アラン・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラン・タケシ・ギルバートAlan Takeshi Gilbert, 1967年 - )は、アメリカ指揮者

経歴[編集]

ニューヨークに生まれる。父親がアメリカ人(ニューヨーク・フィルハーモニックの元ヴァイオリン奏者マイケル・ギルバート(Michael Gilbert))で母親が日本人(同楽団ヴァイオリン奏者の建部洋子)のハーフ。妹のジェニファー・ギルバートもヴァイオリン奏者。ニューイングランド音楽院でヴァイオリン、ハーバード大学で作曲、ジュリアード音楽院カーティス音楽院で指揮を学んだ。タングルウッド音楽センターの指揮奨学生にも選出された。フィラデルフィア管弦楽団ヴァイオリン奏者、ニュージャージー州ハドンフィールド交響楽団音楽監督、クリーブランド管弦楽団副指揮者を務める。1994年ジュネーブ国際音楽コンクール指揮部門で優勝。このほかBunkamuraオーチャードホールの「未来の巨匠」賞、ゲオルグ・ショルティ賞、シーヴァー・ナショナル財団指揮者賞を受賞。2009-2010シーズンよりニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督に就任。

来日[編集]

1996年1998年2000年2002年2005年2007年NHK交響楽団に、1996年1998年札幌交響楽団に客演している。 2001年より大友直人とともに国際教育音楽祭「ミュージック・マスターズ・コースinかずさ」を開催。 2011年7月には東京都交響楽団に客演した。

外部リンク[編集]

ポスト[編集]

先代:
アンドルー・デイヴィス,
パーヴォ・ヤルヴィ
(首席客演指揮者)
ストックホルム王立フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
2000 - 2008
次代:
サカリ・オラモ
先代:
サンタフェ・オペラ
初代音楽監督
2003 - 2007
次代:
ケニス・モントゴメリー
(暫定音楽監督)
先代:
-
北ドイツ放送交響楽団
首席客演指揮者
2004 -2011
次代:
-