エドワード・エルガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・エルガー
Edward Elgar
Edward Elgar.jpg
基本情報
出生 1857年6月2日
イギリスの旗 イギリス、ブロードヒース
死没 1934年2月23日(満76歳没)
職業 作曲家
指揮者

サー・エドワード・ウィリアム・エルガーSir Edward William Elgar1857年6月2日 - 1934年2月23日)は、イギリス作曲家指揮者。もとは音楽教師でありヴァイオリニストでもあった。

略歴[編集]

エルガーは1857年6月2日ウスター近郊のブロードヒースで生まれた。父親は楽器商を営むとともに、聖ジョージ・カトリック教会のオルガニストも務めていた。経済的な問題から専門的な音楽教育を受けることができず、独学によって作曲法を修得した。ヴァイオリン教師として収入を得るかたわら、たびたびロンドンへ出かけてはさまざまな音楽を聴き、特にシューマンワーグナーに強い影響を受けたといわれる。

1889年にピアノの教え子だったキャロライン・アリス・ロバーツと結婚。婚約に際しアリスのために作曲した「愛の挨拶」はのちに広く知られるようになる。その頃は作曲家としては地元の合唱音楽祭のために作品を委嘱される程度だったが、夫人の多大な協力もあり徐々に作曲家として認められるようになる。1899年ハンス・リヒターの指揮による「独創主題による変奏曲」(「エニグマ(謎)」変奏曲)の初演の大成功によってエルガーは英国中にその名を知られるようになった。さらに翌1900年オラトリオゲロンティアスの夢」はドイツ初演で大成功を遂げ、作曲家リヒャルト・シュトラウスから賞賛されるなど、エルガーの名声はヨーロッパ中に広まった。

1901年には行進曲「威風堂々」第1番が作曲・初演された。本作の中間部の旋律は英国王エドワード7世に気に入られ、国王のために書かれた「戴冠式頌歌」(1902年)において歌詞をつけて用いられている。この旋律は今日「希望と栄光の国」として愛唱され、英国の第2の国歌と称されている。以降、オラトリオ「使徒たち」(1903年)、オラトリオ「神の国」(1906年)、交響曲第1番1908年)、ヴァイオリン協奏曲1910年)、交響曲第2番1911年)、交響的習作「フォルスタッフ」(1913年)、チェロ協奏曲1919年)といった傑作を次々と作曲し、名実共に英国楽壇の重鎮となる。

1920年、夫人アリスの死去とともに創作意欲を落とすが1923年以降は徐々に作曲活動を再開。劇音楽「アーサー王」(1923年)、劇音楽「伊達男ブランメル」(散逸、メヌエットのみ知られる。1928年)、ブラス・バンドのための「セヴァーン川組曲」(1930年)、組曲「子ども部屋」(1931年)といった作品を手がける。最晩年には交響曲第3番、歌劇「スペインの貴婦人」、ピアノ協奏曲といった大作に次々と着手するが、いずれも未完成のまま1934年2月23日大腸癌のため死去した。最後の完成作品は愛犬をモチーフにした小品「ミーナ(Mina)」[1]1933年)だった。

1914年(旧吹込み)以来エルガーはレコーディング活動にも積極的であり、新しく開発されたマイクロフォンによる電気吹込みによって自身の作品の主だったものを非常に多く録音しており、演奏家としての活動も注目される。なお1シーズンのみであるが1911年ロンドン交響楽団の首席指揮者に就いている。

エルガーは1904年(47歳)のときにナイトに叙され、また1931年(74歳)准男爵にも叙されている。また1924年(67歳)には「国王の音楽師範」の称号も得ていた。

代表作品[編集]

作品についてはエルガーの楽曲一覧をご覧ください。

交響曲[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 組曲「子供の魔法の杖」("The Wand of Youth")第1、2番 作品1A,1B (1907年の作。)
  • ポルカ「ネリー」(Polka "Nelly")
  • 3つの性格的小品(Three Characteristic Pieces) 作品10
マズルカ(Mazurka)
ムーア風セレナード(Serenade Mauresque)
「コントラスツ」(ガヴォット1700-1900)("Contrasts" (The Gavotte 1700-1900))
  • 聖体奉挙(Sursum Corda) 作品11 (ヴァイオリンとピアノの稿あり。)
  • 2つの小品(Two Pieces) 作品15 (ヴァイオリンとピアノの稿あり。)
「夜の歌」("Chanson de Nuit")
「朝の歌」("Chanson de Matin")
  • 演奏会用序曲「フロワッサール」(Concert Overture "Froissart") 作品19
  • 3つのバイエルン舞曲(Three Bavarian Dances) 作品27 (合唱曲「バイエルンの高地より」から抜粋・管弦楽編曲。)
「踊り」("The Dance" Allegro giocoso)
「子守歌」("Lullaby" Moderato)
「射手」("The Marksman" Allegro vivace)

弦楽合奏曲[編集]

協奏曲[編集]

室内楽曲[編集]

器楽曲[編集]

  • ソナティナ ト長調 (1887年、1930年改訂)(ピアノ曲)
  • オルガン・ソナタ(第1番) ト長調 作品28
  • 演奏会用アレグロ (Concert Allegro) 作品41(または作品46)(ピアノ曲)

声楽曲[編集]

  • 「黒い騎士」("The Black Knight") 作品25
  • 合唱曲「バイエルンの高地より」("From the Bavarian Highlands") 作品27
  • オラトリオ「生命の光」("The Light of Life") 作品29
  • 「オラフ王のサガからの情景」("Scenes from the Saga of KIng Olaf") 作品30
  • バラッド「聖ジョージの旗」("The Banner of St George") 作品33
  • カンタータ「カラクタクス」("Caractacus") 作品35
  • 連作歌曲集「海の絵」("Sea Pictures") 作品37
  • オラトリオ「ゲロンティアスの夢」("The Dream of Gerontius") 作品38
  • 戴冠式頌歌(Coronation Ode) 作品44
  • オラトリオ「使徒たち」("The Apostles") 作品49
  • オラトリオ「神の国」("The Kingdom") 作品51
  • 「ミュージック・メイカーズ」("The Music Makers") 作品69(アルト・合唱・管弦楽のための作品)
  • 「イングランドの精神」("The Spirit of England") 作品80(ソプラノ・テノール・合唱・管弦楽のための作品)

関連文献[編集]

  • 磯田健一郎著『ポスト・マーラーのシンフォニストたち エルガー、シベリウスから現代まで』音楽之友社、1996年10月、ISBN 4276351316
  • マイケル・トレンド著『イギリス音楽の復興 音の詩人たち、エルガーからブリテンへ』旺史社、2003年7月、ISBN 4871190781
    • 原著: Michael Trend, The Music Makers : The English Musical Renaissance from Elgar to Britten, Schirmer Books Published, October 1985, ISBN 0028730909
  • 水越健一著『エドワード・エルガー希望と栄光の国』武田書店、2001年6月、ISBN 4886890164
  • 水越健一著『愛の音楽家エドワード・エルガー』momonoge.com、2008年11月

脚注[編集]

  1. ^ ピアノ稿が先んじて完成された。オーケストラ版はエルガーによって着手されたものの未完成だったことから、知人等の手によって完成された。
  2. ^ ブラス・バンドのスコアリングはヘンリー・ギール(Henry Geehl)による。のちに作曲者が管弦楽曲に編曲する。またアイヴァー・アトキンスによってオルガン独奏用に編曲された稿はオルガン・ソナタ第2番ともいう。
  3. ^ 「マイナ」の表記も見られるがミーナの方が原音に近い。
  4. ^ その他にピアノ独奏、チェロとピアノ、小管弦楽などさまざまな稿あり。

外部リンク[編集]

ウェブ上の音源[編集]