イシュトヴァン・ケルテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ヨーロッパ風の表記法に従い、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いケルテース・イシュトヴァーンと表記することもあります。

イシュトヴァン・ケルテスIstvan Kertesz, 1929年8月28日 - 1973年4月16日)は、ハンガリー生まれの指揮者である。ハンガリー語の表記ではケルテース・イシュトヴァーンKertész István)。

略歴[編集]

ハンガリーのブダペストで生まれ、同地のフェレンツ・リスト音楽院ゾルタン・コダーイ他に学んだ。1955年からブダペスト国立歌劇場の指揮者となる。1956年ハンガリー動乱の時に西側にジョルジュ・シフラと共に亡命した。その後アウクスブルク国立歌劇場ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などを指揮し、1965年から1968年までロンドン交響楽団の首席指揮者を務めた。日本にも客演したことがあり、日本フィルハーモニー交響楽団を指揮した1968年の演奏記録が残っている。1973年4月、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団に客演した折、イスラエルテル・アビブの海岸で遊泳中に高波にさらわれ溺死した。43歳没。ケルテスの最期はバス歌手岡村喬生著『ヒゲのオタマジャクシ世界を泳ぐ』に詳しい。なお、1973年よりバンベルク交響楽団の首席指揮者の就任も決まっていたが、果たせなかった。

オーケストラの団員からの信頼は絶大であったらしく、ロンドン交響楽団の音楽監督解任も聴衆が集まらなかったことが原因であった。また、ジョージ・セル亡き後のクリーヴランド管弦楽団の音楽監督として楽員選挙で選ばれたが、運営サイドは最終的にロリン・マゼールを選んだ。

突然の死により、曲の一部が未収録で終わったウィーン・フィルとの「ハイドンの主題による変奏曲」は、ウィーン・フィルが追悼の意を込めて、その部分を指揮者なしで演奏した。またブラームスの交響曲全集作成のために、交響曲第2番もウィーン・フィルと再録音が予定されていた。

先代:
アウクスブルク国立歌劇場
音楽総監督
1960年 - 1963年
次代:
先代:
ヴォルフガング・サヴァリッシュ
ケルン歌劇場
音楽総監督
1964年 - 1973年
次代:
ジョン・プリッチャード