CDショップ大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CDショップ大賞
受賞対象 優秀な歌手とその楽曲
主催 全日本CDショップ店員組合
日本の旗 日本
初回 2009年
テンプレートを表示

CDショップ大賞日本の音楽賞である。全日本CDショップ店員組合が主催し、全国のCDショップ店員の投票のみで各賞が選ばれる。『本屋大賞の音楽版』と称される[1][2]

概説[編集]

選考基準[編集]

この国には、過小評価されている音楽が多すぎる。」という問題意識の下、CDショップ店員が勧める音楽や客に聴いてもらいたい音楽を選ぶ。第2回からの選考基準や方法は基本的に第1回を踏襲している。

投票資格者・投票方法[編集]

新譜を扱うCDショップの店員(アルバイト、パート含む)が投票を行う。投票はウェブ、携帯電話サイト、FAXで行う。

審査[編集]

一次審査
  • 1人3作品を選んで投票する。
  • 一次審査の集計により上位20作品をノミネート作品として二次審査の対象とする。同票同点の場合は20作品を超える場合がある。
二次審査
  • 投票者は一次審査で選ばれたノミネート作品を全て聴いた上で投票を行う。
  • 上位3作品に順位をつけて投票する。
  • 投票換算はポイント制である。第1回は1位が3ポイント、2位が2ポイント、3位が1ポイントであったが、実行委員会の検討の結果、もっと差をつけた方がよいという結論に至り、第2回から1位が4ポイントに変更になった。

授賞式[編集]

第1回の授賞式は渋谷HMV店内で行われた。第1回の時点では賞に対するレコード会社やCDショップ店員の認知が低く、ステイタスの面でもこれからという段階であった。そのことからメディアの注目も低く、授賞式に現れたのは大橋トリオの1人だけという寂しい内容になった[2]。第2回は賞のセールス効果を見たレーベルや第1回に参加しなかったショップ店員の協力を得ての開催となった。授賞式はSHIBUYA BOXXで行われ、大賞のTHE BAWDIESと準大賞の清竜人が参加しライブパフォーマンスを行った[2]

これまでに洋楽賞受賞者が授賞式に訪れたことはないが、第2回の大賞受賞者レディー・ガガが「Arigato!」と書いた色紙を送り、準大賞のダイアン・バーチがビデオメッセージでコメントしている[2]

開催日時[編集]

審査日程 授賞式(会場)
一次 二次
第1回 2009年 2008年11月17日 - 2009年1月20日 2009年2月6日 - 3月8日 2009年5月12日(渋谷HMV店内)
第2回 2010年 2009年11月2日 - 11月18日 2009年11月26日 - 12月9日 2010年1月21日(SHIBUYA BOXX)
第3回 2011年 2010年10月4日 - 10月18日 2010年11月10日 - 11月22日 2011年1月20日(渋谷WWW)
第4回 2012年 2011年12月10日 - 12月20日 2012年1月10日 - 1月20日 2012年1月20日(SHIBUYA BOXX)
第5回 2013年 2012年6月20日 - 7月3日 2012年12月7日 - 12月17日 2013年3月7日(Zepp DiverCity Tokyo)
第6回 2014年 2013年6月20日 - 7月3日 2013年12月1日 - 12月15日 2014年3月6日(Zepp Tokyo)
第7回 2015年 2014年6月20日 - 7月3日 2014年12月1日 - 12月15日 2015年3月9日(Future SEVEN)

受賞者一覧[編集]

邦楽[編集]

大賞[編集]

回数 歌手名 作品名
第1回 2009年 相対性理論 シフォン主義
第2回 2010年 THE BAWDIES THIS IS MY STORY
第3回 2011年 andymori ファンファーレと熱狂
第4回 2012年 ももいろクローバーZ バトル アンド ロマンス
第5回 2013年 MAN WITH A MISSION MASH UP THE WORLD
第6回 2014年 マキシマム ザ ホルモン 予襲復讐
第7回 2015年 BABYMETAL BABYMETAL

準大賞[編集]

回数 歌手名 作品名
第1回 2009年 大橋トリオ THIS IS MUSIC
Perfume GAME
第2回 2010年 清竜人 PHILOSOPHY
Superfly Box Emotions
第3回 2011年 神聖かまってちゃん 友だちを殺してまで。
世界の終わり EARTH
秦基博 Documentary
第4回 2012年 星野源 エピソード
第5回 2013年 きゃりーぱみゅぱみゅ ぱみゅぱみゅレボリューション

最優秀新人賞[編集]

第6回より開始。

回数 歌手名 作品名
第6回 2014年 KANA-BOON DOPPEL
僕がCDを出したら

BEST ARTIST賞[編集]

第7回より開始。

回数 歌手名 作品名
第7回 2015年 ゲスの極み乙女。 みんなノーマル
魅力がすごいよ

入選[編集]

回数 歌手名 作品名
第1回 2009年 宇多田ヒカル HEART STATION
HY HeartY
SAKEROCK ホニャララ
秦基博 ALRIGHT
pupa floating pupa
Mr.Children SUPERMARKET FANTASY
第2回 2010年 阿部真央 ふりぃ
サカナクション シンシロ
椎名林檎 三文ゴシップ
ハナレグミ あいのわ
FACT FACT
ユニコーン シャンブル
RADWIMPS アルトコロニーの定理
第3回 2011年 小林太郎 Orkonpood
サカナクション kikUUiki
ナオト・インティライミ Shall we travel??
七尾旅人 billion voices
FAT PROP THE DIE IS CAST
星野源 ばかのうた
The Mirraz TOP OF THE FUCK'N WORLD
第4回 2012年 熊谷育美 その先の青へ
サカナクション DocumentaLy
高橋優 リアルタイム・シンガーソングライター
back number スーパースター
MAN WITH A MISSION MAN WITH A MISSION
第5回 2013年 クリープハイプ 死ぬまで一生愛されてると思ってたよ
SEKAI NO OWARI ENTERTAINMENT
七尾旅人 リトルメロディ
back number blues
米津玄師 diorama
第6回 2014年 クリープハイプ 吹き零れる程のI、哀、愛
ゲスの極み乙女。 踊れないなら、ゲスになってしまえよ
サカナクション sakanaction
パスピエ 演出家出演
Perfume LEVEL 3
星野源 Stranger
miwa Delight
ONE OK ROCK 人生×僕=
第7回 2015年 片平里菜 amazing sky
きのこ帝国 フェイクワールドワンダーランド
くるり THE PIER
坂本慎太郎 ナマで踊ろう
椎名林檎 日出処
back number ラブストーリー
MAN WITH A MISSION Tales of Purefly
米津玄師 YANKEE

地方賞[編集]

第2回より開始。甲信越・北陸は第5回までは甲信越。

回数 歌手「作品名」
北海道 東北 関東 甲信越北陸 東海 関西 中国四国 九州 沖縄
第2回 2010年 sleepy.ab
paratroop
YHE YOUTH
Rain The Rainbow
harmonic hammock
ハローとグッバイ
OGRE YOU ASSHOLE
フォグランプ
OGRE YOU ASSHOLE
「フォグランプ」
モーモールルギャバン
野口、久津川で爆死
CHEESE CAKE
強がり虫*寝グセ
第3回 2011年 サトウヨシアキ
cacoi
ソンソン弁当箱
ロマンの日本
SuiseiNoboAz
SuiseiNoboAz
Coba-U
童謡レゲエII
小林太郎
Orkonpood
chaqq
Pleasure
simploop
unlock
awamok
ミチノセカイ
第4回 2012年 サノトモミ
ミッドナイト エクスプローラー
熊谷育美
その先の青へ
玲里
KISS AND FLY
Negicco
GET IT ON!
cinema staff
cinema staff
N'夙川BOYS
PLANET MAGIC
宇宙人
お部屋でミステリーサークル
mahos
icicles
第5回 2013年 Ao
Trigger of Life
THE YOUTH
SYNCHRONICITY
なつし聡
キャッチボール~ソングブック・オブ・マイ・ライフ
a crowd of rebellion
Hydrangea
みそっかす
異次元からの来訪者
tricot
小学生と宇宙
ひめキュンフルーツ缶
恋愛ミラクル!!
LinQ
Love in Qushu 〜LinQ 第一楽章〜
第6回 2014年 Drop's
DAWN SIGNALS
ひとりぼっち秀吉BAND
道しるべ
Charisma.com
アイ アイ シンドローム
noid
so are millions of us
THREE LIGHTS DOWN KINGS
LiVERTY
THE ORAL CIGARRETES
オレンジの抜け殻、私が生きたアイの証
四星球
COMICBAND 〜アホの最先端〜
CHEESE CAKE
C
きいやま商店
ダックァーセ!
第7回 2015年 FOLKS
NEWTOWN
PLASTIC GIRL IN CLOSET
eye cue rew see
シャムキャッツ
AFTER HOURS
GLIM SPANKY
焦燥
04 Limited Sazabys
monolith
フレデリック
oddloop
RED in BLUE
NEW AGE
戸渡陽太
プリズムの起点
Manami
シャングリラ
Family Basik
A False Dawn And Posthumous Notoriety
四星球
もはやCDではない

ニューブラッド賞[編集]

第4回より開始。

回数 歌手名 作品名
第4回 2012年 Fear, and loathing in Las Vegas NEXTREME
Ye Ye 朝を開けだして、夜をとじるまで
第5回 2013年 WHITE ASH Quit or Quiet
第6回 2014年 KANA-BOON DOPPEL
僕がCDを出したら
キュウソネコカミ ウィーアーインディーズバンド!!

マエストロ賞[編集]

第4回より開始。

回数 歌手名 作品名
第4回 2012年 山下達郎 Ray Of Hope
第5回 2013年 矢沢永吉 Last Song
第6回 2014年 松任谷由実 POP CLASSICO
第7回 2015年 竹内まりや TRAD

リビジテッド賞[編集]

第7回から開始。

回数 歌手名 作品名
第7回 2015年 大滝詠一 Best Always

ライブパフォーマンス賞[編集]

第4回のみ。ミュージシャンに対して、賞を贈る。

回数 歌手名 作品名
第4回 2012年 モーモールルギャバン PINK and BLACK

ライブ映像賞[編集]

第5回から開始。CDではなく、DVDが対象。

回数 歌手名 作品名
第5回 2013年 SiM DUSK and DAWN
第6回 2014年 Hi-STANDARD Live at TOHOKU AIR JAM 2012
第7回 2015年 星野源 STRANGER IN BUDOKAN

ベスト盤アルバム賞[編集]

第5回から開始。ベストアルバムが対象。

回数 歌手名 作品名
第5回 2013年 松任谷由実 日本の恋と、ユーミンと。
山下達郎 OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜

クラシック賞[編集]

第6回より開始。

回数 歌手名 作品名
第6回 2014年 海上自衛隊東京音楽隊三宅由佳莉 祈り〜未来への歌声
第7回 2015年 マルタ・アルゲリッチクラウディオ・アバド指揮 モーツァルト管弦楽団 モーツァルトピアノ協奏曲第20番第25番

ジャズ賞[編集]

第6回より開始。

回数 歌手名 作品名
第6回 2014年 fox capture plan Bridge
第7回 2015年 上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト ALIVE

演歌賞[編集]

第6回より開始。

回数 歌手名 作品名
第6回 2014年 福田こうへい 響〜南部蝉しぐれ〜
第7回 2015年 福田こうへい 煌 (きらめき)

特別賞[編集]

第4回から開始。

回数 歌手名 作品名
第4回 2012年 薫と友樹、たまにムック。 マル・マル・モリ・モリ!
第5回 2013年 柴田淳 COVER 70's
第6回 2014年 大友良英 連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック
第7回 2015年 映画「アナと雪の女王」オリジナル・サウンドトラック 他

洋楽賞[編集]

第2回から開始。第2回のみ大賞と準大賞が設けられ、第3回以降は大賞などの区分はなくなった。

回数 歌手名 作品名
第2回大賞 2010年 レディー・ガガ ザ・フェイム
第2回準大賞 2010年 ダイアン・バーチ バイブル・ベルト
ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート
第3回 2011年 ザ・ドラムス ザ・ドラムス
マルーン5 ハンズ・オール・オーヴァー
ヴァンパイア・ウィークエンド コントラ
第4回 2012年 フォスター・ザ・ピープル トーチズ
第5回 2013年 ミューズ ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則
第6回 2014年 ポール・マッカートニー NEW
第7回 2015年 ファレル・ウィリアムス ガール

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “第一回CDショップ大賞受賞の「相対性理論」って?”. 東京ウォーカー. (2009年5月12日). http://news.walkerplus.com/2009/0512/12/ 
  2. ^ a b c d 「第2回CDショップ大賞発表 その課題と次の一手とは?」、『日経エンタテインメント!』第14巻第5号、日経BP社、2010年3月、 pp.51。

外部リンク[編集]