エーミール・パウア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーミール・パウア

エーミール・パウアEmil Paur, 1855年7月19日1932年7月7日)はオーストリア指揮者楽長ドイツアメリカ合衆国で活躍した。エミル・パウアとも表記される。

経歴[編集]

かつてのオーストリア帝国領(現在はウクライナ領)チェルノヴィッツに生まれ、ウィーンで教育を受けた後、カッセルケーニヒスベルクライプツィヒで指揮者を務める。後に渡米してボストン交響楽団ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団ピッツバーグ交響楽団の指揮者を歴任した。その後はドイツに戻り、ベルリン国立歌劇場を指揮。チェコスロバキアミーステクにて永眠。パウアーは、当時は気軽に聞けないと見做されていたブラームスの作品を好むなど、生真面目な指揮者として通っていた。

参考文献[編集]