ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Gianandrea Gavazzeni
基本情報
出生 1909年7月25日
死没 1996年2月5日(満86歳没)

ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ(Gianandrea Gavazzeni、1909年7月25日 - 1996年2月5日)は、イタリア指揮者作曲家ロンバルディア州ベルガモの生まれ。

略歴[編集]

ローマ聖チェチーリア音楽院ミラノ音楽院に学ぶ。1948年から約50年間にわたりミラノスカラ座の首席指揮者であり、1965年から1968年には芸術監督を務めた。イタリア・オペラに通暁し、伝統を守る存在だった。1976年にはヴェルディ椿姫を指揮し、ニューヨークメトロポリタン歌劇場でのデビューを果たした。また作曲家としてはコンチェルト・ベルガマスコ等のいくつかの協奏曲独奏曲を書き、評論家としても活躍した。

死後、スカラ座は、ベートーヴェン交響曲第3番『英雄』の第2楽章をリッカルド・ムーティの指揮で演奏し、その業績を称えた。アルトゥーロ・トスカニーニが亡くなって以来のことである。

関連項目[編集]