アイザック・スターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1980年撮影のスターン

アイザック・スターンIsaac Stern, 1920年7月21日 - 2001年9月22日)はユダヤ系ヴァイオリニストである。

生涯[編集]

アイザック・スターンはウクライナ語名イサーク・ステルンИсаак Стерн)としてウクライナのクレメネツに生まれるが、1歳2ヶ月のとき、家族に連れられサンフランシスコに移住する。母親から音楽の早期教育を受け、早くも1928年でサンフランシスコ音楽院に入学、ヴァイオリンをナフム・ブリンダーに学ぶ。1936年2月18日サン=サーンスの≪ヴァイオリン協奏曲 第3番≫を、モントゥ指揮のサンフランシスコ交響楽団と共演して、デビューを果たす。初演後、初演者と作曲者の恋愛関係から演奏される事のなかったバルトークヴァイオリン協奏曲第1番を初演者の依頼によって再演奏し、世界に知らせた。戦後間も無い時期から度々日本を訪れる。小澤征爾などの日本人演奏家と親交を持っていた。

1979年中国政府に招かれ、演奏旅行のかたわら、中国各地でヴァイオリンの指導を行う。その模様はフィルムに収録され、「毛沢東からモーツァルトへ(From Mao to Mozart)」と題されたドキュメンタリーは、翌年のアカデミー賞ベスト・ドキュメンタリー部門でオスカーに輝いた。新進演奏家の擁護者でもあり、なかでもイツァーク・パールマンピンカス・ズーカーマンシュロモ・ミンツヨーヨー・マジャン・ワンはスターンの秘蔵っ子たちで、しばしば共演を重ねてきた。1960年には、カーネギー・ホールが解体の危機に見舞われた際、救済活動に立ち上がった。そのため現在、カーネギー・ホールのメイン・オーディトリアムはスターンの名がつけられている。また、ユダヤ人として、イスラエルに強い共感を示し、映画『屋根の上のバイオリン弾き』では役者の代わりに自らヴァイオリンを弾いている。

ユダヤ人としてイスラエルに強い共感を示し続けたが、晩年、中東和平を推進したイスラエルのバラク政権を支持した事や、戦後永く訪れなかったドイツを訪れ、ドイツ人との和解に努めた事も注目される。特に、スターンがバラク政権を支持した事は、アメリカのユダヤ人社会に波紋を広げたと言われる。

1996年より始まる宮崎国際音楽祭では、初代音楽監督に就任しており、2002年には宮崎県より県民栄誉賞を遺贈された。また同年、音楽祭での功労を称えて、宮崎県立芸術劇場コンサートホールは、宮崎県立芸術劇場アイザックスターンホールと改称された。2000年には80歳で来日し、日本で来日記念アルバムも発売された。

2001年9月22日、その11日前に発生したアメリカ同時多発テロ事件で全米が騒然とする中、その渦中にあったニューヨーク心不全の為、亡くなった。晩年、日本国により勲三等旭日中綬章を授与されている。

音楽[編集]

スターンは、古典的な数々の協奏曲(バッハベートーヴェンメンデルスゾーンブラームス)の演奏・録音で有名である。それに加えて、アルバン・ベルクバルトークイーゴリ・ストラヴィンスキーサミュエル・バーバーレナード・バーンスタインアンリ・デュティユーなどの20世紀の協奏曲も演奏・録音した。

室内楽でも、ユージン・イストミンレナード・ローズと組んでピアノ・トリオの演奏や録音を行った。さらに、1992年には、エマニュエル・アックスハイメ・ラレードヨーヨー・マと共演したブラームスの室内楽のCDが、同年のグラミー賞に輝いている。

なお息子マイケル指揮者としてヨーロッパで活動中。

関連項目[編集]