アトリエ・ワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
貝島桃代から転送)
移動: 案内検索

アトリエ・ワンは、日本建築家ユニットで、1992年に結成された。個人住宅を中心に建築、デザイン活動を行っているが、他にも、都市空間フィールドワークや美術展の活動などもしている。

概要[編集]

「アトリエ・ワン」の「ワン」は、数の「One」ではなく、「ワン!」という犬のほえ声である。だから例えば、これを英語表記すれば「Atelier Bow-Wow」、中文表記すれば「犬吠工作室」となり、言語によって(つまり、犬の鳴き声の表現が言語、文化ごとに違うので)、表記が異なってくる。

建築評論家の飯島洋一によって、「ユニット派」の一員として批判的に評され[1]、その後、アトリエ・ワンといえばユニット派、という風に見られるようになった。しかし、当の本人たちや、同じく建築評論家の五十嵐太郎やライターの永江朗[2]は、的確でないとして否定的に飯倉の論を見ている。

Team Made In Tokyo (TMIT) を結成し、その1996年からの成果をウェブサイトで発表、2001年に鹿島出版会から『メイド・イン・トーキョー』を出版した。これは、東京をフィールドワーク、観察するものであり、そこで発見した効率、実利に偏重した独特で奇妙な建築を集めている。また、東京工業大学塚本研究室とのプロジェクトで、「ペット・アーキテクチャー」という用語を提唱している。これは、東京の建物と建物の隙間などに建てられた「犬小屋以上兎小屋以下」の建築のことで、プロジェクトで積極的に観察を行っている。この成果は、2000年10月の展覧会での発表を経て、2001年にワールド・フォトプレスから『ペット・アーキテクチャー・ガイドブック』としてまとめられた。このように、アトリエ・ワンは土木建築を含めた無名の建築にも着目し、有名な建築と同等に、それを自らの建築にいかしているのが、ひとつの特徴といえる。

構成人物[編集]

塚本 由晴
(つかもと よしはる、1965年1月20日 - )は、建築家。神奈川県茅ヶ崎市に生まれる。1987年に、東京工業大学工学部建築学科を卒業。大学時代は、坂本一成の研究室に所属していた。1987年から一年間に渡ってパリ建築大学ベルヴィル校に留学。1992年に、貝島とアトリエ・ワン結成にいたる。1994年、東京工業大学大学院博士課程(工学)を修了。現在は、アトリエ・ワンでの活動とともに、東京工業大学建築学科の助教授を務めている。
貝島 桃代
(かいじま ももよ、1969年8月2日- )は、建築家。東京都新宿区に生まれる。1991年、日本女子大学住居学科を卒業。そして1992年に、塚本とアトリエ・ワンを結成。1994年、東京工業大学大学院修士課程(工学)を修了。1996年から1997年まで、スイス連邦工科大学の奨学生となっている。2005年から2007年まで、スイス連邦工科大学客員教授に着任。2000年から、筑波大学芸術学専任講師を務めている。

元構成人物[編集]

寺内 美紀子
(てらうち みきこ、1966年 - )は、建築家。香川県に生まれる。1989年、九州大学工学部建築学科を卒業。1992年に東京工業大学大学院修士課程を修了し、1994年から2001年まで、東京工業大学の技術補佐員と助手(1997年4月から)を務める。2001年4月、アトリエ・ワンに加入、共同主宰となったが、2003年5月に脱退、6月に寺内美紀子建築設計事務所を設立して代表に就任、独立した。2005年4月から2012年3月まで茨城大学工学部都市システム工学科助教授(その後准教授)。2012年4月から信州大学建築学科の准教授を務めている。

主な建築作品[編集]

ルイジアナ近代美術館での展示作品(2006年)

以下に代表作を挙げる。

著書[編集]

以下以外にも、共著物がある。

  • もっと小さな家、アトリエ・ワン、2001年
  • ペット・アーキテクチャー・ガイドブック、ワールド・フォトプレス、2001年
  • メイド・イン・トーキョー、鹿島出版会、2001年
  • 「小さな家」の気づき、2003年、王国社 - 塚本個人の著作
  • ブロークン・パリ、Batofar、2001年
  • アトリエ・ワン・フロム・ポスト・バブル・シティ、INAX出版、2006年
  • 図解アトリエ・ワン、TOTO出版、2007年

アトリエ・ワン出身の建築家[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 飯島洋一「<崩壊>のあとで:ユニット派批判」『JT 新建築住宅特集』2000年8月号、新建築社、「反フラット論:<崩壊>のあとで2」『新建築』2001年12月号、新建築社
  2. ^ 永江朗『批評の事情:不良のための論壇案内』原書房、2001年

参考文献[編集]

  • 永江朗「アトリエ・ワン:アトリエという名のユニット」『平らな時代:おたくな日本のスーパーフラット』原書房、2003年10月 - 塚本、貝島両者への、永江のインタビュー記事。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]