クシシュトフ・ペンデレツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クシシュトフ・ペンデレツキ
Krzysztof Penderecki
}
基本情報
出生 1933年11月23日(80歳)
ポーランドの旗 ポーランドクラクフ
学歴 ヤギェウォ大学
クラクフ音楽アカデミー
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家指揮者

ヴェーベルンブーレーズ(初期)
ショスタコーヴィチ(新ロマン主義以降)

ペンデレツキの胸像

クシシュトフ(またはクリシュトフ・ペンデレツキKrzysztof Penderecki 1933年11月23日 - )は、ポーランド作曲家指揮者クラクフ生まれのユダヤ系[要出典]ポーランド楽派の主要作曲家の1人である。

作風[編集]

ダルムシュタット語法によらない初期の電子音楽における経験から発想されたオーケストラを用いたトーン・クラスター特殊奏法だけの刺激的な音響作曲法に大きな特徴があった。

創作の頂点とされる「ルカ受難曲」やオペラ「ルダンの悪魔」を書き上げた後は新ロマン主義へ傾倒し、作風を古典的なものへ回帰させていった。新ロマン主義へ傾倒してからは、まずショスタコーヴィチの影響を受けたと語っている。ショスタコーヴィチが得意とした引用による影響で、ペンデレツキは自作曲でしばしば自作、他作からの引用を行っている。交響曲第2番はその典型例である。また多くの作品で半音階的な進行を多用することに特徴がある。 主にオーケストラの客演が非常に多く、自作の指揮を手がける傍ら、古典作品も振る指揮者でもある。最近の音楽は「クレード」などのカトリック宗教音楽が多い。

主要作品[編集]

オペラ[編集]

交響曲[編集]

管弦楽曲[編集]

金管と打楽器のための作品[編集]

協奏曲[編集]

ヴァイオリンと管弦楽のための作品[編集]

チェロと管弦楽のための作品[編集]

  • チェロ協奏曲第1番(1972年)
  • チェロ協奏曲第2番(1982年)
  • 合奏協奏曲(2000年-2001年)
  • ラルゴ(2003年)
  • チェロと管弦楽のためのソナタ(1964年)

その他[編集]

  • フルートと室内管弦楽のための協奏曲(1992年)
  • ピアノ協奏曲「復活」(2001年 - 2002年)
  • ホルン協奏曲「冬の旅」(2008年)

吹奏楽曲[編集]

室内楽曲[編集]

  • 弦楽四重奏曲第1番 1960年
  • 弦楽四重奏曲第2番 1968年
  • 弦楽三重奏曲 1991年
  • 六重奏曲

合唱曲[編集]

  • ルカ受難曲(1965年)
  • 怒りの日(アウシュヴィッツで殺害された人々の思い出に捧げるオラトリオ)(1967年)
  • ウトレンニャ(1971年)
  • ポーランド・レクイエム(1980-84年)
  • コスモゴニア(1970年)
  • 来たれ、創造主(1987年)
  • ベネディクトゥス(1993年)
  • カディッシュ(2009年)