ジョン・プリッチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サー・ジョン・マイケル・プリッチャード CBE(Sir John Michael Pritchard CBE, 1921年2月5日 - 1989年12月5日[1]イギリス指揮者

略歴[編集]

幼少時からヴァイオリニストだった父親から音楽の手ほどきを受け、イタリアに留学して指揮法ヴィオラピアノ等を習得した。

1947年グラインドボーン音楽祭フリッツ・ブッシュのアシスタントを務め、1949年にブッシュの代役としてモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』を指揮してデビューを飾り、グラインドボーン音楽祭の常連指揮者となった。1951年1952年のシーズンにウィーン国立歌劇場で指揮をしたほか、1953年にはピッツバーグ交響楽団を指揮してアメリカ・デビューも果たしている。

1957年から1963年までは、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を歴任。1964年からグラインドボーン音楽祭の音楽顧問を務め、1969年から1978年まで音楽監督の任にあった。1962年から1967年まではロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者も兼任し、このオーケストラをグラインドボーン音楽祭に度々出演させている。

1970年には、急逝したジョン・バルビローリに代わって東京でフィルハーモニア管弦楽団を指揮した。

1978年からはケルン歌劇場の首席指揮者に転身し、1981年からブリュッセルのベルギー王立歌劇場(モネ劇場)の音楽監督も務め、オペラ指揮者として国際的な名声を確立した。1981年からBBC交響楽団の音楽監督になり、1986年からはサンフランシスコ歌劇場の音楽監督も兼任したが、1989年サンフランシスコで急逝した。

参考文献[編集]

  • Conway, Helen (1994). Sir John Pritchard: His Life in Music. London: Andre Deutsch Ltd. ISBN 0233988459. 
先代:
エフレム・クルツ
ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1957 - 1963
次代:
チャールズ・グローヴズ
先代:
イシュトヴァン・ケルテス
ケルン歌劇場
音楽監督
1973 - 1975
次代:
ギュンター・ヴァント
先代:
カート・エイドラー
サンフランシスコ歌劇場
音楽総監督
1988- 1989
次代:
ドナルド・ラニクルズ
  1. ^ [1]