ユーディ・メニューイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーディ・メニューイン
Yehudi Menuhin
映画"Stage Door Canteen"(1943)より
映画"Stage Door Canteen"(1943)より
基本情報
出生 1916年4月22日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク
死没 1999年3月12日
ドイツの旗 ドイツベルリン
職業 バイオリンビオラ奏者
指揮者
著名使用楽器
1742年製グァルネリ・デル・ジェズー
(愛称「ロード・ウィルトン」)

ユーディ・メニューインYehudi Menuhin, 1916年4月22日ニューヨーク - 1999年3月12日ベルリン)はアメリカ合衆国出身のユダヤ系ヴァイオリンヴィオラ奏者、指揮者、音楽教師。年少の頃は演奏界における神童の象徴的な存在でもあった。

イギリス帰化し、長年の多方面にわたる国際的な音楽活動に対してサーの勲位を授与され、さらに貴族の称号であるロードも授与された。爵位名は、メニューイン男爵(Baron Menuhin of Stoke d'Abernon。なお、音楽家でロードの称号を授与されたのは、ほかにベンジャミン・ブリテンや、アンドリュー・ロイド・ウェバーなどがいる)。

日本では慣習的に「ユーディ」と呼んでいるが、これはメニューインのレコードが最初に発売された頃に日本ビクター蓄音器が制定した呼び方で、『ウェブスターの人名辞典』、『リーダース英和辞典』など著名な事典では「イェフディ」としている。Yehudiとはヘブライ語で「ユダヤ人」を意味する普通名詞の男性単数形である。また、姓はヘブライ語では「メヌーヒン」と発音するが、日本では「メニューヒン」と表記されることもある。

愛器は1742年製のグァルネリ・デル・ジェス(愛称「ロード・ウィルトン」)。

生涯[編集]

少年時代のメニューインと指揮者ブルーノ・ワルター

反シオニズムの立場を取るユダヤ人哲学者を父に生まれた。4歳からヴァイオリン教育を受ける。7歳でサンフランシスコ交響楽団と共演して初舞台を踏む。ルイス・パーシンガールッジェーロ・リッチの恩師)に学んだ後、パリジョルジュ・エネスコの、ドイツではアドルフ・ブッシュの薫陶を受ける。妹ヘプシバはピアニストで、しばしば兄妹で共演し、室内楽の録音を行った。

第二次世界大戦中は、他の多くのユダヤ系ヴァイオリニストと同じく、連合軍のために慰問活動に取り組んだ。1945年4月にはベンジャミン・ブリテンとともに、解放後のベルゲン・ベルゼン強制収容所において慰問演奏を開いている。

第二次大戦中、アメリカに亡命していたハンガリーの作曲家、ベラ・バルトークを深く尊敬し、貧困と病気に苦しむバルトークへの援助を兼ねたり、無伴奏ヴァイオリン・ソナタの作曲を依頼したりしている。バルトークはこれに応えて無伴奏ヴァイオリン・ソナタを作曲し、この作品をメニューインに献呈している。

1947年からドイツを再訪して、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーと共演した。メニューインは、「ヒトラーのドイツは滅びたのです」と言って、ドイツとの和解を呼びかけたが、彼のこうした姿勢はユダヤ人社会の憤激を買った。この為、ユダヤ系音楽家が支配的なアメリカ楽壇から事実上追放され、移住したイギリスを拠点に活動するようになる。イスラエルに対しても、晩年まで批判的な姿勢が見られた。(ヴィルヘルム・フルトヴェングラーロジェ・ガロディ等の項目を参照)

戦後間も無い1951年に、アメリカの親善大使として日本を訪れる。この初来日の際、当初はアメリカ人として日本に悪感情を持ち、日本の新聞記者に向かって、「ジャーナリストなら、真珠湾攻撃を知っていただろう?」と詰問したこともあった。しかし、この来日中、日本に対する感情が大きく変化し、大の親日家となった。後年、武満徹が、アンドレイ・タルコフスキーの死を悼んで作曲した弦楽合奏曲「ノスタルジア」を絶賛し、自らこの曲を演奏した。また、天皇家とも親交を持ち、皇后のピアノ伴奏でヴァイオリンを弾くなどしている。 この来日中に出会ったクツみがきの少年にバイオリンを贈ったという美談が朝日新聞に掲載されている。またこの創作童話が発行されている。『少年とバイオリン~音楽の神様からの贈り物~』(滝一平作、宇野亜喜良画、國分紘子解説、ヤマハミュージックメディア)

ソ連ユダヤ系演奏家と親しい関係を結び、ダヴィッド・オイストラフの初訪米を実現する為に、国務省の友人に協力を依頼したり、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチが、その反体制的な姿勢からソ連当局から嫌がらせを受け、出国を妨害された際には、自らソ連当局に圧力をかけるなど、共産主義体制下のソ連音楽家を支援している。

戦後にヴァイオリニストとして名声の頂点をきわめる一方、第二次大戦中の過労が原因で身体の故障にさいなまれ、しかも少年時代の集中的でない音楽教育の結果、芸術的にも困難を抱えるようになった。これらの難局を切り抜けるために坐禅ヨーガ菜食主義を実践し、壮年期になるまでソリストとしての活動に取り組んだ。

メニューインは精神世界に興味をもち、ユダヤ系ドイツ人哲学者のコンスタンティン・ブルンナーConstantin Brunner) の思想に深く傾倒した(ブルンナーがシオニズムに反対し、キリスト教に近い立場を貫いたことから、メニューインもヨーロッパ人の同化主義者の姿勢を選び、アイザック・スターンなどにくらべて、イスラエルの利害に対する関心が著しく低かった)。また、ヨーロッパの文化人、わけても音楽家では、インドの精神文化を初めて熱心に学んだのがメニューインであったとされる[要出典]1952年にヨガ行者アイアンガー(B.K.S. Iyengar)と親交を結び、アイアンガーがロンドンスイスパリなど、ヨーロッパ各地にヨガセンターを設立するのを支援した。

後半生ではヴァイオリニストとしての活動よりも、指揮や音楽教育に献身した。1962年サリーユーディ・メニューイン音楽学校を開設、またその頃に、カリフォルニア州ヌエヴァ・スクールにも新たな音楽カリキュラムを導入した。著名な門弟にナイジェル・ケネディアテフ・ハリムがいる。

晩年にはクラシック以外の分野とも交流し、1980年代にジャズ・ヴァイオリニストのステファン・グラッペリジャズ・アルバムの制作に参加、またシタール奏者ラヴィ・シャンカールと共演でその室内楽曲を録音した。

1985年にイギリスに帰化。1965年にすでに英国王室より叙勲されていたが、国籍変更により正式にサーの称号と「メニューイン男爵」を名乗ることが許される。1990年には長年の音楽活動に対して、グレン・グールド賞を授与された。

他方面の事柄に関心を示し、丸山ワクチンへの関心、晩年、ホロコーストに疑問を投げかけたフランスの左翼系哲学者ロジェ・ガロディを支持したことなど、物議をかもす言動も見られた。(ホロコースト否認参照)

1999年気管支炎の悪化によりベルリンで他界。82歳。

メニューインの死後、英国の王立音楽アカデミーにメニューイン音楽文庫 the Yehudi Menuhin Archive が開設された。