アルトゥル・ニキシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトゥル・ニキシュ
Arthur Nikisch
Nicola Perscheid Portrait of Arthur Nikisch.jpeg
基本情報
出生 1855年10月22日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
学歴 ウィーン音楽アカデミー
死没 1922年1月23日(満66歳没)
ドイツの旗 ドイツ国
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
レーベル ドイツ・グラモフォン

ニキシュ・アルトゥールアルトゥル・ニキシュNikisch Artúr, Arthur Nikisch, 1855年10月12日 モション群英語版ハンガリー語版レーベーニ英語版ハンガリー語版近郊レーベーニ・セントミクローシュ(Lébényi Szent-Miklós)(現在のジェール・モション・ショプロン県モションセントミクローシュ英語版ハンガリー語版 - 1922年1月23日)は、現在のハンガリー出身で主にドイツで活躍した20世紀初期の大指揮者の一人。

略歴[編集]

1855年、ハンガリー西部、レーベーニ近郊にハンガリー出身の父とモラヴィア出身の母のもと生まれる。ウィーン音楽アカデミーでヴァイオリンと作曲を学び、ウィーン宮廷歌劇場のヴァイオリン奏者として音楽活動をはじめる。1878年、指揮に転じ、ライプツィヒ歌劇場指揮者。1885年12月30日ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を指揮してブルックナー交響曲第7番の初演を行う。1895年ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任、亡くなるまで両楽団を指導する。リヒャルト・シュトラウスマーラー等、同時代の作品の演奏も積極的に行った。また、チャイコフスキーの曲がドイツ・オーストリア系の作曲家の作品と同等の扱いで演奏されているのは、ニキシュの貢献によるものだと言われている。

逸話[編集]

ニキシュの指揮は、チャイコフスキー曰く”魔術に没頭するような”指揮であったらしい。彼の生み出す響きは非常に神秘的な色彩を帯び、当時の作曲家たちは自らの作品がその色に染まっていく様を、驚きを持って聴き入っていたという。

録音[編集]

1906年2月19日
ライプツィヒの楽器制作会社ヴェルテ=ミニョン Welte-Mignon のスタジオにて

1913年にベートーヴェン運命交響曲をベルリン・フィルと録音した。これがベルリン・フィルの最初の録音とされている。アコースティック録音であり、トスカニーニはこの録音について、「私の知るニキシュの演奏とは違う」と語ったといわれている。ベルリンフィルとの数点の録音以外には、ロンドン交響楽団との録音や、ピアノ演奏(特に有名なものが、ニキシュの見出したメゾソプラノ歌手エレナ・ゲルハルトの伴奏をしているもの)が遺されている。いずれも1904年から1921年の間の旧吹き込み(アコースティック録音)である。

係累[編集]

息子のミチャ・ニキシュ(Mitja Nikisch)はクラシックのピアニストでジャズバンドリーダーだったが、1936年、ナチの迫害を受けて自殺した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世(常任指揮者)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
客演指揮者
1903年 - 1908年
次代:
フェリックス・ワインガルトナー(常任指揮者)