バンベルク交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バンベルク交響楽団
Bamberger Symphoniker
本拠地のコンツェルトハレ
本拠地のコンツェルトハレ
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ バイエルン州バンベルク
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1946年 -
共同作業者 首席指揮者:ジョナサン・ノット
公式サイト www.bamberger-symphoniker.de

バンベルク交響楽団ドイツ語: Bamberger Symphoniker- Bayerische Staatsphilharmonie)は、ドイツバイエルン州バンベルクに本拠を置くオーケストラである。

歴史[編集]

前身は、1940年チェコスロバキア(当時はナチス・ドイツ支配下)のドイツ系住民によって創立されたプラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団(Deutschen Philharmonischen Orchesters Prag)である。同楽団は、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの推薦で、ヨーゼフ・カイルベルトを首席指揮者に迎えて活動していた。

ドイツの敗戦後の1945年、チェコからドイツへ逃れた(ドイツ人追放)同楽団の楽団員が集結して本楽団を創立した。1946年3月16日、「バンベルク・トーンキュンストラー管弦楽団」として第1回演奏会を開いたが、同年6月1日、「バンベルク交響楽団」に改称した。1947年、ハンス・クナッパーツブッシュが客演し、1948年にはオーストリア、1949年にはパリに演奏旅行をした。1949年、カイルベルトを首席指揮者に迎えた。1968年、カイルベルトが急逝した後、オイゲン・ヨッフム芸術顧問を務めた。1973年、イシュトヴァン・ケルテスの首席指揮者就任が決定されたが、ケルテスは就任前に急逝してしまい、しばらく首席指揮者不在だった。1979年にジェームズ・ロッホランが首席指揮者に就任したが、録音ではヨッフムが中心だった。その後ヴィトルド・ロヴィツキホルスト・シュタインとつないで2000年からジョナサン・ノットを首席指揮者に迎えている。シュタイン時代の1993年に「バイエルン州立フィルハーモニー」(Bayerische Staatsphilharmonie)の呼称が加えられている。

近年、1982年のヨッフムとの来日公演のライブ録音CDDVD化され好評を博している。ドイツの地方小都市を拠点とするオーケストラとしては、古くから名指揮者に恵まれたことと、積極的な録音や演奏旅行によって、もっとも国際的に有名な団体である。

首席指揮者[編集]

外部リンク[編集]