NHK交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK交響楽団
NHK交響楽団本部
NHK交響楽団本部
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都港区
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1942年4月27日 -
公式サイト NHK交響楽団
メンバー
名誉音楽監督
シャルル・デュトワ
桂冠指揮者
ウラディミール・アシュケナージ
名誉指揮者
ヘルベルト・ブロムシュテット
名誉客演指揮者
アンドレ・プレヴィン
正指揮者
外山雄三
尾高忠明

公益財団法人 NHK交響楽団(エヌエイチケイこうきょうがくだん、英語: NHK Symphony Orchestra)は、日本にあるオーケストラの一つ。通称「N響(エヌきょう)」。所在地は東京都港区高輪二丁目16番49号。日本オーケストラ連盟正会員。日本最初のプロ・オーケストラ、新交響楽団が源流[1]

オーケストラの運営[編集]

公益財団法人であり、日本放送協会(NHK)からの出向者が歴代の理事長を務めている。現在の理事長は元NHK専務理事の日向英美。NHKから10億円以上の交付金を受け、楽団側は演奏の放送などで事業に協力している[2]。その他にも民間各社からも支援を受けている[3]

コンサート[編集]

定期公演[編集]

月に3つのプログラムが2公演ずつ、6公演開催される[4]。現在、NHK交響楽団ではこの2公演ずつを「1回」として定期公演の回数に入れている。

7月8月3月は定期公演が開催されないため、年間27回・54公演が定期公演として開催されている。

Bプログラムは音響の良いサントリーホールで開催されるために人気がある。そのため、定期会員券も年間会員に限られ、また、座席数もNHKホールに比べて格段に少ないこともあり、1回券として発売される枚数も少ない。

主催公演[編集]

その他の公演[編集]

演奏は海外にも配信される。CD録音は「公共放送のオーケストラ」という性格上あまり積極的ではなかったが、近年はライヴ録音を中心にリリースも目立ってきている。販売は、スタジオ録音は各レコード会社が発行・発売、ライヴ録音はNHKサービスセンター発行・各レコード会社が発売するという形態をとっている。

また、定年退職した団員を中心に構成された「N響団友オーケストラ」があり、演奏活動を行っている。

演奏[編集]

伝統的にドイツオーストリア系音楽を主なレパートリーとし、歴代の名誉指揮者もほとんどがドイツ圏の出身者か地盤とする指揮者であったが、フランス語圏スイス生まれのシャルル・デュトワを常任指揮者(のちに音楽監督)に迎える大転換の後は、色彩感の豊かな柔軟な音色を持つようになった。

放送交響楽団としての性格も有することから多様な作品の演奏を求められ、クラシック音楽以外にも劇伴音楽やゲーム音楽を演奏するなど、ジャンルは幅広い。大河ドラマのテーマ音楽を毎年演奏しているほか、アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』の劇場版(『交響組曲 科学忍者隊ガッチャマン』)やテレビゲームドラゴンクエストシリーズ』のBGMのオーケストラ演奏も行い、多数のサウンドトラック・アルバムをリリースしている。特にプレイステーション2版『ドラゴンクエストV』では、ゲーム中のほぼ全ての楽曲においてNHK交響楽団の演奏によるものが採用されている。また、『ピタゴラスイッチちょいむず』において、アルゴリズム体操を演奏した他、団員は実際にアルゴリズム体操をしていた。アナログ時代の長尺枠最後の日本テレビクロージング(鳩の休日)も演奏していた。

年表[編集]

#○○は定期公演の回数を示す

戦前[編集]

戦後[編集]

21世紀[編集]

指揮者[編集]

常任指揮者・名誉指揮者・正指揮者・音楽監督他[編集]

設立初期、約40年間にわたってジョセフ・ローゼンストックが専任、常任、名誉指揮者を務めていた。常任指揮者制度は1965年で廃止されたが、1996年にシャルル・デュトワが常任指揮者になり復活した。シャルル・デュトワは、その貢献により名誉音楽監督に就任している。ウラディーミル・アシュケナージが2007年8月末に音楽監督を退任した後は後任を置かず、アンドレ・プレヴィンが首席客演指揮者として就任している。 [10]

指揮者 任期
近衛秀麿 1926年 - 1935年
ヨゼフ・ケーニヒ 1927年 - 1929年
ニコライ・シフェルブラット 1929年 - 1936年
ジョセフ・ローゼンストック 専任 1936年 - 1946年
常任 1956年 - 1957年
名誉 1951年 - 1985年
尾高尚忠 専任 1942年 - 1951年
山田一雄 専任 1942年 - 1951年
高田信一 専任 1944年 - 1951年
クルト・ヴェス 常任 1951年 - 1954年
ニクラウス・エッシュバッハー 常任 1954年 - 1956年
ヴィルヘルム・ロイブナー 常任 1957年 - 1959年
ウィルヘルム・シュヒター 常任 1959年 - 1962年
アレクサンダー・ルンプフ (en) 常任 1964年 - 1965年
ヨゼフ・カイルベルト 名誉 1967年 - 1968年
ロヴロ・フォン・マタチッチ 名誉 1967年 - 1985年
ヴォルフガング・サヴァリッシュ 名誉 1967年 - 1994年
桂冠名誉 1994年 -2013年
岩城宏之 1969年 - 2006年
オットマール・スウィトナー 名誉 1973年 - 2010年
ホルスト・シュタイン 名誉 1975年 - 2008年
外山雄三 1979年 -
森正 1979年 - 1987年
ヘルベルト・ブロムシュテット 名誉 1986年 -
若杉弘 1995年 - 2009年
シャルル・デュトワ 常任 1996年 - 1998年
音楽監督 1998年 - 2003年
名誉音楽監督 2003年 -
岩村力 アシスタントコンダクター 2000年 - 2007年
齊藤一郎 アシスタントコンダクター 2000年 - 2004年
ウラディーミル・アシュケナージ 音楽監督 2004年 - 2007年
桂冠 2007年 -
アンドレ・プレヴィン 首席客演 2009年 - 2012年
名誉客演 2012年 -
尾高忠明 2010年 -
山田和樹 2010年 - 2012年
パーヴォ・ヤルヴィ 首席 2015年(予定) -

主な客演指揮者[編集]

NHK交響楽団は、「日本の音楽そのものの歴史」(朝比奈隆)と言われるように、世界でもトップクラスの指揮者たちが客演している。

指揮者 主な来演年 特筆事項
フェリックス・ワインガルトナー 1937年 朝日新聞招聘。夫人も指揮
朝比奈隆 1940年2000年 N響75周年を祝う2001 ‐ 02シーズンの終わりの定期公演も振る予定だった
ジャン・マルティノン 1953年1963年
ヘルベルト・フォン・カラヤン 1954年1957年 1957年はベルリン・フィルとの合同演奏
アンドレ・コステラネッツ 1955年
ベンジャミン・ブリテン 1956年 自作シンフォニア・ダ・レクイエムを日本初演
イーゴリ・ストラヴィンスキー 1959年 大阪国際フェスティバルでの「火の鳥組曲がDVD化
小澤征爾 1962年、1995年、2005年
ジャン・フルネ 1963年
ヴィリー・ボスコフスキー 1963年
コンスタンティン・シルヴェストリ 1964年
エルネスト・アンセルメ 1964年
ハインツ・ワルベルク 1966年2004年
ピエール・ブーレーズ 1967年、1995年 1967年は大阪国際フェスティバルでの「トリスタンとイゾルデ」上演
ルドルフ・バルシャイ 1970年、2004年 2004年はシャルル・デュトワの急病により、代役で登場
ダニエル・バレンボイム 1973年
マクシム・ショスタコーヴィチ 1974年 ドミートリの作品を中心に指揮
ハンス・ツェンダー 1974年
ミヒャエル・ギーレン 1975年1977年
フェルディナント・ライトナー 1976年1990年
ヴァーツラフ・ノイマン 1978年1990年
ネヴィル・マリナー 1979年2007年2010年2011年2014年
ギュンター・ヴァント 1979年、1982年、1983年 1986年はキャンセル
キリル・コンドラシン 1980年
イーゴリ・マルケヴィチ 1983年
渡邉暁雄 1985年
ペーター・マーク 1986年 キャンセルになったギュンター・ヴァントの代役で登場
ガリー・ベルティーニ 1987年
エサ=ペッカ・サロネン 1990年2002年
エフゲニー・スヴェトラーノフ 1993年 ‐ 2000年
スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ 1996年、1999年、2000年、2002年、2004年、2006年、2011年 2000年と2011年は年末の第九演奏会で指揮
クシシュトフ・ペンデレツキ 1996年、2003年他
ヴァレリー・ゲルギエフ 1996年、2002年、2009年 2009年はNHK音楽祭で指揮
アラン・ギルバート 1996年、1998年、2000年、2001年、2002年、2005年、2007年 2005年の11月定期ではサヴァリッシュの代役を務めた。
ズービン・メータ 1996年、2011年 1996年はN響創立70周年記念演奏会で指揮
準・メルクル 1998年、2001年、2003年、2005年、2006年、2008年、2009年、2011年、2012年、2013年
チョン・ミョンフン 1998年、2001年2008年、2011年、2013年
パーヴォ・ヤルヴィ 2002年、2005年 2015年9月に首席指揮者に就任予定
ネルロ・サンティ 2001年、2003年、2004年、2005年、2006年、2007年、2009年、2010年
ロジャー・ノリントン 2006年、2011年、2012年、2013年
ファビオ・ルイージ 2001年、2002年、2004年、2008年、2014年
デイヴィッド・ジンマン 2009年、2013年
エド・デ・ワールト 2009年、2012年、2013年 2013年は年末の第九演奏会で指揮
クリストファー・ホグウッド 2009年
クルト・マズア 2009年 第九演奏会
セミヨン・ビシュコフ 2010年、2013年
ロリン・マゼール 2012年

公演の放送について[編集]

NHK交響楽団の定期演奏会の模様は、NHK-FMNHK Eテレに於いて放送されている。

このうちFM放送に於いては、各公演回それぞれ1度目の公演が随時生中継されるほか、NHKネットラジオ「らじる★らじる」にも同時配信されている。FMに於ける放送時間は、Aプログラムについては土曜日「18時~20時15分」〔『N響演奏会』と題された特別枠〕、Bプログラム及びCプログラムについては「19時~21時10分」(『ベストオブクラシック』枠)となっている。

NHK Eテレに於いては、2013年4月より クラシック音楽館にて放送されている。原則として公演休憩部分を除くノーカット放送。 またBSプレミアムに於いては、予めライヴ収録したものにより、毎週日曜日「6:00~7:55」の「特選オーケストラ・ライブ」枠内に於いて放送されていた。

定期演奏会以外では、年末恒例となっている『ベートーヴェン「第9」演奏会』の模様が、例年、まずFMに於いて生放送され、その後BS2(現・BSプレミアム)、Eテレに於いても順次放送されるが、2011年に行われた『ベートーヴェン「第9」演奏会』(スクロヴァチェフスキ指揮)では、BSでの放送が無かった。

このほか、関連番組として『N響アワー』がEテレに於いて毎週日曜日夜21時から57分間放映され、最近のN響公演からの抜粋紹介や、一つのテーマを設定し、これに関係するN響の過去の演奏をとり上げたりしていたが、2012年3月25日放送分を以て番組自体が終了している。後続番組のららら♪クラシックでは、月に1回、N響スペシャルを組んでいたが、2013年3月で終了。

参考文献[編集]

  • NHK交響楽団『NHK交響楽団40年史』日本放送出版協会、1967年。
  • NHK交響楽団『NHK交響楽団50年史』日本放送出版協会、1977年。
  • 小川昴『新編 日本の交響楽団定期演奏会記録1927-1981』民主音楽協会、1983年。
  • 松本善三『提琴有情 日本のヴァイオリン音楽史』レッスンの友社、1995年。
  • 岩野裕一「NHK交響楽団全演奏会記録・「日露交歓交響管弦楽演奏会」から焦土の《第9》まで」『Philharmony 99/2000SPECIAL ISSULE』NHK交響楽団、2000年。
  • 岩野裕一「NHK交響楽団全演奏会記録2・焼け跡の日比谷公会堂から新NHKホールまで」『Philharmony 2000/2001SPECIAL ISSULE』NHK交響楽団、2001年。
  • 岩野裕一「NHK交響楽団全演奏会記録3・繁栄の中の混沌を経て新時代へ-"世界のN響"への飛躍をめざして」『Philharmony 2001/2002SPECIAL ISSULE』NHK交響楽団、2002年。

脚注[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]