メゾソプラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メゾソプラノ mezzosoprano)は、女声歌手で、概ね合唱ではA3F5、ソロや他パートとのユニゾンではF3~A5くらいの声域をもつ。略してメゾとも言う。

概要[編集]

メゾソプラノは一般にソプラノよりも暗めの声質をもち、声域はソプラノとコントラルトの中間にくる。メゾ(mezzo、正しくは「メッゾ」と発音される)とはイタリア語で「中間」(mid- )の意味である。

オペラでは、メゾソプラノは必ずしも声域の高低だけではなく、声の質が重要である。ロッシーニの『セビリアの理髪師』のロジーナや『チェネレントラ(シンデレラ)』のアンジェリーナのように、ソプラノ歌手並みの高音のコロラトゥーラ技法を要求されるレパートリーもあり、これらの役割を歌う歌手はやや軽い声を持つ。一方、ヴェルディのオペラの役柄、例えば『トロヴァトーレ』のアズチューナや『ドン・カルロ』のエボリ姫などでは、よりドラマティックで力強い声質が要求される。

モーツァルトグルックなど18世紀以前のオペラでは、カストラートのために書かれた役柄があるが、今日ではメゾソプラノが歌うのが普通である(ズボン役と呼ばれる)。このため、女性歌手が男装して歌うことになり、視覚上の混乱が無くもない。

メゾソプラノが主役となるオペラはビゼーカルメン』が最も有名であり、他にサン=サーンスの『サムソンとデリラ』などの例がある。

メゾソプラノに分類される歌手の例[編集]

日本以外[編集]

日本[編集]

他の声域[編集]

関連項目[編集]