ジョゼ・ヴァン・ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼ・ヴァン・ダムJosé van Dam, 1940年4月25日 - )、本名ジョゼフ・ヴァン・ダム[1](Joseph van Damme)はベルギーバスバリトン歌手。男爵。日本では「ヨセ」「ヨゼ」「ホセ」「ファン」と表記することも多い。

経歴[編集]

1940年、ベルギーブリュッセルに生まれる。17歳のときブリュッセル王立音楽院に入学、フレデリック・アンスパシュに学び、最優等で卒業する。オペラでのデビューは1961年、パリ・オペラ座でのロッシーニセビリアの理髪師』のドン・バジリオ役(異説あり)。同座には1965年まで在籍し、ビゼーカルメン』のエスカミーリョ役を皮切りに主役級を歌うようになる。その後ジュネーヴミラノ・スカラ座、ロンドンのコヴェント・ガーデン王立歌劇場など各地に招かれ、ジュネーヴではミヨーの『罪ある母』(La mère coupable )の初演(1966年)にも参加した。またロリン・マゼールの注目をうけ、彼の指揮によるラヴェルの『スペインの時計』の録音(ドイツ・グラモフォン)に参加、またマゼールが率いていたベルリン・ドイツ・オペラにも1967年から加わる。

ヴァン・ダムはパリオペラ・バスティーユ)、ロンドン(コヴェント・ガーデン)、ニューヨークメトロポリタン歌劇場)、ミラノ(スカラ座)、ベルリンドイツ・オペラ)、ブリュッセルモネ劇場)、ブエノスアイレステアトロ・コロン)などの常連であり、また、ザルツブルク音楽祭エクス=アン=プロヴァンス音楽祭オランジュ音楽祭などの音楽祭にもしばしば出演していたが、2010年を最後に引退が決まっている。

ヴァン・ダムはまたオラトリオリートの卓越した歌い手としても有名であり、その舞台およびレコーディングは数々の賞を獲得している。1974年にはベルリンの宮廷歌手の称号を授与されている。

1988年には映画監督ジェラール・コルビオの処女作『仮面の中のアリア』(Le Maître de musique )に年老いたオペラ歌手の役で主演し、その演技も評判となった。また1998年と1999年には、ミュージカルラ・マンチャの男』(ジャック・ブレルによるフランス語翻訳版)で主役を務めた[2]

1998年8月にはベルギー国王アルベール2世より男爵位を授爵された。

脚注[編集]

  1. ^ 木下健一氏によるインタヴュー
  2. ^ laphil.com (1999年10月). “José Van Dam - About The Performer” (英語). 2010年12月27日閲覧。