バーミンガム市交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーミンガム市交響楽団
City of Birmingham Symphony Orchestra
}
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス イングランド バーミンガム
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1920年 -
公式サイト http://www.cbso.co.uk/
メンバー
音楽監督
アンドリス・ネルソンス

バーミンガム市交響楽団英語: City of Birmingham Symphony Orchestra, 略称CBSO)はイギリスバーミンガムを拠点とするオーケストラ

概要[編集]

1920年バーミンガム市管弦楽団City of Birmingham Orchestra)として発足、同年9月に行なわれた最初の演奏会は、エルガーを指揮者に迎えて行われ、オーケストラ設立を強力に後押ししたグランヴィル・バントックの演奏会序曲《サウル》がプログラムにとり上げられた。1948年に現在のように改名された。

早くから録音活動や定期的な演奏活動を続けてきたにもかかわらず、国際的な名声が得られるようになったのは、1980年サイモン・ラトルが就任してからだった。それからの演奏水準やレパートリーの拡張は著しく、ラトルのもとでヨーロッパ随一の合奏能力が謳われるようになり、とりわけロマン派音楽現代音楽の解釈で有名になった。また、ハイドン交響曲の録音などでは、早くもピリオド奏法を取り入れた演奏を示している。ラトルの任期中に本拠地を従来のバーミンガム・タウン・ホールから、バーミンガム市国際コンベンション・センター内部のシンフォニー・ホールに移した。1990年に提携作曲家(Composer in Association)制度が創設され、マーク=アンソニー・タネジがその地位に就いた。1995年からはジュディス・ウィアがその座を勤めている。

サイモン・ラトルの後は、フィンランドの指揮者サカリ・オラモがその後任に就任。そして2008年よりアンドリス・ネルソンスが音楽監督となっている。

主要な歴代首席指揮者・音楽監督[編集]

外部サイト[編集]