フランツ・コンヴィチュニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・コンヴィチュニー
Franz Konwitschny
Bundesarchiv Bild 183-41810-0001, Franz Konwitschny.jpg
基本情報
出生 1901年8月14日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
フルネク英語版ドイツ語版チェコ語版
死没 1962年7月28日(満60歳没)
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア ベオグラード
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者ヴィオリスト
担当楽器 ヴィオラ

フランツ・コンヴィチュニーFranz Konwitschny, *1901年8月14日フルネク英語版ドイツ語版チェコ語版 - †1962年7月28日 ベオグラード)はオーストリア=ハンガリー帝国支配下時代のモラヴィア北部のフルネクに生まれ、ドイツザクセンバーデン)、冷戦開始後は東ドイツを中心に東側諸国で活動した指揮者。著名なオペラ演出家ペーター・コンヴィチュニーは息子である。

略歴[編集]

音楽家の一家に生まれる。チェコスロバキア共和国時代の1920年から1923年までブルノの楽友協会音楽院でバイオリンのレッスンを受け、1923年から1925年までライプツィヒ音楽院に在学した。この時代、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー時代のライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団ヴィオラ奏者として活動を開始した。

フルトヴェングラーの他にもブルーノ・ワルターオットー・クレンペラーなどがゲヴァントハウス管弦楽団の客演指揮者を行っていたためか、コンヴィチュニーはいつしか自らも指揮者になることを決意。1927年シュトゥットガルト歌劇場に加わり、練習指揮者を始める。3年後には首席指揮者となる。その後、ヴロツワフフランクフルトなどの各地の歌劇場を歴任。
戦後、1949年から没年まで、ゲヴァントハウス管弦楽団に戻って首席指揮者を務めた。1953年から1955年までシュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者も兼務。1955年以降はベルリン国立歌劇場の首席指揮者も務めた。

1961年4月にゲヴァントハウス管弦楽団が初来日した時の指揮者でもある。 大阪市フェスティバルホール大阪国際フェスティバルに参加)、東京都日比谷公会堂のそれぞれでベートーヴェン交響曲全曲演奏(チクルス)そのほかの演奏を行っている。 二大都市ばかりでなく福岡県八幡市(のちにコナベーションにより北九州市となる)の八幡市民会館愛知県名古屋市名古屋市公会堂福島県郡山市郡山市民会館でベートーヴェンの交響曲第5番、第6番などの演奏を行っている。

1962年7月28日に演奏旅行先であるユーゴスラヴィアベオグラードベートーヴェンミサ・ソレムニスのリハーサル中に心臓発作により死去。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の楽長(カペルマイスター)として長期にわたり終生、楽団とともに活動を行った。 戦争によって深い傷を負った同オーケストラの復興に、コンヴィチュニーは相当な努力を行った。10年以上にもわたって楽団と苦楽を共にしたためか、その演奏は明晰さを湛えた緻密なものであった。

スカンジナビア航空機で 東京国際空港(羽田空港)に降り立った
フランツ・コンヴィチュニーと
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の一行
1961年(昭和36年)4月12日 夕刻
このあと特別機に分乗して大阪国際空港(伊丹空港)へと向かった
(写真クリックで拡大)

レパートリー[編集]

得意とするレパートリーは、ベートーヴェンシューマンブルックナー交響曲のほか、リヒャルト・シュトラウスマックス・レーガー管弦楽曲ワーグナー歌劇であった。なかでもベートーヴェンやシューマン、レーガーの録音は、現在でも評価が高い。

逸話[編集]

ポスト[編集]