ソネット連作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソネット連作(-れんさく、sonnet sequence)は、全体で長詩を成す、テーマのあるソネット集。スタンザ(詩節、連)とは異なり、各々のソネットは関連しているが、意味のある別々のユニットとして読むことができる。

ソネット連作はルネサンス期、大変人気のあるジャンルだった。ペトラルカがその基礎にあり、それを模倣するか、反対するかのどちらかだった。一般的に、遠くにいる恋人を求める話し手の不幸な恋がテーマで、これはトルバドゥールの「宮廷の愛」の伝統を受け継ぐものである。エドマンド・スペンサーの『アモレッティ』では、求婚は成就し、連作の最後は祝婚歌で終わる。

特筆しなければならないのは、多くのソネット連作は自叙伝風を装ってはいるものの、このジャンルは次第に様式化されたものとなり、その不自然さがウィットや独創性と戯れるその中に、ソネット連作は、エロティックなペルソナen:Persona)を作ることに移行していったということである。それゆえに、人によっては、その表現するものの他に、慣習と同じくらい人工的であるものを見ることもできるだろう。

イタリアのソネット連作[編集]

  • ダンテ・アリギエーリ新生』(1293年頃。ベアトリーチェへのソネット25篇。注釈、他の歌も含む)
  • ペトラルカのカンツォニエーレ(14世紀中頃。ラウラへのソネット227篇と、ラウラの死のソネット89篇。en:Il Canzoniere参照)

イギリスのソネット連作[編集]

16世紀から17世紀初期にかけて、イングランドで多数のソネット連作が作られた。

後世のソネット連作[編集]

19世紀から20世紀にかけて、ソネット連作の人気が復活したが、テーマはさまざまである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1964年から1968年の間に出版されたベリマンのソネット連作『Dream Songs』は385篇の十八行詩だが、ソネット連作と同じものと考えることもできる。

リンク[編集]