マックス・フィードラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マックス・フィードラー
Max Fiedler
MaxFiedler.jpg
基本情報
出生 1859年12月21日
学歴 ライプツィヒ音楽院
出身地 War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦
ザクセン王国の旗 ザクセン王国 ツィッタウ
死没 1939年12月1日(満79歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン ストックホルム
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
作曲家
ピアニスト
担当楽器 ピアノ

アウグスト・マックス・フィードラーAugust Max Fiedler, 1859年12月21日 - 1939年12月1日)はドイツ指揮者作曲家ピアニスト

略歴[編集]

オーバーラウジッツツィッタウに生まれる。音楽教師であった実父カール・アウグストより最初の音楽教育を受けた後、1877年から1880年までライプツィヒ音楽院ピアノ指揮法を学び、その間グスタフ・アルブレヒトに師事した。若い頃にヨハネス・ブラームスの交響曲をブラームス自身の前で指揮したことがあり、ブラームスは講評を求められると黙っていなかったが、フィードラーの解釈には不平不満を並べなかった[1]1882年から1908年までハンブルク音楽院に教授として勤務するかたわら、1904年ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に就任した。演奏旅行も精力的にこなし、1905年ニューヨーク・フィルハーモニーを指揮してアメリカ合衆国にデビューし、1907年にはロンドン交響楽団を指揮している。1908年に渡米してボストン交響楽団音楽監督に就任した。1912年にドイツに戻ると1934年までエッセン音楽総監督に就任した。最晩年はベルリンストックホルムに客演指揮者に迎えられ、1939年にストックホルムに客死した。

作曲家としては、交響曲序曲ピアノ五重奏曲弦楽四重奏曲ピアノ曲歌曲を手掛けた。

註記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ David Watkin in the liner notes to Original Brams compact disc published by Beulah 2000

外部リンク[編集]

先代:
-
ハンブルク・フィルハーモニー協会
常任指揮者
1904 - 1922
次代:
カール・ムック