サカナクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サカナクション
Sakanaction11.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
ジャンル オルタナティヴ・ロック[1]
ニュー・ウェーヴ[1]
エレクトロ[1]
インディー・ロック[1]
ビッグ・ビート
活動期間 2005年 -
レーベル BabeStar Label2007年 - 2008年
ビクターエンタテインメント2009年 - )
事務所 ヒップランドミュージック
公式サイト サカナクション Official Site
メンバー
山口一郎(ボーカルギター
岩寺基晴(ギター)
草刈愛美(ベース
岡崎英美(キーボード
江島啓一(ドラム

サカナクション(Sakanaction)は、2005年に結成された日本オルタナティヴ・ロックバンド

概要

2005年に結成され、2007年にデビュー。ギターボーカル担当の山口一郎を中心とした男女5人で構成される。

バンド名は「」と「アクション」の単語を組み合わせた造語。山口一郎はインタビューで、ひねくれたこと・いい意味でふざけたことをやりたくて、バンド名にはあまり用いられない「サカナ」を入れ、変化を恐れずにやっていこうという意味をこめて「サカナのアクションでサカナクション」にしたという趣旨を述べている[2]

メンバー

  • 山口一郎(やまぐち いちろう、1980年9月8日 - )
    • ボーカルギター担当。インスト曲ではDJ担当。北海道小樽市出身。本名の「一郎」の他「一路」の表記も使う。
    • サカナクション結成時のメンバー。ほとんどの作詞作曲を担当している。
    • サカナクション結成前はギターの岩寺などと、ダッチマンというバンドを組んでいた。
    • 10代の頃からビクターの育成部門に所属していた。
    • 影響を受けたアーティストにレイ・ハラカミを挙げ「類いまれなる才能」と絶賛している[3]
    • 両親が小樽で喫茶店をやっていた[4]。そこで流れている音楽を聴き、友部正人らフォーク歌手のライブを見るうちに影響を受け、家にあるフォークギターを弾き始めた[4]
    • 釣りが好き[4]で、オリンピックの種目に釣りがあったら音楽をやってなかった、と言うほど。また、俳句を愛読しており、俳人では寺山修司種田山頭火を、詩人では吉本隆明石原吉郎を好んでいる。
    • 父親が大ファンということもあり、物心ついたころから中日ドラゴンズファンである。自身の誕生日でもある2011年9月8日の中日巨人戦(ナゴヤドーム)始球式を行った。
    • 右耳に突発性難聴を抱えていて、右耳がほとんど聞こえない状態だったが最近は低い音なら聞こえるようになったという。
  • 岩寺基晴(いわでら もとはる、1981年3月11日 - )
    • ギター・コーラス担当。北海道札幌市出身。愛称は「モッチ」。
    • サカナクション結成時のメンバー。
    • サカナクション結成前はボーカルの山口などとダッチマンというバンドを組んでいた。
  • 草刈愛美(くさかり あみ、1980年4月30日 - )
    • ベース・コーラス担当。東京都出身。愛称は「姐さん」。
    • それまで活動していたバンドが解散し加入。
  • 岡崎英美(おかざき えみ、1983年10月5日 - )
    • キーボード・コーラス担当。北海道小樽市出身。愛称は「ザキオカ」「ザッキー」。
    • 山口のアルバイト(レコード店)の同僚関係から加入。
    • パンが好物。
  • 江島啓一(えじま けいいち、1981年7月8日 - )
    • ドラム担当。北海道札幌市出身。愛称は「エジー」。
    • 知人の紹介で加入。

来歴

山口が札幌第一高等学校の同級生岩寺らと結成していたバンド、ダッチマンが解散(デビューアルバムGO TO THE FUTUREに収録されている、三日月サンセット、白波トップウォーターなどはダッチマン時代から演奏されていた)。この10代の頃より山口はビクターにて音楽を学んでいた。 [5]

2005年、山口が岩寺とユニットとして、北海道札幌市で結成。サポートメンバーを交えながら、札幌市を拠点にライブハウスクラブ等で活動を行う。(当時はDJの山口にギターの岩寺がアドリブで合わせていくスタイルだった。2006年、山口が、音楽仲間であった草刈、仕事の同僚であった岡崎、知人の知り合いであった江島をそれぞれ誘い、サポートとして参加するが後にメジャーデビューを機に正式加入となる[6]。同年8月、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZOに、イベンターの推薦により公募選出枠「RISING★STAR」より868組の中から選出される。当時のビクターの担当が何も告げずに録音を送ったのが選出されたという。これを切欠にアルバムリリースに向け録音を重ね始める。[5]

2007年アルバムGO TO THE FUTURE』で、ビクターエンタテインメントBabeStar Labelよりメジャーデビュー[5]にはSUMMER SONICに、年末にはCOUNTDOWN JAPAN 07/08に出演。

2008年アルバムNIGHT FISHING』を発表。同年には当時の新人最多となる8本もの大型野外フェスに出演。12月に初のシングルセントレイ」を発表。

2009年アルバムシンシロ』をリリース。このアルバムよりビクターのサブレーベルであったBabeStarからビクターレーベルに移る。オリコンチャートにおいて初のトップ10入りを記録。

2010年シングルアルクアラウンド」、アルバムkikUUiki』をリリース。両方ともオリコンチャートで初登場3位を記録し、過去最高を記録。同年8月シングルアイデンティティ」をリリース。同年10月8日、初の日本武道館でのライブ「SAKANAQUARIUM 21.1 (B)」を行った。

2011年3月シングルルーキー」をリリース。同年7月シングル『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』」をリリース。この楽曲7月22日放送のテレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』でパフォーマンスされた。 9月には、アルバムDocumentaLy』をリリースSPACE SHOWER TVの同月のV.I.P.に選ばれる。

2012年5月30日シングル僕と花』リリース。

2012年8月29日シングル夜の踊り子』リリース。

2013年1月23日シングルミュージック』リリース。

  • バンド初となる、500円のワンコインシングル。初回盤と通常盤の2バージョンを同価でリリース。同年1月13日からスタートする、フジテレビ系連続ドラマ「dinner」の主題歌に起用。

2013年3月13日アルバムsakanaction』をリリース。

  • 僕と花夜の踊り子ミュージックAoiなどの大型タイアップ曲が収録されている。
  • テーマは表裏一体で、楽曲は山口の自宅でレコーディングされた。それまでタイアップなども少なかった(裏)がこのアルバムには上記の曲がタイアップ(表)されている。
  • CDのみ、CD+DVDCD+Blu-ray Discの3バージョンで発売された。
  • 初登場でオリコンチャートで1位を達成した。

2013年12月31日第64回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした。

2014年1月15日、両A面シングルグッドバイ/ユリイカ』リリース。

  • ユリイカは映画「ジャッジ!」のエンディング曲として提供。

ディスコグラフィ

シングル

# 発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリ
コン

[7]
Hot
100

[8]
RIAJ
DL[9]
1st 2008年12月20日 セントレイ 35 9 シンシロ
2nd 2010年1月13日 アルクアラウンド 3 4 38 kikUUiki
3rd 2010年8月4日 アイデンティティ 12 7 DocumentaLy
4th 2011年3月16日 ルーキー 6 7
5th 2011年7月20日 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 8 4 30
6th 2012年5月30日 僕と花 6 3 sakanaction
7th 2012年8月29日 夜の踊り子 5 2
8th 2013年1月23日 ミュージック 4 1
9th 2014年1月15日 グッドバイ/ユリイカ
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何らかを意味する。

アルバム

情報 最高順位 認定
オリ
コン
[10]
ビル
ボード
1st GO TO THE FUTURE 105
2nd NIGHT FISHING
  • 発売日: 2008年1月23日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント / BabeStar(VICB-60029)
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード
53
3rd シンシロ
  • 発売日: 2009年1月21日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント(VICL-63224)
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード
8
4th kikUUiki
  • 発売日: 2010年3月17日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント(VICL-63224)
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード
3 4
5th DocumentaLy
  • 発売日: 2011年9月28日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント(VICL-63790)
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード
2 2
6th sakanaction
  • 発売日: 2013年3月13日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント(VICL-63999)
  • 規格: CD、デジタル・ダウンロード
1

ミニ・アルバム

情報 最高順位 認定
「NIGHT FISHING IS GOOD」TOUR 2008 in SAPPORO
REMIXion
  • リミックス・アルバム
  • 発売日: 2008年10月15日
  • レーベル: BabeStar
  • 規格: デジタル・ダウンロード
“FISH ALIVE”30min., 1 sequence by 6 songs SAKANAQUARIUM 2009@SAPPORO
  • ライブ・アルバム
  • 発売日: 2009年7月15日
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 規格: デジタル・ダウンロード

配信限定

配信日 作品名 最高順位 認定 アルバム
Hot
100

[8]
RIAJ
DL[9]
2007年12月5日 ワード/サンプル NIGHT FISHING
2007年12月26日 ナイトフィッシングイズグッド
2009年1月7日 ネイティブダンサー 60 シンシロ
2010年 目が明く藍色 92 kikUUiki
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

映像作品

発売日 情報 オリコン
最高順位[11]
認定
2011年2月2日 SAKANAQUARIUM 2010 (B)(C)(D)
  • ライブDVD。3枚組。
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
SAKANAQUARIUM 2010 (B)
  • ライブDVD。日本武道館公演「SAKANAQUARIUM 21.1(B)」を収録。
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
14
SAKANAQUARIUM 2010 (C)
  • ライブDVD。ツアー「SAKANAQUARIUM 2010“kikUUiki”」最終公演を収録。
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
15
2011年12月14日 SAKANARCHIVE 2007-2011~サカナクション ミュージックビデオ集~
  • ミュージックビデオDVD。全15曲のミュージックビデオと特典映像を収録。
  • また、初回限定生産分にはブックレットとポスターカレンダーを封入。
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
2012年3月28日 SAKANAQUARIUM 2011 DocumentaLy -LIVE at MAKUHARI MESSE-
  • ライブDVD/Blu-ray。
  • レーベル: ビクターエンタテインメント

参加作品

リリース日 曲名 収録された作品
2010年7月21日 Magic Time SMAPWe are SMAP! 作詞・作曲(山口一郎)
2010年9月29日 kimino-me Base Ball BearCYPRESS GIRLS ゲストボーカル(山口一郎)
2011年6月15日 こどなの階段 南波志帆「こどなの階段」 作曲(山口一郎)
2012年8月1日 Moment SMAP「Moment 作詞・作曲(山口一郎)

タイアップ

曲名 タイアップ
白波トップウォーター 読売テレビMusic&Entertainment ガチカメ7』オープニング・テーマ
セントレイ 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2008年12月度POWER PLAY
富山テレビ『bbt music selection』オープニング・テーマ
九州朝日放送『V3』オープニング・テーマ
KBCラジオKBCラジオ カットラ!』エンディング・テーマ
ネイティブダンサー 毎日放送MUSIC EDGE』2009年1月度エンディング・テーマ
読売テレビ『Music&Entertainment ガチカメ7』オープニング・テーマ
北海道文化放送UHBスーパーニュース』2010年度年間企画「キボウノシズク」テーマソング
アルクアラウンド アルペンkissmark」CMソング
石川テレビ『MUSIC ROOM☆N-18』エンディング・テーマ
北海道テレビ放送NO MATTER BOARD』エンディング・テーマ
テレビユー福島MUSIC BARパロパロ』エンディング・テーマ
アイデンティティ 東進「340万人の高校生へ」篇 CMソング
ルーキー 東進「未来のリーダーたち」篇 CMソング
『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 東進「16歳の転機」篇 CMソング
僕と花 関西テレビ系ドラマ『37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜』主題歌
夜の踊り子 モード学園 CMソング
ミュージック フジテレビ系ドラマ『dinner』主題歌
Aoi NHK サッカーテーマ
ユリイカ 映画『ジャッジ!』エンディング・テーマ

ライブ

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d キューブミュージック
  2. ^ [http://www.barks.jp/feature/?id=1000031326 サカナクション、デビューアルバム『GO TO THE FUTURE』インタヴュー、BARKS、2007年5月7日。
  3. ^ 『MUSICA』FACT、2010年1月号、90頁。
  4. ^ a b c サカナクション:ボーカルの山口一郎に聞く「大きなお山のマイノリティーでいたい」、まんたんウェブ、2012年9月1日。
  5. ^ a b c 邦楽 山口一郎、サカナクションのアルバム5作品すべてを語る! ロッキング・オン
  6. ^ 田澤仁 (2007年5月7日). “サカナクション、デビューアルバム『GO TO THE FUTURE』インタヴュー”. BARKS. 2010年1月6日閲覧。
  7. ^ サカナクションのCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年8月10日閲覧。
  8. ^ a b JAPAN Hot 100” (日本語). ビルボード. 2011年8月10日閲覧。
  9. ^ a b 最新の音楽配信チャート” (日本語). RIAJ有料音楽配信チャート. 日本レコード協会. 2011年8月10日閲覧。
  10. ^ サカナクションのCDアルバムランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年8月10日閲覧。
  11. ^ サカナクションのDVDアルバムランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年8月10日閲覧。

外部リンク