大西順子 (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大西 順子
基本情報
出生名 大西 順子
出生 1967年4月16日(47歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府城陽市
学歴 バークリー音楽院卒業
ジャンル ジャズ
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1989年 - 現在
レーベル EMIミュージック・ジャパン1992年 - 2000年
ユニバーサル クラシックス アンド ジャズ2009年 - 現在)
公式サイト 大西順子 公式サイト
セロニアス・モンク

大西 順子(おおにし じゅんこ、1967年4月16日 - )は日本ジャズピアニスト京都府城陽市出身。

来歴[編集]

  • 1967年京都府久世郡城陽町(現・城陽市)生まれ。4歳からピアノを始める。東京都立国立高等学校に在籍中、兄が持っていたセロニアス・モンクのレコードを聴いて衝撃を受け、ジャズに開眼。卒業後渡米し、ボストンのバークリー音楽院に学ぶ。
  • 1989年 バークリーを首席で卒業後、ニューヨークに移る。アップタウンのジェシー・デイヴィス・クインテットのレギュラー・ピアニストとして活躍。
  • 1991年 ジョー・ヘンダーソン・カルテットのピアニストとして米国、日本をツアー。
  • 1992年 日本へ帰国。バークリー時代の仲間とトリオを結成し、都内ジャズ・スポットなどで活動を始める。同年9月デビューアルバム「ワウ(WOW)」をレコーディング。
  • 1993年 「ワウ(WOW)」発売。大反響を巻き起こし、ジャズ・レコードとしては異例の5万枚のセールスを記録。
  • 1994年 ニューヨークの名門ジャズ・クラブヴィレッジ・ヴァンガードに、日本人として初めて自分のグループを率いて出演する(1週間公演)。この演奏はライブ・レコーディングもされた。10月からは、初の欧州ツアーも成功させる。
  • 1995年 出光音楽賞受賞。
  • 1996年 ジャッキー・マクリーンとの共演盤「ハット・トリック」発売。自己の日本人トリオを率いてモントルー・ジャズ・フェスティバルに参加。
  • 1999年 フィル・ウッズとの共演盤「クール・ウッズ」発売。同年10月、ブルーノート・クラブ・ツアーを実施。
  • 2000年 3月の大阪公演を最後に、活動休止。
  • 2005年 4月5日 大野俊三帰国ツアーに参加し、演奏活動再開。
  • 2007年 ソロ・コンサートなども開催し、復帰後の活動が活発化。
  • 2009年 7月22日 11年ぶりのリーダー作となる「Musical Moments/楽興の時」発売。
  • 2012年 8月20日 10月22日からの国内ツアー終了を以て、プロ演奏家からの引退を表明。
  • 2013年 8月-9月 サイトウ・キネン・フェスティバル松本において「サイトウ・キネン ジャズ勉強会」の講師を務め、9月6日には小澤征爾の指揮するサイトウ・キネン・オーケストラガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」を共演した[1]

TV出演[編集]

  • J-MERO(NHK総合テレビ)2010年9月20日

ディスコグラフィ[編集]

アルバム(リーダー作)[編集]

アルバム(ベスト)[編集]

アルバム(共作・ゲスト参加)[編集]

  • 1994年02月23日 『J5』 向井滋春Jクインテット・フィーチャリング・大西順子
  • 1995年06月21日 『SHADES OF BLUE/シェイズ・オブ・ブルー』 オムニバス
  • 1996年05月22日 『HAT TRICK/ハット・トリック』 ジャッキーマクリーン・フィーチャリング・大西順子
  • 1997年02月19日 『TENOR TIME/テナー・タイム』 ジョー・ロヴァーノ
  • 1997年04月28日 『The Sextet』 大西順子、岡崎好朗、多田誠司、川嶋哲郎、荒巻茂生、原大力

 大西順子がプロデュース。

  • 1997年06月18日 『THE GIG』 多田誠司カルテット

 大西順子はプロデュースのみ。

  • 1998年02月17日 『SHADES OF RED/シェイズ・オブ・レッド』 オムニバス
  • 1998年02月17日 『Hidden Kingdom』 ロドニー・ウィテカー
  • 1998年03月25日 『PANDORA/パンドラ ~ ジャズ・ワークショップ・プレゼンツ』 大西順子、岡淳、日野元彦、五十嵐一生、川嶋哲郎、池田篤、本田珠也、吉田桂一、緑川英徳

 大西順子がプロデュース。

  • 1999年04月28日 『cool woods/クール・ウッズ』フィル・ウッズ
  • 2008年12月26日 『SOMETHING BLUE/サムシング・ブルー』 オムニバス

映像作品[編集]

  • 1997年04月16日『JUNKO ONISHI TRIO at the Montreux Jazz Festival』TOSHIBA EMI LD TOLW-3253, VHS

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「厚木からの長い道のり --小澤征爾が大西順子と共演した『ラプソディー・イン・ブルー』」(村上春樹著、『考える人』2013年秋号収録)

外部リンク[編集]