ヴィリー・ボスコフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィリー・ボスコフスキーWilli (Wilhelm) Boskovsky, 1909年6月16日 - 1991年4月21日)はオーストリアヴァイオリニスト指揮者。ヴァイオリン奏法は完璧なウィーン流派であり、特にボーイング技術はウィーンのヴァイオリニストの中でも群を抜いていた。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターを務めるかたわら、指揮活動も行った。ウィーンフィルのコンサートマスターから転じた指揮者は少なくないが、多くは他のオーケストラを地盤に活動しており、彼ほど多くの録音や演奏会で古巣を振った例は他にいない。

経歴[編集]

年譜[編集]

  • 1909年6月16日 誕生
  • 1932年 ウィーン国立歌劇場管弦楽団入団
  • 1933年 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団入団
  • 1939年 第2コンサートマスター就任
  • 1949年 第1コンサートマスター就任(1970年まで)
  • 1955年1月1日 ニューイヤーコンサートに初出演
  • 1956年 ヒンデミットとともに初来日
  • 1963年8月~9月 NHK交響楽団に客演
  • 1969年 ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団首席指揮者に就任
  • 1979年1月1日 ニューイヤーコンサートに最後の出演
  • 1991年4月21日 スイス・ナスティの病院で死去(ウィーン中央墓地に埋葬)

ヴァイオリン奏者として[編集]

ウィーン国立音楽アカデミーに9歳で入学、フランツ・マイレッカーに師事、フリッツ・クライスラー賞を受賞。学生時代から各地でソロ活動を行う。卒業後はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団にソロで登場、1932年ウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団。そのときは第2ヴァイオリンの末席であった[1]

コンサートマスターを目指していた彼にある日、高名なオペレッタの作曲家のフランツ・レハール本人から、「国立歌劇場で私の指揮で私の作品を上演することになったので、そのソロを弾いてくれ」と頼まれ引き受けたところ、それ以来当時の大コンサートマスターアルノルト・ロゼの目の敵にされるようになって困ってしまったそうである。

ヘルマン・シェルヘンとの演奏会では一晩でバッハベートーヴェンブラームス協奏曲も弾いた。

1933年ウィーン・フィルに入団、1939年ハンス・クナッパーツブッシュの推薦でコンサートマスターに就任[2]。1949年には第1コンサートマスターであったヴォルフガング・シュナイダーハンの退団により、第1コンサートマスターとなった。以降定年になる1970年までウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターの重責を務める。

1948年にはウィーン・フィルのクラリネット首席奏者であった弟のアルフレート・ボスコフスキーウィーン八重奏団[3]を設立しルツェルン音楽祭でデビュー、大成功を収めた。その成功はウィーン・フィルがデッカレコードとの契約に結びつくきっかけとなった。

50年代後半からは、バリリの腕の故障、セドラックの高齢のなどの理由によりボスコフスキーの出演回数が増え、ソロの入った曲などは殆ど彼の出番となった。それはワルター・ウェラーがコンサートマスターになるまで続いた。

また1961年には腕の故障で退団を余儀なくされたワルター・バリリに代わってバリリ弦楽四重奏団を引継ぎ、ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団(録音用の名称。現地ではボスコフスキー弦楽四重奏団と呼ばれていた)と改名、リーダーとしての活躍も始まった。1935年より母校でヴァイオリンの教授として後進の指導にもあたった。

指揮者として[編集]

1954年に亡くなった指揮者クレメンス・クラウスに代わり、1955年から1979年までの間、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートの指揮者も務め、ヨハン・シュトラウス2世とその同時代の音楽を主に演奏、今日のニューイヤーコンサートの土台を築いた。 その功績は偉大であり、1950~60年代の彼はオーストリアでは大統領に継ぐステータスを誇っていたと言われた。特にヨーロッパ中にテレビ中継が開始された年には「一夜にしてスーパースターになった。」とまで評された。

ニューイヤーコンサートの成功により、客演要請が相次ぎ、スウェーデン放送交響楽団ニューヨーク・フィルハーモニックカナダ放送管弦楽団フィルハーモニア管弦楽団北ドイツ放送交響楽団NHK交響楽団ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団など世界中のオーケストラに客演した。

また亡くなったエドゥアルト・シュトラウス2世の跡をついでウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団の首席指揮者を没年まで務めた。ヨハン・シュトラウス2世に倣って、ヴァイオリンを弾きながら、時折弓を振りつつ指揮するやり方で、シュトラウス一家のワルツポルカなどを演奏した。

来日[編集]

1956年ヒンデミットに率いられウィーン・フィルのコンサートマスターとして初来日し、ブラームスの二重協奏曲チェロ首席奏者のエマヌエル・ブラベッツと演奏。その後もカラヤン、ショルティが率いるウィーン・フィルのコンサートマスターとして来日。そのときには日本武道館東京体育館でウィーン音楽の夕べを開催した。また、ウィーン・フィルハーモニー四重奏団としても来日している。

1970年からはウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団を率いて毎年のように来日、日本各地でニューイヤーコンサートを開いた。

NHK交響楽団にも客演し、その演奏はキングレコードよりCD化されている。

1985年、1986年 日本フィルハーモニー交響楽団に客演。1985年の演奏会は、日本フィル協会会員頒布用としてレコード化された。

また、【第40回夏休み親子コンサート 日本フィル管弦楽名曲集2014】(CD) には「美しく青きドナウ」が収録されている。

最後の来日は1987年1月6日にサントリーホールでのウィンナー・ワルツオーケストラを指揮したニューイヤーコンサートにおいてであった。

録音[編集]

ヴァイオリン奏者としてはディスコフィル・フランセレーベルにピアニストのリリー・クラウスと組んで、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトソナタ全曲、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第1番第3番第4番(指揮とヴァイオリン)などの録音を残した。

デッカにはモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、ブラームスなど数多くの室内楽を、ヴァンガードにはシューベルト、ランナー、父シュトラウス等の小品をボスコフスキーアンサンブルで録音(ウィーン・フィルのトップ奏者による)。

クレメンス・クラウスヘルベルト・フォン・カラヤンの指揮でリヒャルト・シュトラウスの『ツァラトゥストラはかく語りき』を、クラウスの指揮で『英雄の生涯』を、クラウスとマゼールの指揮で『町人貴族』のソロを、弾き振りでベートーヴェンのロマンスのソロを演奏。

マイナーメーカーにはクライスラーなどのヴァイオリン小品集を数枚録音している。

指揮者としては毎年ニューイヤーコンサートの事前セッションとして(一部はライブもあり)ヨハン・シュトラウスなどの膨大なウィンナ・ワルツをデッカに録音。また映像収録も多数行われており、打楽器奏者のブロシェクとのユーモアのある駆け引きを楽しむことができる。

これ以外に、モーツァルトの舞曲と行進曲全曲、セレナードとディヴェルティメント(全集)、ベートーヴェンの舞曲、ブラームスのハンガリー舞曲リストグリーグの管弦楽曲等の録音も残している。

またEMIには、デッカとは別にウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団(オーストリア放送交響楽団)を指揮したウィンナ・ワルツ録音が相当数ある。 リリー・クラウスのピアノでモーツァルトピアノ協奏曲9、20番、チャイコフスキーリヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲等も録音。ゲッダローテンベルガーらの大物歌手達を擁して数多くのヨハン・シュトラウスレハールカール・ツェラー等ウィンナ・オペレッタの録音も数多く残している。

ドイツ・シャルプラッテンにはシュターツカペレ・ドレスデンとシューベルトのロザムンデ全曲を残している。

最後のレコーディングはヨハン・シュトラウスのオペレッタ「ジプシー男爵」で、全曲 EMIであった。

脚注[編集]

  1. ^ 隣の席はオットー・シュトラッサー
  2. ^ 長らく、CD解説等でブルーノ・ワルターに推薦されたと書かれていたが、誤りである。
  3. ^ 母体はボスコフスキー弦楽四重奏団