日はまた昇る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日はまた昇る
The Sun Also Rises
著者 アーネスト・ヘミングウェイ
発行日 1926年
発行元 チャールズ・スクリブナーズ・サンズ
ジャンル 小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日はまた昇る』(ひはまたのぼる、原題:The Sun Also Rises)は、アメリカ小説家アーネスト・ヘミングウェイ長編小説

1926年10月に発表された。ヘミングウェイの最初の長編であり、出世作でもある。1890年代に産まれ、青春を第一次世界大戦で過ごしたロスト・ジェネレーションの荒廃した生活を書いた。

日本語訳は多くあるが、現行は新潮文庫高見浩訳と、集英社文庫佐伯彰一訳である。

あらすじ[編集]

時代は第一次世界大戦後。主人公のアメリカ人・ジェイクはパリに在住する新聞記者。彼らの仲間たちは皆、第一次世界大戦中に青春を過ごしたロスト・ジェネレーションだった。ジェイクはその戦争が原因で子供を作ることができない体になってしまっていたのである。そんな彼らはパンプローナへ祝祭を見物に行く。

この小説の題名である「日はまた昇る」とは復活をかけるという意味ではなく、むしろ変わらぬ生活に対するやるせなさを表している。

関連項目[編集]