レナード・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leonard Rose 1961.jpg

レナード・ローズLeonard Rose, 1918年7月27日 - 1984年11月16日[1][2]アメリカ合衆国チェロ奏者。20世紀のアメリカ人チェリストの中では、世界的な幅広い知名度を得た最高の演奏家のひとりと認められている。

ワシントンD.C.に生まれ、少年時代からワルター・グロスマン (Walter Grossman)、フランク・ミラー (Frank Miller)、フェリックス・ザルモンド (Felix Salmond)に学んだ。20歳でフィラデルフィアカーティス音楽院を卒業したのち、トスカニーニ時代のNBC交響楽団に加わり、すぐに首席チェリストに抜擢された。21歳でクリーヴランド管弦楽団の、26歳でニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団の首席チェリストに任命された。

1951年以降はソリストとして数多くの録音を行い、ジョージ・セルブルーノ・ワルターユージン・オーマンディレナード・バーンスタインらの指揮者と共演した。また、アイザック・スターンユージン・イストミンらと結成したピアノ三重奏団は名高く、彼らとともに録音したベートーヴェンピアノ三重奏曲全集は、1971年度のグラミー賞最優秀室内楽部門に輝いた。

長年ジュリアード音楽院やカーティス音楽院、イワン・ガラミアンのメドウマウント夏期講習会での指導を通じて、アメリカのチェロ教育に消しがたい足跡を残している。門人の多くが多くのアメリカのオーケストラで楽団員を勤めているだけでなく、ソリストとして活躍するものも少なくない。とりわけリン・ハレルヨーヨー・マは有名な門弟である。

ニューヨーク州ホワイト・プレインズ白血病のために他界した。

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]