セオドア・アイスフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セオドアテオドール・アイスフェルトTheodore Eisfeld, 1816年4月11日 - 1882年9月16日)は、ヴォルフェンビュッテルに生まれたドイツ人指揮者

ドレスデンカール・ゴットリープ・ライシガーより音楽を学ぶ。ヴィースバーデン宮廷歌劇場の音楽監督(1839年 - 1843年)を務めたのち渡米、ニューヨーク・フィルハーモニックの初代常任指揮者となる。在任中、ヘンデルメサイア』コンサート、室内楽、四重奏団コンサートの創設など、楽団の拡充に尽力した。

1865年に職を辞して帰国した。ヴィースバーデンで没した。

ちなみにアイスフェルトは、蒸気船オーストリア号(en:SS Austria)の悲劇に際し、辛くも遭難を免れた生存者のひとりである。