ポルフィリオ・ルビロサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルフィリオ・ルビロサ
Porfirio Rubirosa Ariza
生誕 1909年1月22日
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 サン・フランシスコ・デ・マコイス
死没 1965年7月5日(満56歳没)
フランスの旗 フランス パリ
職業 外交官レーシングドライバー
テンプレートを表示
ポルフィリオ・ルビロサ
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
F1での経歴
所属チーム プライベート(フェラーリ
活動時期 1955
出走回数 1
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1955年ボルドーGP(非選手権)
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1955年ボルドーGP 
タイトル 0
テンプレートを表示

ポルフィリオ・ルビロサ(Porfirio Rubirosa Ariza 、1909年1月22日 - 1965年7月5日)は、ドミニカ共和国外交官レーシングドライバープレイボーイセレブリティとして世界的に著名であった。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

ドミニカ共和国サン・フランシスコ・デ・マコイスで軍人の家に生まれ、父が駐在武官としてフランスパリに赴任したことから、少年期までの間を同地ですごし、17歳の時にドミニカ共和国へ戻る。

プレイボーイ[編集]

1937年に同国の独裁者のラファエル・トルヒーヨ大統領の娘であるフロール・ド・オロと結婚し、同国の駐フランス特命全権大使としてパリに赴任するものの、すぐに離婚し、第二次世界大戦中の1942年に、当時フランス最高の美女と称えられた世界的な人気女優のダニエル・ダリューと再婚する。

しかしその後もヨーロッパ南米の社交界でプレイボーイとして鳴らし、欧米の女優や貴族の令嬢との交際の噂が絶えず取りざたされた。交際の噂が出ただけでも、マリリン・モンローエヴァ・ガードナージュディ・ガーランドザ・ザ・ガボールキム・ノヴァクリタ・ヘイワースなどのそうそうたる顔触れであった。さらに、アルゼンチンのファーストレディーとなるエヴァ・ペロンとの関係の噂までが取りざたされている。

なお数回の結婚離婚)歴を持ち、フロール・ド・オロとの最初の結婚の結果、駐フランス大使の地位を与えられたほか、フランス映画界が誇る伝説的な女優ダニエル・ダリューや、世界的なミリオネアのバーバラ・ハットンドリス・デュークとの離婚では多額の慰謝料や高級車、さらには飛行機まで手にしている。

社交界[編集]

また、レーシングドライバーやポロプレイヤーとしても活躍したほか、ジャンニ・アニェッリアーガー・ハーン4世ジョン・F・ケネディやその義弟のピーター・ローフォードタキ・テオドラコプロスアリストテレス・オナシスなどの各国のセレブリティーや王族、大富豪などの上流階級との親交を持っていた。

死去[編集]

1965年7月に、パリのナイトクラブ「ジミーズ」で行われていた、自身が所属するポロチームの祝勝パーティーの帰りにフェラーリを運転していた際に、ブローニュで他の車を避けようとして木に激突し事故死した。

レーシングドライバー[編集]

1950年1954年ル・マン24時間レースに参戦したほか、1955年4月25日に行われたフォーミュラ1の非選手権レースとして開催されたボルドーグランプリに、プライベーターとしてフェラーリ「ティーポ500」で参戦した。なお同マシンは1952年から1953年にかけてアルベルト・アスカリが使用したものを譲り受けたものであった。

関連項目[編集]