山崎樹範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまざき しげのり
山崎 樹範
生年月日 1974年2月26日(40歳)
出生地 日本の旗 日本東京都足立区梅島
民族 日本人
血液型 A型
ジャンル 俳優、声優、タレント
活動期間 1995年 -
活動内容 ラジオ・ドラマ
主な作品
天体観測
Dr.コトー診療所
ラスト・フレンズ
備考
公式ブログ やましげの一流芸能人への道

山崎 樹範(やまざき しげのり、1974年2月26日 - )は、日本の俳優声優タレント。愛称はやましげ校長東京都足立区梅島出身。劇団カムカムミニキーナ所属、マネジメントについては2012年4月に藤賀事務所からトルチュに移籍した。足立区立梅島第二小学校足立区立第九中学校東京都立青井高等学校獨協大学法学部卒業。A型。165cm。左利き。

人物[編集]

獨協大学演劇研究会を経て1995年から劇団カムカムミニキーナに参加[1]。劇団の先輩でもある八嶋智人とは、20歳の頃からの付き合いで、彼がいなかったら現在の自分は無いと思うと発言している。

テレビデビューの作品は1997年白線流しスペシャル 〜19の春』の劇団員役。初めてお金をもらった仕事は1996年テレビアニメ『るろうに剣心』の斬られ役だという[2]

明石屋さんま主演舞台『七人ぐらいの兵士』のアンダースタディー(稽古代役)のアルバイトをきっかけに藤賀事務所のマネジメントを受けるようになる。その後、『踊る!さんま御殿!!』に初めてゲスト出演した際、さんまから「おまえが売れるとは思わなかった」と言われる。

八嶋智人の結婚二次会での司会のぐだぐだぶりが、たまたま居合わせたドラマプロデューサーの目にとまり、ドラマ『天体観測』の出演が決まった。連続ドラマのレギュラー出演はこの作品が初めてであった。

尊敬する俳優は吉岡秀隆で、『Dr.コトー診療所』のロケ先で吉岡と飲みに行き、吉岡から「三上先生の役は山崎君で本当によかった」と言われ大感激した[3]

活動内容[編集]

ドラマ、バラエティ、アニメと精力的に活動中。2000年代後半頃からは、主にTV出演で活動の場を広げているため、所属劇団「カムカムミニキーナ」の出演を休んでいる。劇団を離れての活動を武者修行と言っており、いつかは帰ってまたみんなで芝居をすると発言している[4]

バラエティ
  • バラエティなどにも多く出演し、そのフリートーク力は明石家さんまなどからも評価を得ている。本人はバナナマンのラジオ番組であるバナナムーンにおいて「もともとテレビ好きで、もっとバラエティに出たい」と述べている。
  • タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)の常連。その回のテーマにあまり詳しくない一般人キャラとしての出演が多い。また、「自らの代表作」と述べたこともある。なお同番組の初出演は2005年9月30日放送の『あなたの姓名の一番正しい伝え方教えます!』の回で、「山崎樹範」という姓名は確実に名前負けをすると診断された。また、バラエティー番組がまだよくわかっていない時にタモリから「そんなに頑張らなくて良いよ」とアドバイスされ、すごく楽になれたと語っている[5]
  • バラエティでは、毎回『誰ですか?』と言われるなど存在感が薄いことに対し、イジられることが多く、2011年10月14日の『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演した際には、100分の1アンケートで『街で僕を見かけたことがあるという人』という質問に対し、帰ってきた答えは100人中0人だった。なおテレフォンショッキングの出演は2006年12月27日(星野真理から八嶋智人)、2008年1月21日(佐藤江梨子から辺見えみり)、2011年10月14日(榮倉奈々からKARA)の3回であるが、いずれもストラップの獲得にはいたらなかった。
  • 40歳手前ではあるが顔つきが20歳前後に見えるほど若く、「永遠の予備校生」といじられることも多い。また、ドラマでも未だに20歳の役を演じることがある。
ラジオ
  • 自身のラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』で、やましげ校長としてメインパーソナリティーを務めていた。そのため、『SCHOOL OF LOCK!』のリスナーからはやましげ校長やましげ校長と呼ばれている。また自分でラジオ番組を聞くことも好きであり、『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)にネタを投稿し採用された経験を持つ。山崎自身も爆笑問題カーボーイに出演することがあるが、爆笑問題カーボーイは火曜の夜に収録のため、『SCHOOL OF LOCK!』とバッティングする関係で、出演は生放送の時に限られていた。
  • その『爆笑問題カーボーイ』のパーソナリティである爆笑問題田中裕二とはドラマ『MR.BRAIN』で共演しており、現在でもメル友である。相方の太田光は番組内でこの二人を「ウーチャカ軍団」(ウーチャカとは田中の愛称)と形容することが多い。
  • またバナナムーン出演時には、役者を始めたがしばらくは全く売れず、26歳のときに大学の先輩とお笑いコンビを組み、ラ・ママのネタ見せに参加していたとも述べている。
  • ラジオ『テニスの王子様 オン・ザ・レイディオ』のゲストの際、8月のゲストだったため全裸で登場しかけたが、当時のパーソナリティー甲斐田ゆき永井幸子によって、回避された。
  • 鈴木おさむのラジオ『よんぱち 48hours 〜WEEKEND MEISTER〜』で、ドラマ天体観測のレギュラーが決まった連絡を中目黒ウッディーシアターで受け便所で号泣したことを明かしている。

出演作品[編集]

太字は主演。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

ほか多数

舞台[編集]

  • 「大江戸鍋祭〜あんまりはしゃぎすぎると討たれちゃうよ〜」明治座 ほか(2011年12月)- 町医者(Wキャスト) [11]
  • 朗読劇「緋色の研究」銀河劇場(2012年10月)- ホームズ 役
  • 「鈴木おさむ劇場 第一回公演『美幸』-MIYUKI-」中目黒ウッディーシアター(2012年10月)- 主演
  • マティーニ! 〜ただ今、撮影5時間押し〜」 シアター1010 (2013年2月)- 主演

ドキュメンタリー[編集]

  • リアル×ワールドNTV
    • 729日~TVディレクターが見つめた東日本大震災(2013年3月9日) - ナレーション

テレビアニメ[編集]

  • こちら葛飾区亀有公園前派出所(フジテレビ)
    • 第147話「チャーリー小林の秘密」(1999年8月1日) - 誘導係 役
    • 第175話「オドロキモノノキ島の大決戦」(2000年4月2日) - 同僚 役
    • 第201話「天才画家あらわる」(2000年11月5日) - 記者 役
    • 第204話「両さん 選挙に立つ」(2000年11月26日) - キツネ 役
  • るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-(1996年、フジテレビ) - 海賊 / 男 役
  • 将太の寿司(1999年10月11日、テレビ東京) - 若者 役
  • メダロット(1999年7月2日 - 2000年6月30日、テレビ東京) - イワノイ 役
  • メダロット魂(2000年7月7日 - 2001年3月30日、テレビ東京) - イワノイ 役
  • ビックリマン2000(1999年、テレビ東京) - アシス徒 / 蛮蚊ー! 役
  • 破壊魔定光(2001年1月17日 - 3月21日、WOWOW) - クロン 役
  • バンパイヤン・キッズ(2001年10月13日 - 2002年3月30日、フジテレビ) - マック 役
  • テニスの王子様(2001年10月10日 - 2005年3月30日、テレビ東京) - 堀尾聡史 役
  • 交響詩篇エウレカセブン(2005年4月17日 - 2006年4月2日、毎日放送) - ドミニク・ソレル 役
  • 桜蘭高校ホスト部(2006年4月4日 - 9月26日、日本テレビ) - 相賀和清 役
  • テニスの王子様 ベストマッチ(2011年10月5日 - 12月28日、テレビ東京) - 堀尾聡史 役
  • 新テニスの王子様(2012年1月4日 - 3月28日、テレビ東京) - 堀尾聡史 役

OVA[編集]

ゲーム[編集]

その他の番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • キリンビバレッジ 生烏龍 - ナレーション
  • ミツカン おむすび山ピクニック・キャンペーン(2009年8月29日、はいり ふたたび 篇) - パパ 役
  • 武田薬品工業 ベンザブロック咳止め液(2010年)
  • サントリー 角瓶(2009年 - 2011年)
    • (2009年2月14日、来店 篇)
    • (2009年5月5日、注文 篇)
    • (2009年7月11日、ちょいしぼ 篇)
    • (2009年11月14日、忘年会 篇)
    • (2010年2月20日、手羽先 篇)
    • (2010年4月3日、ようこそ 篇)
    • (2010年6月5日、直伝 篇)
    • (2010年12月23日、ありがとう 篇)
    • (2011年2月12日、お待ちしております 篇)
    • (2011年6月3日、遅れてきた男 篇)
  • サントリー 企業広告
    • (2011年4月24日、上を向いて歩こうB / H 篇)
    • (2011年4月30日、見上げてごらん夜の星をC / K 篇)
  • ローソン ローソンセレクト(2012年)[12]
    • (2012年3月27日、明日の朝食 編 / おかず 編)
    • (2012年4月10日、あんこや 編)
  • サントリー 旨み香ばし 秋楽(2013年8月20日)- ナレーション

CD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ カムカムミニキーナ 山崎樹範プロフィールより
  2. ^ やましげの一流芸能人への道 2005年4月6日
  3. ^ Ustream中継 『やましげ次回ひなたぼっこへの道』より
  4. ^ やましげの一流芸能人への道 2010年8月20日
  5. ^ やましげの一流芸能人への道 2011年10月14日
  6. ^ 山田太一ドラマスペシャル作品。
  7. ^ 千葉発地域ドラマ。NHK千葉放送局開局70周年記念作品。NHK BSプレミアムで放送。
  8. ^ ドラマ部分に出演。
  9. ^ さぬき映画祭上映作品。
  10. ^ 2012年5月26日 - 6月3日、シネマート六本木限定公開 バカリズム“ほぼ”監督・脚本・主演映画の劇場公開が決定 お笑いナタリー(2012年3月21日)
  11. ^ “企画・製作公演「大江戸鍋祭」”. る・ひまわり. (2012年3月21日). http://le-himawari.co.jp/galleries/view/00132/00121 
  12. ^ ローソンニュースリリース(2012年3月26日)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]