グランヴィル・バントック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・グランヴィル・バントック(1913年撮影)

サー・グランヴィル・バントック(Sir Granville Bantock, 1868年8月7日 - 1946年10月16日)は、英国作曲家・音楽教師。

1908年から1934年までバーミンガム総合大学音楽科教授。異色の作曲家ハヴァーガル・ブライアンの親友として知られる。バーミンガム市交響楽団設立の際に発言力をもち、1920年9月の同楽団の初公演の際には、バントックの序曲《サウル》が上演された。1930年にナイトを受勲。

ヘブリディーズ諸島の民謡やワーグナーリムスキー=コルサコフR.シュトラウスの音楽に触発された作風をとる。バントック作品のいくつかは、カンタータ《オマル・ハイヤームのルバイヤート》(1906年-1909年)のようにエキゾチックな要素を持っている。より知られた作品に、演奏会用序曲《土壇場のピエロ》(The Pierrot of the Minute, 1908年)、《ヘブリディーズ交響曲》(Hebridean Symphony, 1915年)、《異教風交響曲》(Pagan Symphony, 1928年)がある。近年は録音を通じて積極的に再評価がなされつつある。