クラウディオ・アバド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウディオ・アバド(アッバード)
Claudio Abbado - L'Aquila - 2012 - 2.jpg
基本情報
出生名 Claudio Abbado
出生 1933年6月26日
学歴 ミラノ音楽院
ウィーン音楽院
出身地 イタリア王国の旗 イタリア王国 ミラノ
死没 2014年1月20日(満80歳没)
イタリアの旗 イタリア ボローニャ
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 1959年 - 2013年
レーベル ドイツ・グラモフォン

クラウディオ・アバド(またはアッバードClaudio Abbado[1], 1933年6月26日 - 2014年1月20日[2])は、イタリアミラノ出身の指揮者である。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

1933年にミラノの音楽一家に生まれる。父のミケランジェロ・アバドはイタリア有数のヴァイオリンの名教育者であり、ヴェルディ音楽院の校長を務めた。19歳の時には父と親交のあったトスカニーニの前でJ.S.バッハの協奏曲を弾いている。

指揮者としてデビュー[編集]

ヴェルディ音楽院を経て、1956年からウィーン音楽院(現ウィーン国立音楽大学)で指揮をスワロフスキーに学んだ。1959年に指揮者デビューを果たした後、カラヤンに注目されてザルツブルク音楽祭にデビューする。ベルリン・フィルやウィーン・フィル、シカゴ、ドレスデンなどの桧舞台に早くから客演を重ね、確実にキャリアを積み重ねていく。

ミラノ・スカラ座時代[編集]

1968年にミラノ・スカラ座の指揮者となり、1972年には音楽監督、1977年には芸術監督に就任する。イタリア・オペラに限らず広大なレパートリーを高い質で提供しつつ、レコーディングにも取り組んだ。スカラ・フィルハーモニー管弦楽団を設立してオーケストラのレベルを格段に上げたことは特筆される。ウィーン転出を機に1986年に辞任する。なお、アバドはイタリア・オペラでもプッチーニヴェリズモ・オペラは取り上げないなど、独自のこだわりを持っている。

ロンドン時代[編集]

イギリスでも1979年に、ロンドン交響楽団の首席指揮者、1983年には同楽団の音楽監督となった。レコーディングはさらに増え、楽団員と良好な関係を築きオーケストラのモチベーションを引き上げることに成功する。押しも押されもせぬ世界のトップクラスに躍り出ていよいよ黄金期を迎えるという矢先、アバドが契約延長をしないことを発表した。楽団員は延長を望んでいたこともあり、失望は大きかった。その後、再演の目処は立っていない。

ウィーン時代[編集]

1986年には、ウィーン国立歌劇場音楽監督に就任し、音楽面に専念する形でグローバル化を図った。ムソルグスキー等のオペラを頻繁に取り上げ、レパートリー拡充に尽力した。また、必然的にウィーン・フィルとの共演も増え、ベートーヴェンの交響曲全集など数々のレコーディングが実施された。しかし伝統を重視するエバーハルト・ヴェヒターが総監督に就任すると、1991年に辞任した。

ベルリン・フィル時代[編集]

1990年、マゼールなど他に様々な有力指揮者らの名前が挙がった中、カラヤンの後任として選出されベルリン・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督に就任し、名実共に現代最高の指揮者としての地位を確立した。ベルリン・フィルとの組み合わせでの初来日は1992年(同行ソリストはムローヴァブレンデル)。同芸術監督には2002年まで在任した。アバド時代のベルリン・フィルについて、アバドの音楽的功績や指導力については評価はかなり様々である。これは後任のラトルとの比較などにおいて、次第に定まってくるであろう。在任年間の後期の成熟期におけるベルリン・フィルとの録音として、ベートーヴェン交響曲全集(2回目・3回目)や、ヴェルディレクイエムマーラー交響曲第7番第9番ワーグナー管弦楽曲集、等々がある。現代音楽もいくつか録音されており、世界最高の名器たる実力を余す所なく披露している。

ベルリン・フィル退任以降[編集]

2000年に胃癌で倒れ、以後の活動が懸念されたが、手術を受けて健康状態は持ち直し、ベルリン・フィル辞任後も新たな活動を続けている。2003年以降はルツェルン祝祭管弦楽団などや、自身が組織した若手中心のオーケストラ(マーラー室内管弦楽団モーツァルト管弦楽団等)と活動することが多い。ベルリン・フィルへも定期的に客演を行っているが、ウィーン・フィルとは、同団特有のローテーション制(リハーサルと本番で違う奏者が出てきたりする)に関する意見の相違から、疎遠となっている。2006年にルツェルン祝祭管弦楽団と来日、ルツェルン・フェスティバル・イン・東京の一環としてサントリーホールにてオーケストラ公演が行われた。夏のルツェルンにての公演でも高い評価を得ていたブルックナー交響曲第4番の演奏がとりわけ評判となった。

2014年1月20日、ボローニャの自宅で胃癌により80年の生涯を閉じた

人物[編集]

楽曲解釈は知的なアプローチをとるが、実際のリハーサルではほとんど言葉を発さず、あくまでタクトと身体表現によって奏者らの意見を募る音楽を作っていくスタイルだという(エマニュエル・パユなどの証言)。比較的長めの指揮棒でもって描かれる曲線は力強くかつ繊細であり、自然なアゴーギクとともに、色彩豊かな音楽を表現するのが特徴である。晩年は大きな音を出すのを嫌ってウィーン・フィルなどには敬遠された。[要出典]

同郷のピアニスト、ポリーニとの長きにわたる交友関係でも知られる。それぞれに現代最高の音楽家の一人として大成した両者の共演による諸作曲家のピアノ協奏曲の演奏・録音は、ひとつの音楽的方向性における頂点を描き出しているといってもよい。また、マルタ・アルゲリッチとも多くの録音がある。原典版の「禿山の一夜」や「ボリス・ゴドゥノフ」やショスタコーヴィチ版の「ホヴァーンシチナ」のレコーディングを行うなど、ムソルグスキーフリークとしても有名である。

一時期不仲が伝えられたリッカルド・ムーティとは、音楽祭や若手オーケストラを通じて交流が始まっており、お互いに尊敬の念を伝え合うなど関係は良好である。ヴァイオリニストのクレーメルとは相性が悪かったらしく、クレーメルの自伝でアバドとマゼールは無能扱いされている。オペラ監督のダニエル・アバドは息子、指揮者のロベルト・アバドは甥である。一時期ヴィクトリア・ムローヴァと不倫関係にあり、ウィーンで4年間生活を共にしていた。ムローヴァとの間に女児がいる。

生涯プッチーニの作品は演奏しなかったが、その理由として、2003年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した際の記者会見で、「プッチーニが嫌いなわけではない。ただ、私は革新にひかれる」と答えている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 発音例 - 発音ガイド Forvo
  2. ^ È morto Claudio Abbado、il POST、2014年1月20日

外部リンク[編集]