アルトゥール・ロジンスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトゥール・ロジンスキ
Artur Rodzinski
基本情報
出生 1892年1月1日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国スプリト
出身地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国リヴォフ
死没 1958年11月27日(満66歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州 サフォーク郡
ボストン
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
活動期間 1918年 - 1958年

アルトゥール・ロジンスキArtur Rodziński, 1892年1月1日 - 1958年11月27日)は、オーストリア出身の、アメリカ合衆国で活躍した指揮者。[1][2][3][4]

生涯[編集]

ポーランド人を両親に、オーストリア=ハンガリー帝国領スパラト[5]に生まれる。現在はウクライナ領のリヴォフで育ち、同地の大学で法学を学んだ。1914年に、オーストリア・ハンガリー帝国軍医だった父親の転勤により、家族とともにウィーンに行き、引き続き法学を研究。そのかたわらでウィーン音楽アカデミー(旧名ウィーン音楽院)に進学する。1916年法学博士の学位を取得。第一次世界大戦後、1918年に、当時ポーランド領だったリヴォフに戻り、歌劇「エルナーニ」を指揮して指揮者としてデビューする。その後は渡米し、1925年から1929年までレオポルド・ストコフスキー率いるフィラデルフィア管弦楽団のもとで勤める。1929年からはカリフォルニア州に移動し、4年間にわたってロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。1933年から1943年まで、クリーヴランド管弦楽団の音楽監督に就任し(1933年にアメリカ国籍を取得している)、在任期間中に数度のオペラ上演にも携わった。1936年にはザルツブルク音楽祭ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。その際に知り合ったアルトゥーロ・トスカニーニの依頼で、NBC交響楽団の練習指揮者に就任。トスカニーニ着任までの間にオーケストラをトスカニーニ好みに合うよう徹底的に鍛え上げた(ただし、訓練があまりにも峻烈すぎたためか、オーバーヒートを恐れたNBC側は、タイプの異なるピエール・モントゥーも訓練指揮者として招聘した)。

1943年には、ジョン・バルビローリの後任としてニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の常任指揮者となるが、間もなくニューヨーク・フィルに初めて設けられたポスト「音楽監督」に就任。彼は音楽監督の強大な権限をフルに行使してコンサートマスターを含めた大量の楽員を「血の浄化」とばかりに大リストラを敢行。リストラ本来の意味である再構築の面では多大な功績があったものの、芸術面での意見で経営陣と折り合いが悪く、1947年2月に音楽監督を解任される。

解任後、 間もなくシカゴ交響楽団に職を得て活動したが、シカゴ・トリビューン紙の名物辛口女性評論家クラウディア・キャシディの珍しい擁護にも関わらず、赤字問題でシカゴの職を追われ、ヨーロッパに戻った。

ヨーロッパに戻った後は健康を害し、ウエストミンスターへのレコーディング活動のほかは目立った活動はあまり出来なくなっていた。また、1953年にはNHK交響楽団からの客演依頼もあったが、健康面の問題で話は流れた。1958年11月、シカゴ・リリック・オペラで「トリスタンとイゾルデ」の公演後、指揮している最中に倒れ、ボストンに移送されたが間もなく亡くなった。

息子のリチャードはヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの会長を務めている。

レコーディング[編集]

主な録音[編集]

ロジンスキの録音といえば、ウィーン・フィルのクラリネット首席であったレオポルド・ウラッハと共演したモーツァルトクラリネット協奏曲を代表作に選ぶ人も多いが、彼はウエストミンスターにかなりの数の録音を遺しており、ディテールやニュアンスにこだわるよりは、スピード感や色彩感を優先させつつ、いわゆる爆演系の指揮を行なったことがうかがわれる。スペインやスラヴ系などの、いわゆる国民楽派を得意としており、ドヴォルジャークの「新世界交響曲」などのほか、一方でスクリャービンの「法悦の詩」など、モダンな作品も得意とした。

逸話[編集]

  • ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団の音楽監督時代に、その強大な権限を行使し、厳しい練習と楽員のリストラを行ったことは事実である。余りのやり方にメンバーとの衝突もたびたびで、ロジンスキー自身、身の危険を感じ、拳銃を忍ばせてリハーサルに臨んだという説もある。当然経営者側との衝突も絶えず、彼が音楽監督を辞任する際にはオーナーのアーサー・ジャドソンから「音楽の進化を不可能にした独裁者。」と非難されるほどであった。だが、若手の育成にも力を入れ、1943年8月、駆け出しの若手であったレナード・バーンスタインを副指揮者として育て、同年11月急病でニューヨークフィル公演をキャンセルしたブルーノ・ワルターの代理に抜擢し、成功させたのは大きな功績である。
  • 激情的な性格はしばしば周囲との軋轢をもたらしたが、彼自身が発掘したバーンスタインが音楽監督のポストを窺うと思いこんで、怒りのあまりバーンスタインの首を絞める事件まで引き起こした[6]
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ [3]
  4. ^ [4]
  5. ^ クロアチアスプリト
  6. ^ [5]