コンスタンティン・シルヴェストリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスタンティン・シルヴェストリConstantin Silvestri, 1913年5月31日 - 1969年2月23日)は、ルーマニア出身の指揮者作曲家

略歴[編集]

ブカレストに生まれ、ブカレスト国立音楽大学に学ぶ。1930年指揮者としてデビューし、ルーマニア国立放送管弦楽団の首席指揮者、ジョルジェ・エネスク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を歴任。1963年にはイギリスボーンマス交響楽団の首席指揮者となる。1967年イギリスに帰化し、ロンドンで没す。また1948年から1956年にはブカレスト国立音楽大学で教鞭を取り、セルジュ・コミッショーナメンディ・ロダンイオシフ・コンタミルチャ・クリステスク等を育てた。1964年に来日、NHK交響楽団を指揮した。

レパートリー[編集]

チャイコフスキードヴォルザークなどの国民楽派から、近代音楽までの範囲を主なレパートリーとしていた。フランス国立放送管弦楽団を指揮しフランスADFディスク大賞を獲得したドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」は日本でも有名である。

演奏[編集]

非常に個性的(いわゆる爆演系)な演奏をすることで知られており、出来不出来も激しかった(N響客演時にも、楽員の間で賛否が割れたという)が、時にはナイーヴな表情を見せることもあり、不思議な魅力のある指揮者だった。

作曲[編集]

作曲家としては管弦楽や、室内楽、器楽曲、歌曲などを残している。代表作は弦楽オーケストラのための3つの小品。

参考文献[編集]


先代:
ジョルジェ・ジョルジェスク
ジョルジェ・エネスク・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1945年 - 1953年
次代:
ジョルジェ・ジョルジェスク
先代:
イオネル・ペルレア
ルーマニア国立放送管弦楽団
音楽監督
1953年 - 1958年
次代:
イオシフ・コンタ
先代:
チャールズ・グローヴズ
ボーンマス交響楽団
音楽監督
1961年 - 1969年
次代:
パーヴォ・ベルグルンド