ロリン・マゼール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロリン・マゼール
Lorin Maazel
}
基本情報
出生 1930年3月6日
フランスの旗 フランス ヌイイ=シュル=セーヌ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 2014年7月13日(満84歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ヴァージニア州キャッスルトン英語版
学歴 ピッツバーグ大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者作曲家
活動期間 1938年 - 2014年
レーベル RCAPHILIPSグラモフォンSONY

ロリン・マゼールLorin Maazel, 1930年3月6日 - 2014年7月13日)はフランスパリ近郊、ヌイイ=シュル=セーヌ(Neuilly-sur-Seine)生まれ、アメリカ出身の指揮者ヴァイオリニスト作曲家ピッツバーグ大学卒業。

経歴[編集]

早年期[編集]

ユダヤ系ロシア人の父とハンガリーとロシアのハーフである母の家庭に生まれる。ユダヤ・ロシア・ハンガリーの血を引いている。生後ほどなくしてアメリカに一家で移住し、5歳の頃からヴァイオリンを7歳の頃から指揮の勉強を始めるが、天才振りを発揮したのは主に指揮の方面であった。8歳の時にニューヨーク・フィルハーモニックを指揮して指揮者デビューを飾り、以後9歳でレオポルド・ストコフスキーの招きでフィラデルフィア管弦楽団を指揮、11歳でアルトゥーロ・トスカニーニに認められNBC交響楽団の夏季のコンサートを指揮した。10代半ばまでには全米のほとんどのメジャー・オーケストラの指揮台に上がっている。

青年期、そしてデビューへ[編集]

ピッツバーグ大学在学中はピッツバーグ交響楽団の一員として活躍する一方、弦楽四重奏団を結成したりもした。1952年フルブライト奨学金の試験に合格したマゼールはイタリアに渡り、バロック音楽を研究する日々を送る事になる。その翌年カターニアでヨーロッパデビューを飾り、1960年にはバイロイト音楽祭に史上最年少でデビュー、フェルディナント・ライトナーと交代で「ローエングリン」を指揮した。1963年にはザルツブルク音楽祭にデビュー、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団とのコンサートでは、ヴァイオリンを弾きながら指揮をする「弾き振り」で話題となった(モーツァルトヴァイオリン協奏曲第3番)。

1965年にはベルリン・ドイツ・オペラとベルリン放送交響楽団(旧西ベルリン、現在はベルリン・ドイツ交響楽団)の音楽監督(どちらも早世したフェレンツ・フリッチャイの後任)に就任。1972年にはジョージ・セル死去後空席となっていたクリーヴランド管弦楽団の音楽監督に就任した。1982年にはウィーン国立歌劇場の総監督に昇りつめ、またニューイヤーコンサートの指揮者を務めるなど(1986年まで。以後もたびたび出演)順調な指揮者人生を極めつつあった。ニューイヤーコンサートは現在年ごとに指揮者を選任するスタイルとなっており、レギュラー指揮者は今のところマゼールが最後であるが、前任のボスコフスキークレメンス・クラウスヨゼフ・クリップスがいずれも生粋のウィーン生まれでウィンナワルツを得意としていたのに比べ、外国人でこうした曲種から縁遠いイメージがあったマゼールがこの座に迎えられたことは意外性をもって受け止められた。しかし、あえてこの人選に踏み切ったウィーンフィルからの強い信頼にこたえ、同コンサートをいっそう国際的に飛躍させるために貢献した。

挫折、そして復帰へ[編集]

しかし、1984年にウィーンのポストを追われてからは、それまでとは一転して、マゼールの指揮者人生に波乱の影がさしてゆく。 この時期のマゼール最大の挫折は、ヘルベルト・フォン・カラヤン辞任後の後任を探していたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督のポストを逃したことであった。マゼールは、ベルリンフィルとはカラヤン就任直後の1950年代半ばからドイツグラモフォンにレコーディングを行うなど30年来の関係であり、1960年代には西ベルリンの残る二大団体(ドイツオペラ放送交響楽団)を長らく統率して市民にも馴染みが深かった。マゼール自身、「自分が間違いなく選ばれる」と思っていたこともあり、「新音楽監督はマゼール」というムードが広がっていたが、結果として選ばれたのはクラウディオ・アバドだった。マゼールの落ち込みようは凄まじく、以後1999年までベルリン・フィルの出演要請に応えなかったほどであった。しばらくの間はバイエルン放送交響楽団と古巣のピッツバーグ交響楽団の音楽監督を務める傍らで、1994年からはニューイヤーコンサートに復帰。またヴァイオリニストとしてのCDのリリースや、作曲活動の開始など落選の傷を癒すかのごとく活動の場を広げた。音楽活動の一方で、環境問題への提言や国際連合諸機関に対するチャリティー・コンサートに取り組むなど慈善活動も活発に行うようになり、国際連合からは「国連友好大使」の称号を、またフランス、ドイツ、イタリアなどからは各国の最高級の勲章を授与されている。

ニューヨーク・フィル音楽監督時代とその後[編集]

2002年に楽員の総意によりニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督に就任。2008/09年のシーズンまで務めた。また2004年には団員が全員「団員」としてではなく「ソリスト」として契約しているアルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団(「トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団」「トスカニーニ交響楽団」と表記されることもある)の才能に以前から惚れ込んでいたこともあり、このオーケストラの音楽監督に就任し、同楽団の運営主体が2006年財団法人に改組されると、改めて同楽団の音楽監督に就任。また、同年からバレンシアにあるソフィア王妃芸術館(よく似た名前のソフィア王妃芸術センターと混同してはいけない)の音楽監督も兼ねている。前者に関しては「このポストを生涯続ける」という声明を出している。2005年5月3日には、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」に基づく自作のオペラ「1984年」がロンドンのロイヤルオペラで初演され、大喝采を浴びた。2008年2月26日には、北朝鮮の東平壌大劇場で米朝関係の緊張する中ニューヨーク・フィルの平壌公演を指揮して話題となった。アメリカのオーケストラが同国で演奏するのはこれが初めてであった。

2012年の新シーズンより、離任するクリスティアン・ティーレマンの後任としてミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した。これは2015年以降の首席指揮者が決定するまでの3年間契約での暫定的な就任だった。しかし2014年に健康上の理由から任期1年を残して退任した。

2014年7月13日にヴァージニア州キャッスルトン英語版の自邸にて、肺炎及びその合併症の為に死去[1]。84歳没。

日本との関わり[編集]

日本には1963年のベルリン・ドイツ・オペラ初来日公演にカール・ベームらに同行し初来日(当時の表記は「ローリン・マーツェル」)。「トリスタンとイゾルデ」の日本初演を指揮した他、公演後に東京交響楽団読売日本交響楽団日本フィルハーモニー交響楽団に来演している。

これ以後30回近く来日しており、音楽監督に就いたオーケストラとはすべて来日公演を行っている。またウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とも来日公演を何度か行っている。他にはフィルハーモニア管弦楽団イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、さらには臨時編成のオーケストラ「スーパーワールドオーケストラ2001」などとも共演・来日公演を重ねている。

2010年12月31日東京文化会館において、ベートーヴェン全交響曲を指揮する(ベートーヴェンは凄い! 全交響曲連続演奏会)。また2012年10月にはNHK交響楽団と初共演し3回の定期公演とNHK音楽祭にて指揮したが、2014年PMFはマゼールの体調不良により公演がキャンセルとなった。

主な作品[編集]

  • モナコ・ファンファーレ Op.8 (1993年)
  • チェロと管弦楽のための音楽 Op.10(ムスティスラフ・ロストロポーヴィチの委嘱)
  • フルートと管弦楽のための音楽 Op.11(ジェームズ・ゴールウェイに献呈)
  • ヴァイオリンと管弦楽のための音楽 Op.12
  • 交響的断章「フェアウェル」(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の委嘱作品) Op.14
  • ヴェイパーズ&ケイパーズ/アイルランドの9つの詩
  • 真珠、少女(A Pearl,A Girl)
  • オペラ「1984年」(2幕)
  • 言葉のない「指環」(ニーベルングの指環の管弦楽編曲)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 軍司泰則「マゼール&トスカニーニ響の意欲的活動」『ロリン・マゼール トスカニーニ交響楽団日本公演プログラム』ジャパン・アーツ、2007年。
先代:
アルトゥーロ・トスカニーニ・フィルハーモニー管弦楽団
初代音楽監督
2004 -
次代:
-