ヴァイオリン協奏曲 (エルガー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルガーヴァイオリン協奏曲ロ短調作品61は、1910年に作曲されたヴァイオリン管弦楽のための協奏曲。エルガーの作曲した最長の器楽曲の一つである。

曲の構成[編集]

通例どおりに以下の3楽章からなる。

  1. アレグロ
  2. アンダンテ
  3. アレグロ・モルト

非常に厳粛でロマンティックな作品であり、とりわけ第2楽章がそのような性質を持つ。第1楽章は古典的な協奏的ソナタ形式を踏まえて、オーケストラのみによる主題呈示部がもうけられ、ヴァイオリン独奏による主題の確保が後に続く。第3楽章はとりわけヴァイオリンの超絶技巧が要求され、ダブル・ストップや急速なアルペッジョ、さらに作曲者が考案した"ピツィカートトレモロ"が目立っている。所要時間は最低45分を要しており、おそらくヴァイオリン協奏曲の歴史の中で最長の作品の一つである(他には50分に及ぶアラン・ペッタションの「ヴァイオリン協奏曲2番」や、ノーカット版では60分弱におよぶレーガーのヴァイオリン協奏曲などがある)。

フリッツ・クライスラーに献呈されたが、クライスラーはあまりこの作品を好まなかったのか、録音を残していない。歴史的名ヴァイオリニストのうちこの作品を好んだのは、ヤッシャ・ハイフェッツであろう。ユーディ・メニューインは、作曲者自身の指揮によって録音を残した。その後もなかなか上演や録音の機会に恵まれなかったが、イダ・ヘンデルのほか、イツァーク・パールマンナイジェル・ケネディ、最近ではヒラリー・ハーンによって積極的に録音されるようになった。