弦楽セレナード (エルガー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドワード・エルガー弦楽のためのセレナード ホ短調Serenade for Strings in E minor ) 作品20は、1892年に作曲された弦楽合奏のための楽曲である。

解説[編集]

本作はエルガーの作品のうちでも特に早い時期に広く認められた作品の1つである。1892年ごろのエルガーは、地元ウスターでアマチュア相手にピアノやヴァイオリンを教えたり指揮者を務めたりしていた。1888年にウスターのアマチュア団体を指揮して「弦楽オーケストラのための3つの小品」(Three pieces for string orchestra)を初演しているが、これが改作されて「弦楽セレナード」になったものと推測されている。「3つの小品」は「春の歌」(アレグロ)、「エレジー」(アダージョ)、「フィナーレ」(プレスト)からなるが、「セレナード」もやはり同様の構成となっている。

作品が「セレナード」として完成したのは1892年5月で、妻キャロライン・アリスに、3回目の結婚記念日のプレゼントとして贈られた。ただし、公式の献呈は友人のW・H・ウィンフィールドに対してである。

初演は、第2楽章「ラルゲット」のみが1893年4月7日ヘリフォードで行われ、全曲の初演はベルギーアントウェルペンで、1896年7月23日に行われた。ロンドン初演はエルガーが世界的作曲家としての名声を得てからの1905年3月5日、エルガー自身の指揮によりベヒシュタイン・ホールで行われた。

曲は3つの楽章からなる。全曲で約12分である。

  1. アレグロ・ピアチェヴォーレ(Allegro piacevole)
    ホ短調、八分の六拍子三部形式
  2. ラルゲット(Larghetto)
    ハ長調、四分の二拍子
  3. アレグレット(Allegretto)
    ト長調、八分の十二拍子(前半)/ホ長調、八分の六拍子(後半)

外部リンク[編集]