革命児サパタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
革命児サパタ
Viva Zapata!
監督 エリア・カザン
脚本 ジョン・スタインベック
製作 ダリル・F・ザナック
出演者 マーロン・ブランド
音楽 アレックス・ノース
撮影 ジョー・マクドナルド
編集 バーバラ・マクリーン
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 フォックス極東
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年2月7日
日本の旗 1952年12月11日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

革命児サパタ』(かくめいじサパタ、Viva Zapata!)は、1952年に公開された、エリア・カザン監督、ジョン・スタインベック脚本のアメリカ映画である。メキシコ革命で活躍した農民出身の革命家エミリアーノ・サパタの半生を描く。

エミリアーノ・サパタの兄ユーフェミオを演じたアンソニー・クインアカデミー助演男優賞を獲得し、マーロン・ブランドは主演男優賞候補になった。他にも3つの賞の候補になっている。

ストーリー[編集]

メキシコの農民エミリアーノ・サパタは亡命政治家のマデロと呼応して武装蜂起し、ディアス大統領を追放して革命の英雄となる。

陰謀を乗り越えた彼はやがて大統領となるが、革命の理想が失われたことに気づいて故郷に帰る。行動をともにしてきた兄・ユーフェミオは栄光を捨てることが気に入らずに農民を痛めつけて反感を買い、殺害されてしまう。革命に幻滅したサパタは妻とともに山に隠棲する。

やがて彼は仲間の裏切りにあい、おびき出され射殺されてしまうが、民衆の心の中に伝説として残ることになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー助演男優賞:アンソニー・クイン[1]
ノミネート
アカデミー主演男優賞:マーロン・ブランド
アカデミー脚本賞:ジョン・スタインベック
アカデミー美術賞 (白黒部門):ライル・ウィーラーリーランド・フラートーマス・リトルクロード・カーペンター
アカデミー劇・喜劇映画音楽賞:アレックス・ノース

英国アカデミー賞[編集]

受賞
最優秀外国男優賞:マーロン・ブランド
ノミネート
総合作品賞

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
助演女優賞:ミルドレッド・ダンノック

カンヌ国際映画祭[編集]

受賞
男優賞:マーロン・ブランド

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ なお、この第25回アカデミー賞の式典には、クイン本人は出席しておらず、代理人であり彼の当時の妻のキャサリン・デミルが受賞した。

外部リンク[編集]