アントン・ザイドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントン・ザイドル
Anton Seidl
1899年のアントン・ザイドル
1899年のアントン・ザイドル
基本情報
出生 1850年5月7日
出身地 ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国 ブダペスト
死没 1898年3月28日(満47歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

{{{Influences}}}

アントン・ザイドルAnton Seidl, 1850年5月7日 - 1898年3月28日)は、ハンガリー出身の指揮者

経歴[編集]

ブダペストに生まれる。1870年10月にライプツィヒ音楽院に入学、1872年まで在籍するが、同年バイロイトリヒャルト・ワーグナーの浄書係(コピスト)に選ばれ、同地で『ニーベルングの指環』の最初の浄書の作成を手伝う。ワーグナーに魅了され、1876年の第1回バイロイト音楽祭に参加した。

ワーグナーの推薦状を得てライプツィヒ市立劇場の指揮者に任命され、1882年までその地位に就く。その後は興行主アンゲロ・ノイマンの一座とともに、『ニーベルングの指環』の移動公演に携わった。ザイドルの指揮は評論家も一目置いたほどであり、『ニーベルングの指環』の公演は1882年6月にはロンドンウェストミンスターハー・マジェスティーズ・シアター (Her Majesty's Theatre) で行なわれるほど芸術的に成功した。

1883年にノイマンとともにブレーメンに移るが、2年後にはレオポルト・ダムロッシュの後任指揮者としてニューヨークのドイツ・オペラ・カンパニーに転出、同年に結婚。1891年ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者になり、任期中の1898年に死去した。

アントニン・ドヴォルザークの『新世界交響曲』の初演者でもある。