・マムーリアンが監督し、配給は20世紀フォックス社であった。

 主な出演者[編集]

ストーリー[編集]

貧しい靴屋の息子から修行を積み、スペイン随一の闘牛士になった純情な人気闘牛士フワン(タイロン・パワー)は、闘牛を観戦に来た美しい有閑マダム、ドーニャ・ソル(リタ・ヘイワース)に激しく誘惑され、マダムの色香に酔いしれて、彼女との情事に溺れていき、愛欲の虜となって、幼馴染の妻カルメン(リンダ・ダーネル)との真実の愛を見失う。暫くして、フワンは引退を決意するが…。

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

部門 候補 結果
第14回アカデミー賞 美術監督賞(カラー) リチャード・デイ
ジョセフ・C・ライト
トーマス・リトル(装置)
ノミネート
撮影賞(カラー) アーネスト・ブラマー
レイ・レナハン
受賞

エピソード[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]