神奈川フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神奈川フィルハーモニー管弦楽団
本拠地の横浜みなとみらいホール}
基本情報
出身地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1970年 -
公式サイト 神奈川フィルハーモニー管弦楽団
メンバー
常任指揮者
川瀬賢太郎

公益財団法人 神奈川フィルハーモニー管弦楽団(かながわフィルハーモニーかんげんがくだん、Kanagawa Philharmonic Orchestra)は、神奈川県に複数存在するプロオーケストラのうちの一つである。(神奈川県内のプロオーケストラとしては、他に横浜シンフォニエッタや東京交響楽団が存在する)横浜市保土ケ谷区にあるかながわアートホールを練習場として、アートホール内にあった事務局は現在、横浜市中区元浜町に移転している。横浜みなとみらいホールで、年9回の定期演奏会を開いているほか、県内の小中学校等で行われる移動音楽教室や、テレビ朝日の「題名のない音楽会」やNHKの「歌謡チャリティーコンサート」などの音楽番組にも出演している。日本オーケストラ連盟正会員。

沿革[編集]

指揮者陣[編集]

桂冠芸術顧問[編集]

  • 團伊玖磨 - 1996年から2001年まで芸術顧問をつとめ、2001年5月の急逝後に桂冠芸術顧問の称号が献呈された。

桂冠指揮者[編集]

名誉指揮者[編集]

常任指揮者[編集]

特別客演指揮者[編集]

ソロ・コンサートマスター[編集]

副指揮者[編集]

ポップス・オーケストラ音楽監督[編集]

神奈川フィル合唱団音楽監督[編集]

歴代指揮者[編集]

特色[編集]

財団法人の常設オーケストラだけでも8団体存在する東京都の隣県に位置するため、存在がその陰に隠れがちであるが、創立以来着々と演奏会を重ねており、定期演奏会は2011年3月で270回を数える。 小粒ながら非常に魅惑的で美しい透明で個性的な響きを持っており、これは当時常任指揮者に就任したばかりの現田茂夫により招聘されたソロ・コンサートマスター石田泰尚の力が大きい。 シュナイト音楽監督就任でさらにその響きに深みと柔らかみとあたたかさが加わり音色に磨きがかかった。その後の金聖響体制で更に変化を見せている。

  • オペラへの取り組み
横浜シティオペラ首都オペラとの共演で、歌劇への取り組みを行ったり、近年、びわ湖ホールと神奈川県民ホールとの共同制作の企画にもピットに入り質の高い演奏を提供している。創立30周年を記念して結成された「神奈川フィル合唱団」を率いて、プッチーニの歌劇「トゥーランドット」、(第189回定期演奏会)「蝶々夫人」(第200回定期演奏会、いずれも演奏会形式)などを上演している。
  • 古典派音楽の演奏会
首席客演指揮者に迎えたシュナイトの指揮で、かつて定期演奏会の会場として使用していた名ホール・神奈川県立音楽堂での特別演奏会「シュナイト・音楽堂シリーズ」を2003年1月から開催している。
2009年4月より常任指揮者となった金聖響によりピリオド奏法のアイディアを取り入れた古典派の演奏を定期演奏会でも行っている。
  • ロマン派音楽の演奏会
2010年3月より神奈川県立音楽堂で”聖響音楽堂シリーズ「ロマン派の響き」”全4回シリーズで前期ロマン派のシューベルトメンデルスゾーンを取り上げている。また定期演奏会でも現在集中的にマーラーを取り上げている。
  • ポップス・オーケストラとしての神奈川フィル
先にあげた「題名のない音楽会」に2003年から出演のほか、作曲家でもある青島広志を指揮者に迎えた「ブルーアイランド氏のおしゃべりコンサート」も、夏休みの時期に行っている。ハリウッド映画音楽作曲家の第一人者ジェリー・ゴールドスミスを単独で招聘し、過去5回の特別演奏会を開いたこともある。2002年4月より藤野浩一をポップス・オーケストラ音楽ディレクターとして迎え、この分野でも充実を図っている。
  • 演奏会のプログラミング
もともと創立当時から保守的名曲路線ではあったが、外山雄三の音楽監督就任により現代日本の作曲家も積極的に演奏されるようになった。外山退任後、團=手塚体制でもその方向は継続され、更に現田体制まで世界の近現代作品までプログラムに載せるまでに発展した。シュナイト音楽監督就任により一気に独墺系に傾斜し、現代作品はプログラムから一気に消えることとなり、個性的なベートーヴェンブラームスブルックナーを世界でも類のないくらい深く聴かせた。金体制になってからは新作初演もあるが再び基本、名曲路線に戻り、2010-11シーズンはマーラー・イヤーであることもあり、2シーズンにわたり個性的なマーラーを集中的に取り上げている。

演奏会[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]