慕情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
慕情
Love Is a Many-Splendored Thing
監督 ヘンリー・キング
脚本 ジョン・パトリック
原作 ハン・スーイン
製作 バディ・アドラー
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 レオン・シャムロイ
編集 ウィリアム・H・レイノルズ
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年8月18日
日本の旗 1955年11月18日[1]
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

慕情』(ぼじょう、原題: Love Is a Many-Splendored Thing)は、1955年に公開されたアメリカ合衆国の映画ベルギー人中国人の血を引くハン・スーインの自伝をもとに映画化された。サミー・フェイン作曲による主題歌は映画音楽史上の名作と言われる[要出典]。フェインはジャコモ・プッチーニ歌劇蝶々夫人』のアリアある晴れた日に」を参考に作曲した[要出典]第28回アカデミー賞歌曲賞受賞作品。

あらすじ[編集]

第二次大戦終了後のイギリス植民地香港で、ヒロインのハン・スーインは勤務医をしている。夫は中国国民党の将校で国共内戦で戦死していた。そこで、アメリカ人の特派員マーク・エリオットと知り合い、二人は恋に落ちる。しかしエリオットは別居中の妻がシンガポールにおり、離婚の話し合いのためシンガポールへ行くがうまくいかず、二人の関係は香港で噂となる。

間もなく中国大陸の殆どの地域は国共内戦の末に中国共産党率いる中華人民共和国が支配するようになり、ハン・スーインは中国大陸へ戻るよう説得されるが、ほどなく朝鮮戦争が起こり、エリオットは派遣されるが、そこで戦死する。

キャスト[編集]

Jennifer Jones in Love Is a Many-Splendored Thing trailer.jpg
ハン・スーイン - ジェニファー・ジョーンズ
香港の医者。夫は戦死していた。なお、本作では英国・中国系としハン・スーインという名も本名という設定だが、実際はベルギー・中国系であり、ハン・スーインという名も筆名である。写真は、マークとデートをするために丘の上に行く場面である。
マーク・エリオット - ウィリアム・ホールデン
新聞記者。シンガポールに妻がいるが夫婦関係はうまくいっていなかった。
モデルはイギリス人特派員のイアン・モリソン。
アデリーン・パーマー=ジョーンズ - イソベル・エルソム
病院の理事長婦人。
スザンヌ - ジョージャ・カートライト
ハンの旧友。中国には未練がないという。
ハンフリー・パーマー=ジョーンズ - トリン・サッチャー英語版
Dr.ジョン・キース - マーレイ・マシソン英語版
アン・リチャーズ - ヴァージニア・グレッグ英語版
ロバート・ハン - リチャード・ルー英語版
ノラ・ハン - ソー・ヨン英語版
ハンの友人。ハンが病院をやめさせられた後、居候していた。
Dr.セン - カム・トン英語版
第三の叔父 - フィリップ・アーン
スーチェン - ドナ・マーテル英語版
ハン・スーインの妹。
オー・ノー - キャンディス・リー
交通事故に遭った、身寄りのない少女。病院にてハンの治療を受ける。ハンが病院を辞めさせられた後も、彼女と一緒に生活している。戦場にいるマークが命を落としたとき、この少女が赤い絵具を落とし、涙を流している。劇中ではフレール・ジャック中国語で歌うシーンがあった。
第五の兄弟 - ジェームズ・ホン
リー・フー - ケイ・ルーク


俳優 日本語吹替
テレビ朝日版 フジテレビ版 日本テレビ旧版 日本テレビ新版
ウィリアム・ホールデン 近藤洋介 木村幌 小川真司
ジェニファー・ジョーンズ 里見京子 寺島信子 岩本多代 高島雅羅
マーレイ・マシソン 横森久
ジョージャ・カートライト 友部光子
イソベル・エルソム 川路夏子 麻生美代子 京田尚子
トリン・サッチャー 塩見竜介 大久保正信
リチャード・ルー 国坂伸
ソー・ヨン 片岡富枝
配役不明 島木綿子
上田敏也
浅井淑子
加藤修
嶋俊介
島美弥子
立壁 和也
村越伊知郎
水島晋
仲木隆司
鈴木弘子
石森達幸
沢田敏子
稲葉まつ子
作間功
(日本語版スタッフ) 演出:小林守夫
翻訳:山田小枝子
調整:栗林秀人
制作:テレビ朝日

スタッフ[編集]

原作[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 映画 慕情”. allcinema. 2013年5月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]