バス (声域)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バスドイツ語: Bass英語ではベイスと発音)は、声域としては最も低い音域声部をさす。

概要[編集]

合奏や和声法では最低声部の進行は和音進行の基礎を形作り、主旋律を和声的に支える基礎となる。 また、低い音域を持つ歌手あるいは楽器をさす。音色は、信頼感のある重厚な発声が特徴。

声楽[編集]

低い声域を持つ男性歌手、および合唱においてのもっとも低い声部をバスという。典型的なバスは概ねD2F4くらいの範囲の声を持つ[1]4声体和声や合唱のバス声部はF2~D4くらいの音域である。日本の合唱曲では殆ど見られないが、ロシアの合唱曲を中心に、C2やそれより下の音が求められることがある。混声4部合唱ではソプラノと合わせて外声、アルトと合わせて低声とよばれる。記譜にはごく一部を除いてヘ音記号が用いられる。

分類[編集]

クラシック音楽、特にオペラではしばしばバスを何種類かに区別する。「バッソ・プロフォンド」は特に深い声をもつ歌手で、B1くらいまでの低音を持つことがある。ロシアの合唱音楽などで求められるG1あたりのさらに低い音域を歌う歌手は「オクタヴィスト」と呼ばれる。それと対照的に「バッソ・カンタンテ」はより軽くもっと叙情的な声質で、やや高い声域を持つ歌手をいう。「バッソ・ブッフォ」は喜劇的な役割を得意とするバスに対して用いる。

バスよりやや高い声を持つ男性歌手はバリトンという。時には「バスバリトン」という用語が声域と声質がバスとバリトンのおよそ中間にある歌手を示すために用いられる。 (どちらかというと、低めのバリトンに対して使い、高めのバスをバスバリトンとは言わない、というほうが正確かもしれない)

バスに分類される歌手の例[編集]

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行

音楽における「バス」の他の用法[編集]

他の声域[編集]

脚注[編集]

  1. ^ フレデリック・フースラー/イヴォンヌ・ロッド=マーリング 『うたうこと 発声器官の肉体的特質』 須永義雄・大熊文子訳 音楽之友社、2000年、111頁。ISBN 4-276-14252-0

関連項目[編集]