フィリップ・シドニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィリップ・シドニー
Philip Sidney portrait.jpg
誕生 1554年11月30日
ケント
死没 1586年10月17日(満31歳没)
オランダ、ジュトフェン
職業 詩人、廷臣、軍人
国籍 イングランドの旗 イングランド
活動期間 エリザベス朝
代表作 アストロフェルとステラ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

サー・フィリップ・シドニー(Sir Philip Sidney, 1554年11月30日1586年10月17日)は、エリザベス朝イングランド詩人、廷臣(en:Courtier)、軍人。『アストロフェルとステラ』、『詩の弁護』、『アーケイディア』の著者として知られている。

生涯と家族[編集]

フィリップ・シドニーはケントのペンスハースト(en:Penshurst)に、サー・ヘンリー・シドニー(en:Henry Sidney)とレディ・メアリー・ダドリーの長男として生まれた。母親は初代ノーサンバーランド公ジョン・ダドリーの娘で、初代レスター伯ロバート・ダドリーの姉妹だった。フィリップの妹のメアリー(en:Mary Sidney)は第2代ペンブローク伯ヘンリー・ヒューバート(en:Henry Herbert, 2nd Earl of Pembroke)と結婚し、またフィリップの詩の翻訳家・パトロンとして重要な人物でもあった。フィリップ最長の作品『アーケイディア』は妹メアリーに献呈されたものである。

フィリップ・シドニーはシュルーズブリ・スクール(en:Shrewsbury School)、オックスフォード大学クライスト・チャーチで教育を受けた。よく旅し、よく学んだ。1572年エリザベス1世とアランソン公(アンジュー公フランソワ)との結婚に関しての交渉使節団の1人としてフランスに渡った。その後数年間、ヨーロッパ本土にとどまり、ドイツイタリアポーランドオーストリアを歴訪した。その間、多くの著名なヨーロッパの知識人および政治家と知り合った。

1575年にイングランドに帰国したシドニーは後のデボンシャー伯爵夫人ペネロピ・ブロント(en:Penelope Blount, Countess of Devonshire)であるペネロピ・デヴァルー(デヴルー)と出会った。ペネロピの父の初代エセックス伯ウォルター・デヴァルー(en:Walter Devereux, 1st Earl of Essex)は娘をシドニーに嫁がせるつもりだったと言われるが、ウォルターは1576年に亡くなってしまった。イングランドで、シドニーは政治と芸術に多忙だった。シドニーは非常に長い文書の中で父親のアイルランド運営を擁護した。

より深刻だったのは、第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアーと諍いを起こしたことで、おそらくヴィアーが擁護したフランスとの縁組みにシドニーが反対したからだと思われる。その余波でシドニーはヴィアーに決闘を挑んだが、エリザベス1世はそれを禁止した。シドニーはエリザベス1世に、フランスとの縁組みの愚かさを綴った長文の手紙を送った。いかにもなことだが、エリザベス1世はシドニーの出しゃばりに激怒し、シドニーはすごすごと宮廷から身を退くことになってしまった。

シドニーの芸術への転向は、シドニーの名を後世に残すことになった。宮廷から引退している間に、シドニーは『アーケイディア』と『詩の弁護』を執筆した。その少し前、シドニーはエドマンド・スペンサーと知り合って、スペンサーは『羊飼いの暦』(en:The Shepheardes Calender)をシドニーに献呈した。他にも、シドニーは英語詩を古典風にするための人道主義的試み「アレオパゴス」(en:Areopagus (poetry)。作り話の可能性もある)の一員となった。妹メアリーとは、シドニーがはじめた詩篇の韻文への翻訳を、シドニーの死後、メアリーが完成させるほど親密なものだった。

シドニーの妻フランセス。子供はシドニーの死後再婚した第2代エセックス伯ロバート・デヴァルーとの子で第3代エセックス伯ロバート・デヴァルー。ロバート・ピーク・エルダー画(1594年)

シドニーは1581年の中頃には宮廷に戻っていた。同じ年、ペネロピ・デヴァルーは初代ウォリック伯ロバート・リッチと結婚した。過去にウィリアム・セシルの娘アンとの結婚が進められたことがあったが、1571年に破談となり、最終的にアンはドゥ・ビアーと結婚した。1583年、シドニーはフランシス・ウォルシンガムの十代の娘フランセス(en:Frances Walsingham)と結婚した。同年、ナイト爵を授けられた。翌1854年、シドニーはジョルダーノ・ブルーノと知り合った。ブルーノは後に2冊の本をシドニーに献呈した。

シドニーは激しく好戦的なプロテスタントだった。家がそうだったのと、個人的な体験(1572年サン・バルテルミの虐殺の時、シドニーはフランスのウォルシンガムの家にいた)両方の理由からである。1570年代に、シドニーはJohann Casimir(en:Johann Casimir of Simmern)に、カトリック教会スペインに対してプロテスタントの力を結集する提案を考えるてくれるよう説得した。1580年代のはじめには、失敗に終わったが、スペイン本国への攻撃を訴えた。1585年オランダのフリシンゲン(en:Vlissingen, Netherlands)知事に就任した時、シドニーのプロテスタント闘争の熱意はいっきに解き放たれた。オランダでシドニーは上役で伯父の初代レスター伯ロバート・ダドリーに決断を迫った。そして1586年7月、シドニーはAxel(en:Axel (Netherlands))近郊のスペイン軍の急襲を指揮し、成功した。

続いて同年のジュトフェンの戦い(en:Battle of Zutphen)ではサー・ジョン・ノリス(en:John Norreys)の軍に加わった。包囲期間中、シドニーは腿を撃たれ、26日後に亡くなった。伝えられるところでは、負傷して横たわっている間、やはり負傷した兵に「私以上に君に必要なものだろう」と言って、水筒を譲ったという。この話はシドニーの高貴なキャラクターを表す時の最も有名な逸話となっている。

シドニーの遺体はロンドンに戻され、1587年2月16日セント・ポール大聖堂に埋葬された。既に生前からそうであったが、さらに死後、シドニーは多くのイングランドの人々にとって、廷臣の鑑となった。博識、賢明、だが同時に寛大、勇敢、直情的。当時の政治家の中でもシドニーほど重要な人物はおらず、エドマンド・スペンサーはイギリス・ルネサンス最高のエレジーの1つ『アストロフェル』の中で、シドニーのことをイングランド男子の花と讃えた。

シドニーに関する伝記が友人で学友の初代フレク・グルヴィル(en:Fulke Greville, 1st Baron Brooke)によって著された。

なお、ライハウス陰謀事件の首謀者アルジャーノン・シドニー(en:Algernon Sydney)は、フィリップ・シドニーの甥の息子である。

作品[編集]

アストロフェルとステラ[編集]

原題『Astrophel and Stella』。英語で書かれた有名なソネット連作の最初のもの。おそらく1580年代初頭に作られたと思われる。ソネット1591年に初版(明らかに著作権を侵害されている)が出るまで、写本として回覧されていた。1598年に正当な版が出された。この作品はイギリス・ルネサンス詩の転換点だった。本の中でシドニーは手本としたイタリアの詩人ペトラルカの特徴を変換して使った。詩から詩への感情の変化、曖昧な部分もあるが繋がった物語という付随的な感覚、詩作行為それ自体の熟考、など。押韻構成の実験も注目に値する。この作品が厳格な押韻を要求するイタリア風ソネットから、英語詩のソネットを解放する貢献をした。詳細は en:Astrophel and Stellaを参照。

アーケイディア[編集]

原題『Countess of Pembroke's Arcadia』。シドニーの最も野心的な作品で、シドニーのソネットと同じくらい重要なもの。この作品はパストラルな要素とヘレニズム期のヘリオドロスから派生した雰囲気を結合させたロマンス(en:Romance (genre))である。この作品の中ではきわめて理想化された羊飼いの生活がジョスト、政治的裏切り、誘拐戦闘強姦といったストーリーと(常に自然にではないが)隣り合っている。16世紀に出版されたこの物語はギリシア文学を手本にした。物語はおのおのの中に組み合わされ、異なる筋が絡み合っている。出版されてから1世紀以上にわたって大変人気があった。ウィリアム・シェイクスピアは『リア王』のグロスター伯 のサブプロットにこの作品を借用した。さらに、一部がジョン・デイ(en:John Day (dramatist))やジェームズ・シャリー(en:James Shirley)によって戯曲化された。広く伝えられる話によれば、チャールズ1世は絞首台に上がった時にこの本から数行を引用したという。サミュエル・リチャードソンは最初の本(『パミラ』)のヒロインの名前をシドニーの「パミラ」から名付けた。なお、『アーケイディア』には2つの異なるヴァージョンがある。最初のヴァージョン(The Old Arcadia)は妹のメアリー・ヒューバートの家で書かれたもので、回りくどくない順次的な方法で叙述されていた。後になってシドニーはより野心的な計画にのっとって改訂をはじめた。改訂版(The New Arcadia)の最初の3巻のほとんどは書き上げたが、その死によって未完に終わった。1590年の最初の3巻の出版で関心が沸き、現存するヴァージョンは最初のヴァージョンの素材から肉付けされたものである(1593年出版)。詳細はen:Countess of Pembroke's Arcadiaを参照。

詩の弁護[編集]

原題『Defense of Poetry』または『A Defence of Poesie』、『An Apology for Poetry』。1583年以前の作。一般に、元劇作家スティーヴン・ゴッソン(en:Stephen Gosson)が、少なくとも執筆の動機の1つだったと言われている。ゴッソンは1579年に『Schoole of Abuse, containing a pleasant invective against Poets, Pipers, Plaiers, Jesters and such like Caterpillars of the Commonwealth』を出し、メロドラマや低俗な喜劇熱がロンドンの社会生活に無秩序をもたらす基盤となったと、シドニーを攻撃した。シドニーはプラトンがやったように、詩を弁明した。このエッセイの中でシドニーは、多くの古典詩・イタリア語詩のフィクションの指針を集大成した。シドニーの弁明の主旨は、歴史の生々しさと哲学倫理学的関心を結合させることによって、詩は歴史・哲学のどちらか以上に、読者に徳を目覚めさせるうえで効果的だというものだった。さらにこの本はエドマンド・スペンサーとエリザベス朝演劇について重要なコメントを提供している。詳細はen:An Apology for Poetryを参照。

ポップ・カルチャーの中のシドニー[編集]

  • T・S・エリオットはその詩『A Cooking Egg』の中でシドニーを引き合いに出している。
  • 空飛ぶモンティ・パイソン』第36話で、イギリスの首都警察風紀犯罪取締班のハロルド・ガスケル警視は繰り返しサー・フィリップ・シドニーに間違えられる。

日本語訳[編集]

参考文献[編集]

  • Acheson, Kathy. "'Outrage your face': Anti-Theatricality and Gender in Early Modern Closet Drama by Women." Early Modern Literary Studies 6.3 (January, 2001): 7.1-16. 21 October 2005.
  • Bear, R. S. “Defence of Poesie: Introduction.” In Renascence Editions. 21 October 2005. [1].
  • Craig, D. H. "A Hybrid Growth: Sidney's Theory of Poetry in An Apology for Poetry." Essential Articles for the Study of Sir Philip Sidney. Ed. Arthur F. Kinney. Hamden: Archon Books, 1986.
  • Davies, Norman. Europe: A History. London: Pimlico, 1997.(en:Europe: A History)
  • Frye, Northrup. Words With Power: Being a Second Study of the Bible and Literature. Toronto: Penguin Books, 1992.
  • Garrett, Martin. Ed. Sidney: the Critical Heritage. London: Routledge, 1996.
  • Greville, Fulke.Life of the Renowned Sir Philip Sidney. London, 1652.
  • Griffiths, Matthew. "[http:/?petrarch.petersadlon.com/submissions/Griffiths.html English Court Poets and Petrarchism: Wyatt, Sidney and Spenser." 25 November 2005.
  • Hale, John. The Civilization of Europe in the Renaissance. New York: Atheeum, 1994.
  • Harvey, Elizabeth D. “Sidney, Sir Philip.” In The Johns Hopkins Guide to Literary Theory & Criticism. 25 November 2005. [2]
  • Jasinski, James. Sourcebook on Rhetoric: Key Concepts in Contemporary Rhetorical Studies. Thousand Oaks: Sage Publications, 2001.
  • Kimbrough, Robert. Sir Philip Sidney. New York: Twayne Publishers, Inc., 1971.
  • Knauss, Daniel, Philip. “Love’s Refinement: Metaphysical Expressions of Desire in Philip Sidney and John Donne.” Master's Thesis submitted to the Faculty of the North Carolina State University. 25 November 2005.[3].
  • Leitch, Vincent B., Ed. The Norton Anthology of Theory and Criticism. New York: W. W. Norton & Company, Inc., 2001.
  • Lewis, C. S. English Literature in the Sixteenth Century, Excluding Drama. Oxford: Oxford University Press, 1954.
  • Maley, Willy. "Cultural Materialism and New Historicism." 8 November 2005
  • Mitsi, Efterpi. “The “Popular Philosopher”: Plato, Poetry, and Food in Tudor Aesthetics.” In Early Modern Literary Studies. 9 November 2004. [4].
  • Pask, Kevin. "The "mannes state" of Philip Sidney: Pre-scripting the Life of the Poet in England." 25 November 2005. [5].
  • Robertson, Jean. "Philip Sidney." In The Spenser Encyclopedia. eds. A. C. Hamilton et al. Toronto: University of Toronto Press, 1990.
  • Shelley, Percy Bysshe. "A Defence of Poetry." In Shelley’s Poetry and Prose: A Norton Critical Edition. 2nd ed. Eds. Donald H. Reiman and Neil Fraistat. New York: W. W. Norton & Company, 2002.
  • Sidney, Philip. A Defence of Poesie and Poems. London: Cassell and Company, 1891.
  • The Cambridge History of English and American Literature. Volume 3. Cambridge: Cambridge University Press, 1910.

外部リンク[編集]