THE BAWDIES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE BAWDIES
基本情報
出身地 日本の旗 日本 東京都[1]
ジャンル ロック[1]
インディー・ロック
ロックンロール・リバイバル
ガレージロック[1]
R&B[1]
活動期間 2004年 -
レーベル SEEZ RECORDS
2006年 - )
Getting Better
2009年 - )
公式サイト thebawdies.com
メンバー
ROY(ボーカル、ベース)
TAXMAN(ギター、ボーカル)
JIM(ギター、コーラス)
MARCY(ドラム、コーラス)

THE BAWDIES(ザ・ボゥディーズ)は、日本ロックバンド

メンバー[編集]

名前 プロフィール パート
ROY(ロイ) 渡辺亮 1983年7月16日生まれ O型 ボーカルベース
TAXMAN(タックスマン) 舟山卓 1983年11月21日生まれ A型 ギター、ボーカル
JIM(ジム) 木村順彦 1983年5月26日生まれ A型 ギター、コーラス
MARCY(マーシー) 山口雅彦 1983年11月8日生まれ A型 ドラムス、コーラス

来歴[編集]

2004年に小学校からの同級生であったROY、JIM、MARCYの3人と、高等学校からの同級生であるTAXMANで結成。 2007年にインディーズ時代に、初海外ツアーとなるオーストラリアツアーを敢行し、現地のオージーから歓声を浴びる。

2009年4月22日、LOVE PSYCHEDELICOのNAOKIプロデュース曲(4曲)を含む、メジャー1stアルバム『THIS IS MY STORY』をGetting Betterからリリース。

2010年1月21日、アルバム『THIS IS MY STORY』が第二回CDショップ大賞を受賞。

2011年11月27日、自身初となる日本武道館公演にて12898人を集客。

概要[編集]

The Sonicsリトル・リチャードなどのブラックミュージックから音楽的影響を受けている[2]ポール・ウェラーからセッションやオープニングアクトのオファーを受けるなど、高い評価を得ている[3]

the telephones、the brixton academy、QUATTROPILLS EMPIREと共にライブイベント、KINGSを行っている。また、田中宗一郎主催のCLUB SNOOZERに多く出演している。海外のロックのライブのように、演奏が始まったら好き勝手に踊って欲しいという思いから、ライブのことをパーティと呼んでいる[4]

ROYがベース・ボーカルであるのは、Hi-STANDARDからの影響[5]

スーツなどの衣装はすべてanglasadのテーラーメイドである[6]

英語の発音は外国人の友人にチェックしてもらっている[7]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル リリース 規格
SEEZ RECORDS
1 YESTERDAY AND TODAY 2006年3月15日 CD [SEZ-3002]
2 Awaking of Rhythm And Blues 2008年2月6日 CD [SEZ-3007]
Getting Better
1 THIS IS MY STORY 2009年4月22日 CD [VICL-63294]
2 THERE'S NO TURNING BACK 2010年4月21日 CD [VICL-63558]
3 LIVE THE LIFE I LOVE 2011年6月8日 CD [VICL-63746]
4 1-2-3 2013年1月16日 通常盤(CD) [VICL-63991]
初回限定盤(CD+DVD) [VIZL-516]
5 GOING BACK HOME 2014年3月5日 通常盤(CD) [VICL-64118]
初回限定盤(CD+DVD) [VIZL-645]

シングル[編集]

タイトル リリース 規格
SEEZ RECORDS
- I BEG YOU 2007年3月7日 CD [SEZ-3004]
Getting Better
1 IT'S TOO LATE 2009年11月4日 CD [VICL-36544]
2 HOT DOG 2010年3月17日 通常盤(CD) [VICL-36569]
初回限定盤(CD+DVD)[VIZL-358]
3 JUST BE COOL 2010年9月15日 通常盤(CD) [VICL-36610]
初回限定盤(CD+DVD) [VIZL-399]
4 LOVE YOU NEED YOU feat.AI 2011年3月30日 通常盤(CD) [VICL-36636]
初回限定盤(CD+DVD) [VIZL-413]
5 RED ROCKET SHIP 2011年10月19日 通常盤(CD) [VICL-36671]
日本武道館公演記念盤(CD) [VIZL-443]
デジタル・ダウンロード
6 ROCK ME BABY 2012年2月8日 通常盤(CD) [VICL-36690]
初回生産分限定(CD)
デジタル・ダウンロード
7 LEMONADE 2012年10月31日 通常盤(CD) [VICL-36734]
初回限定盤(CD+DVD) [VIZL-505]
デジタル・ダウンロード
8 THE SEVEN SEAS 2013年11月20日 通常盤(CD) [VICL-36854]
初回限定盤(CD+オリジナル絵本) [VIZL-606]
デジタル・ダウンロード

アナログ盤[編集]

タイトル リリース 規格
SEEZ RECORDS
シングル I BEG YOU 2007年3月7日 7inch [SEZ-3005]
アルバム Awaking of Rhythm And Blues 2008年2月6日 LP [SEZ-3008]
シングル EMOTION POTION 2009年3月4日 7inch [SEZ-3011]
アルバム THIS IS MY STORY 2009年4月22日 LP [SEZ-3013]
シングル IT'S TOO LATE 2009年11月4日 7inch [SEZ-3014]
スプリットシングル THE BAWDIES×LOCKSLEY 2010年3月17日 7inch [SEZ-3015]
アルバム THERE'S NO TURNING BACK 2010年4月21日 LP [SEZ-3016]
シングル JUST BE COOL 2010年9月15日 7inch [SEZ-3017]
シングル LOVE YOU NEED YOU feat.AI 2011年3月30日 7inch [SEZ-3018]
アルバム LIVE THE LIFE I LOVE 2011年6月8日 LP [SEZ-3019]
シングル RED ROCKET SHIP 2011年10月19日 7inch [SEZ-3020]
シングル ROCK ME BABY 2012年3月14日 7inch [SEZ-3021]
シングル LEMONADE 2012年10月31日 7inch [SEZ-3023]
アルバム 1-2-3 2013年1月16日 LP [SEZ-3025]
シングル THE SEVEN SEAS 2013年11月20日 7inch [SEZ-3027]
カバーアルバム GOING BACK HOME 2014年3月5日 LP [SEZ-3029]
NiW RECORDS
スプリットシングル THE BAWDIES×riddim saunter 2010年8月4日 7inch [NEP-025]

映像作品[編集]

タイトル リリース 規格
1 LIVE AT AX 20101011 2010年12月22日 DVD [VIBL-493]
2 KEEP ON MOVIE 2011年9月14日 DVD [VIBL-614]
3 LIVE AT BUDOKAN 20111127 2012年3月14日 通常盤(DVD) [VIBL-626]
初回限定盤(DVD-2Disc) [VIZL-464]
4 1-2-3 TOUR 2013 FINAL at 大阪城ホール 2013年9月25日 通常盤(DVD) [VIBL-683]
初回限定盤(DVD) [VIZL-585]
通常盤(Blu-ray) [VIXL-114]
初回限定盤(Blu-ray) [VIXL-113]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ
RED ROCKET SHIP 江崎グリコポッキーチョコレートスペースシャワーTVバージョンCMソング
ROCK ME BABY 関西テレビフジテレビ全国ネット放送テレビドラマ『ハングリー!主題歌[8][9][10]
テレビ東京系列放送音楽番組『JAPAN COUNTDOWN2012年2月オープニングテーマ
HUNGRY 関西テレビ・フジテレビ全国ネット放送テレビドラマ『ハングリー!』劇中歌[8][11]
LEMONADE PENTAX「Q10」CMソング
SING YOUR SONG 三菱自動車デリカ D:5 クリーンディーゼル」CMソング
THE SEVEN SEAS PENTAX「Q7」CMソング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d キューブミュージック
  2. ^ Qetic | THE BAWDIES | Interview 04
  3. ^ THE BAWDIESメジャー1stアルバムにポールも太鼓判
  4. ^ Qetic | THE BAWDIES | Interview 03
  5. ^ THE BAWDIES|Skream! インタビュー
  6. ^ Qetic | THE BAWDIES | Interview 01
  7. ^ ...ROY君は外国人の友だちに発音とかちゃんとチェックしてもらったり勉強してます。俺らは日常会話くらいなんとかできるかな!?くらいです。英語は好きです。”. @THE_BAWDIES (THE BAWDIES). Twitter (2010年3月12日19:01). 2012年7月5日閲覧。
  8. ^ a b 小野田雄、2012、「INTVIEW THE BAWDIES」、『WHAT's IN?』(No.292 FEBURUARY 2012)、ソニー・マガジンズ pp. pp. 100-103 2012年1月14日発行・発売
  9. ^ ナタリー(natalie) (2011-12-13 6:00). “THE BAWDIES、向井理主演ドラマで初の主題歌書き下ろし”. Natasha,Inc. http://natalie.mu/music/news/61161 2012年2月15日閲覧。 
  10. ^ BARKS (2011年12月13日). “THE BAWDIES、新曲が向井理主演ドラマ『ハングリー!』主題歌に決定”. BARKS ARTIST -THE BAWDIES-. アイティメディア. 2012年2月12日閲覧。
  11. ^ ナタリー(natalie) (2012年1月10日12:00). “THE BAWDIES初ドラマ主題歌配信&新作c/wを発表”. Natasha,Inc. http://natalie.mu/music/news/62442 2012年2月14日閲覧。 

外部リンク[編集]